推理作家ポー 最期の5日間 DVD がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

推理作家ポー 最期の5日間 DVD

5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,543 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、CD PLAZA WAVEが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 1,543より 中古品の出品:5¥ 525より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で推理作家ポー 最期の5日間 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 推理作家ポー 最期の5日間 DVD
  • +
  • インモータルズ -神々の戦い- [DVD]
総額: ¥2,470
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・キューザック, ルーク・エヴァンス, アリス・イヴ, ブレンダン・グリーソン, ケヴィン・マクナリー
  • 監督: ジェームズ・マクティーグ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2013/12/04
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00FLHUW5K
  • JAN: 4959241750259
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 25,948位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

推理作家 vs.連続殺人鬼
命をかけた謎解きが始まる。

『推理作家ポー 最期の5日間 DVD』

世界初の推理作家、エドガー・アラン・ポー。実在した天才作家で詩人のポーは、世界中の探偵小説をはじめとする作家やアーティストに大きな影響を与えた。その彼の、謎に包まれた最期の5日間をダイナミックな発想で描いた極上ミステリー・サスペンス。
1849年アメリカ、ボルティモアで、作家エドガー・アラン・ポーの小説を模倣した猟奇的な殺人事件が発生。警視フィールズは、当初ポーの犯行を疑うものの、第二・第三の殺人が起き、遂に犯人はポーの恋人エミリーへ手を伸ばす。
ベテラン俳優ジョン・キューザックが扮するポーと、新鋭ルーク・エヴァンスが演じるフィールズのコンビが、ポーの小説模倣犯との命をかけた謎解きの頭脳ゲームに挑む!

<キャスト&スタッフ>
エドガー・アラン・ポー: ジョン・キューザック / 山路和弘
フィールズ警視: ルーク・エヴァンス / 宮内敦士
エミリー: アリス・イヴ / 佐古真弓
ハミルトン大佐: ブレンダン・グリーソン / 石田太郎
マドックス: ケヴィン・マクナリー / 辻親八
カントレル: オリヴァー・ジャクソン=コーエン / 堂坂晃三
エルダリッジ: ジミー・ユイル / 佐々木梅治
ブラッドリー夫人: パム・フェリス / 宮沢きよこ
レーガン: ブレンダン・コイル / 谷昌樹
アイヴァン: サム・ヘイゼルダイン / 咲野俊介

監督: ジェームズ・マクティーグ
脚本: ハンナ・シェイクスピア、ベン・リヴィングストン
製作: アーロン・ライダー、マーク・D・エヴァンス、トレヴァー・メイシー
製作総指揮: グレン・バスナー、ヘスス・マルティネス・アセンシオ、ジェームズ・D・スターン
撮影監督: ダニー・ルールマン(ACS)
プロダクション・デザイナー: ロジャー・フォード
衣装デザイン: カルロ・ポッジョーリ
音楽: ルーカス・ヴィダル

<ボーナス・コンテンツ>
●未公開シーン
-詩を読む会(ロングバージョン)
-赤い仮面
-エミリーの演奏会(ロングバージョン)
-過去を語るポー(ロングバージョン)
-カールを連れて
-部下の死
●製作の舞台裏
●謎に包まれた男:エドガー・アラン・ポー
●スタッフ&キャストが語る本作の魅力
●ジョン・キューザックとジェームズ・マクティーグ監督の対談
●音楽の力

<同時発売>
『推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ』

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「Oricon」データベースより)

「レイノルズ…」。1849年10月7日、1人の作家が不可解な言葉を残してこの世を去った。彼の名は、エドガー・アラン・ポー。伝説的な作家/詩人であった彼の作品、人生、謎に包まれたその死に至るまでの5日間を事実に基づく要素をオリジナルの物語と織り交ぜ作り上げ、大胆な発想とスタイリッシュな映像でダイナミックに描いた第1級のミステリー・サスペンス。日本劇場公開時R-15+

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 frankie 投稿日 2013/10/10
形式: Blu-ray
一般の評価は 6.5 位のようですが、わたしは8.5あげてもいいと思うのですが。
実際のエドガー アラン ポーの亡くなる前の
不思議な数日間の空白を、ここまでやったかっていうフィクションにした映画ですけど、題が、あまりにもダサいですね。
日本でも有名な〔あの著名な江戸川乱歩氏がポーに影響を受けて、彼の名前をコピーしたのは言うまでもないですが〕ポーの隠されたエピソードといっても話がおもしろい、とてもうまく構築されています。猟奇的殺人、シリアルキラー ポーの作品のコピー。犯人の意図はなんだろうか、と思わせるのですが、ポーの実際の作家、奥さんをなくした苦悩などとかみ合わせて、彼のエキセントリックな性格、などをふまえたフィクションで、犯人も、最後の落ちもいい、相手役の刑事、この人、三銃士でアトスを演じた、英国俳優で自分はゲイですとと発表したルーク エバンス。適役、ちょっとアメリカアクセント苦労してるなって言う感じはあるのですが、ジョン キューサック、あまりにも敵役。
この若き敏腕な情と機微もある刑事と、ポーの友情関係みたいなのも感じられて、それが
この残酷な話にちょっと温かみをくれています。最後の落ちはいいですが、それがわかってても、何回見てもいいっていう話ですよ、
せりふは文学的なところもあって、ポーを読み直そうとしていうるところです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
エドガー・アラン・ポーって最近の子供たちも読むのだろうか、ぼくが小学生の頃は児童向けの本も出ていて、「モルグ街の殺人事」「黄金虫」「黒猫」などを一心不乱に読んだ記憶がある。シャーロック・ホームズ、明智小五郎と並んで、子供にも人気のある推理小説だった。ちなみに江戸川乱歩(えどが・わらん・ぽ)はポーのもじりだ。

ポーは結婚を間近に控えた朝、路上で瀕死の状態で発見され、生死の境をさまよったあげく5日目に死んだ。享年40歳。死の真相はいまだに謎だが、その謎の死に絡めて作られたのが本作である。自身の書いた小説をなぞるように、次々に殺人事件が起きる。犯人の挑戦を受け、ポーが犯人像に迫っていくが、いく先々に巧妙なトラップが仕掛けられていて、なかなか犯人に辿り着けない。常にポーの推理、謎解きの少し先に犯人がいて、まるで弄ばれているようだ。犯人を追いつめていく推理劇というよりは、サイコ風味の利いたスリラー、サスペンスに近い。ポーは世界で初めて推理小説を書いた作家、ということなっているが、その内容はおどろおどろしくて、推理小説というよりは怪奇小説のテイストにあふれている。そういうテイストを本作も十分漂わせていて、独特の緊張感でつい物語世界に入り込んでしまう。

興行的にはいまひとつだったようだが、映像といい、演出といい、作品としてはよくできていると思う。主演のジョン・キューザックが、なんとなくポーに似ているのも面白い。一見の価値あり。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山科のうし トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/23
形式: DVD
アメリカ19世紀の作家、エドガー・アラン・ポーを素材にしたこの内容、
そしてこの題では、一般受けしにくいかもしれないと思う。
ポーへの知識や興味がないと楽しめない部分もあるからだ。
原題のThe Raven(大ガラス)はポーの詩の題から取ったもので、
邦題に比べていい題だと思うが、
それにしてもポーを知っていることがベースという点では同じことだ。
しかし作る側にすればそれはあらかじめわかっていたはずで、
あえて文学的ネタを使ってとことん遊んでみせたということだろうと思う。

路上で倒れたとして知られるポーの最期は、
その直前の数日の事情はわからないままだという。
その隙間に入り込んで、
この映画は新たなミステリーを紡ぎだしてみせる。

単純にミステリーとしても悪くないと思うが、
やはりポーについて、さらにはアメリカ文学についての知識によって、
愉しめる度合いや質が違ってくる。
話の展開にポーの小説や詩が重なってくるので、
それを知っていると味わい倍増というところだ。
私自身はそこそこポーを読んでいるが、
もっと知っていたらもっと面白いのだろうなと思った。

本歌取り
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OilRig8329 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/20
形式: DVD
世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。
彼の死には今なお多くの謎が残され、様々な議論の的となっている。
本作は、そんなポーの謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、
彼が自身の小説を模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていた、
という大胆な着想で描くゴシック・テイストのサスペンス・ミステリー。

友達に誘われて映画館で観ました。
R15なので、最初の振り子鎌での殺人シーンをはじめ、
グロいシーンが何箇所か用意されているので、犯人探しと併せて楽しめるかもしれません。
ただ、少し眠くなっちゃいました笑。
殺人犯と主人公の手に汗握る駆け引きがある訳でもなく、微妙だったと記憶しています。
1849年のアメリカ、ボルティモアが舞台で、その歴史ある建物の景観、美術セットは良いです。
そういった雰囲気を楽しむことが出来たので、★4つを献上したいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー