中古品
¥ 163
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

推理小説常習犯―ミステリー作家への13階段+おまけ (講談社プラスアルファ文庫) 文庫 – 2003/4

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2003/4
¥ 163

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

乱歩賞受賞作家を襲った出版業界・鉄のオキテ!!

一部で熱狂的な評価を受けながら、大部分で非難された不遇の作家、華々しく作家デビューを飾ったものの、華麗ではないミステリー作家、思いを語る!!

1985年、「画狂人ラプソディ」で横溝正史賞の佳作に入選、同年「モーツァルトは子守唄を歌わない」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、華々しく作家としてデビューした本書の著者、森雅裕。
音楽、刀剣、絵画、バイクなどに対する深い知識をもとに、綿密な取材を行って書かれた森氏の著作は、どれも高い評価を受けている。それにもかかわらず、森雅裕は、なぜ「出版界の問題児」といわれるようになったのか。業界の謎が明かされる。

内容(「BOOK」データベースより)

1985年、「画狂人ラプソディ」で横溝正史賞の佳作に入選、同年「モーツァルトは子守唄を歌わない」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、華々しく作家としてデビューした本書の著者、森雅裕。音楽、刀剣、絵画、バイクなどに対する深い知識をもとに、綿密な取材を行って書かれた森氏の著作は、どれも高い評価を受けている。それにもかかわらず、森雅裕は、なぜ「出版界の問題児」といわれるようになったのか。業界の謎が明かされる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 299ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062567288
  • ISBN-13: 978-4062567282
  • 発売日: 2003/04
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 786,944位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 本書は、推理作家になるための指南書という体裁をとった業界暴露本である。しかし、よくある業界内幕暴露本
として面白おかしく読んでいた私は、読み進めるうちにそんな生易しいものではないと気付くことになる。ここに
記されているのは、自分の気持ちに正直に生きようとした一人の推理作家がたどる過酷な運命である。
 本書を読み終えて私が思ったことは、森雅裕という作家が示す生き方に賛意を示すために、1冊でも多くの著作を
買おうということ、そして、推理作家にはなりたくない、ということである。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
森雅裕氏のように江戸川乱歩賞のような大きな賞を受賞したから
といっても簡単には推理作家としては生活できないということが
リアルに分かります。
私憤を晴らしているというよりも出版業界の実体に戦慄する本です。
小説では筒井康隆氏の「大いなる助走」や小林信彦氏の
「悪魔の下回り」がありますが、ミステリー作家へのガイドという
体裁をとりながら、ある種のノンフィクションだと思います。
出版業界というのはドロドロの恐ろしい人間関係があるのですね。
村上春樹氏が外国で生活したり、文壇と関わらないという姿勢を
とっているのもうなづけますが、ベストセラー作家でないと
そういう姿勢さえもとれないようです。
作家になりたいという人は多いと聞きますが、この本を読まれて
一度考えてからでも遅くはないと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
はっきり言って(いや森雅裕さんの為にはヒッソリ宣伝したくもある、フクザツな気持ちなんでありますが)これは暴露本であります(笑)
こんな本を書いてしまうヒトだからこそ永遠の初版作家(本人談)などと呼ばれてしまうのでしょうが、森雅裕の本音まるだしで小説の書き方にとどまらず、ギョーカイのことを語っております。ある意味抱腹絶倒(謎)、ファンにはたまらない一品か、と。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
出版業界のæš'露本とã-て読むのも良いと思うã-、作家になる為にはどのようなã"とã‚'ã-、どのようなã"とã‚'覚悟ã-なくてはならないかという指å-書とå-るã"ともできると思う。だが、やはり森ファンとã-て思ってã-まうのは、自分に忠実にç"Ÿãã‚‹ã"とがどã‚"だã'難ã-いか、というã"とだ。ã"れは出版業界だã'に言えるã"とではないと思う。どã"かで自分ã‚'偽るã"とができないハードボイルドã...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック