通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス) コミック – 2016/2/13

5つ星のうち 5.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 168

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 推しが武道館いってくれたら死ぬ 1 (リュウコミックス)
  • +
  • ハルユリ(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • あの娘にキスと白百合を (4) (MFコミックス アライブシリーズ)
総額: ¥1,912
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

古参にして唯一の舞菜ヲタ「えりぴよ」。収入のすべてを舞菜に貢ぎ、自分は常に高校時代の赤ジャージ。舞菜への愛で鼻血が出てしまう…伝説の女。「推しが武道館ライブまで駆け上がってくれたら…自分は死んでもいい」そこまで深い愛をアイドルに注ぐファンの想いが報われる日は来るのか!?『まんがの作り方』の平尾アウリ最新作は「アイドルとファンの百合」。アイドルヲタあるあるネタ満載のめちゃめちゃ楽しい作品ですが、裏テーマは「純愛」です!

著者について

8月30日生まれ。岡山県倉敷市出身。2007年に第2回龍神賞<銀龍賞>を受賞。受賞作『まんがの作り方』がそのまま「COMICリュウ」で連載化され、コミックス全8巻の人気作品となる。2015年~同誌で『推しが武道館いってくれたら死ぬ』連載開始。現在も大人気連載中。他のコミックスに短編集『4月1日』(徳間書店)『夏空に、きみと見た夢』全2巻(フレックスコミックス 原作・飯田雪子)『OとKのあいだ』『センセイと僕』(幻冬舎)『今日も渋谷のはじっこで』(祥伝社)がある。


登録情報

  • コミック: 156ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2016/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199504915
  • ISBN-13: 978-4199504914
  • 発売日: 2016/2/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
地下アイドルの7人グループChamJam。その中でも人気最下位の「舞菜」と、舞菜を全力で応援するオタ「えりぴよ」がメインの物語。
オタが普通の男だったら正直見ていて不愉快になるだろうなお話ですが、えりぴよは見た目はかなり綺麗なのに自分の全財産どころか女としてのプライドすら捨てて舞菜を応援する残念系女子です。
その献身的なドルオタ行動は、もはや身体を張ったギャグ。本来なら重く痛いその崇拝振りは、嫌味がない健気な笑いと受け取れるので気持ちよく読ませてくれます。

事実上たったひとりのファンであるえりぴよに対して、当の舞菜は「塩」といわれるつれない態度を取ります(読者には理由がわかる)。それでえりぴよがなんとか反応をもらおうと更に頑張って……と、ふたりが妙なすれ違いを続けていて、それも読者を楽しませてくれます。

ドルオタの用語や地下アイドルの行動などが解説無しで出てくるため、その知識がないのでややわかり辛いシーンがあるなど気になるところもあったりしますが、それを差し引いても充分に楽しめます。続きが楽しみな漫画です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
百合といえば百合なのだが、どちらも相手を好きでありながら、自分の気持ちを恋愛感情と認めていないのが面白い。
本作においては、主人公(女性)のアイドルファン活動は、すべからく恋愛のメタファーとして描かれている。
相手への愛にあふれつつも、あくまでもそれはファンとしての愛と思っている。
恋愛のメタファーをベースにして、二人のすれちがいを描くので、逐一ほほえましく、読者をやきもきさせる作りになっている。

また、アイドルオタク活動の描き方もリアルではあるが、ディティールから作者の目線の優しさが伝わり、嫌な感じがないのが良い。
新しい世界観を示された感じがあって心地よい作品。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公えりぴよさんほどではないですが、一時期地下アイドルを応援していた者として、
随所のあるあるネタには思わずクスッとしたり頷いたりしてとても楽しめました。
でもストーリーやアイドルの描き方自体には良い意味でリアルさは無くて、
それこそアイドルヲタが一度は妄想するようなシーンがいくつもあります。(ラッキースケベとかではないです)
推しと握手会で目が合わなかった時に「私にだけ意地悪して気を引こうとしてるんだな…」と真面目に考えていた私のような人間に、素敵な夢を見させてくれる漫画です。

作者さんのことはよく存じ上げませんが、きっとご本人がアイドルを大好きなんだろうということが、その描き方で伝わってきます。
だから一癖あるヲタたちの描写もなんだか愛を感じます。
作中のヲタに共感ができるので、読み進めるうちに自然と作中のアイドルのことも応援できて、楽しめます。
なので、アイドルを好きな方々、特に現場で男性にまみれて女を捨てて(?)頑張ってる女性ヲタの方に強くお薦めしたい作品です。
(もちろん、百合好きの方にもオススメです)

ストーリーがこれからどう進展するのか、しないのかは分かりませんが、
すっかり舞菜推しになってしまった一ヲタとしてこれから彼女の行く末を全力で見守りたいと思います。
舞菜が不人気なのはどう考えてもおかしいと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あうあう 投稿日 2016/2/16
形式: コミック
まんがの作り方の平尾アウリさんの新作ということで
前作が好きだった自分としては期待していたのだがその期待をすんなりと超えてくる面白さだった。
この漫画をこの漫画がすごいに推したい。

シュールなギャグと妙にリアル感のあるドルオタ界隈の事情は
百合漫画の中では間違いなく類を見ないものであるが
ギャグ百合かと思いきや、ちらっと見えるアイドル同士の百合シーンなど
百合的な見どころは多い。

男キャラが出てくるが何故か大安心して読んでいられるのもこの漫画の面白いところであると思う(笑)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白い!

昨今増えつつある、アイドルオタ生態コメディとしてレベルが高い上、百合物としての新しさもある。

読むと何故か特典会に行きたくなる笑
この現場は楽しそう!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック