通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
接待の一流 おもてなしは技術です (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 たのしい科学
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 角部分等に小いたみございます@アマゾンコンディション「良い」(並)程度の商品です。 中古品につき使用経年による劣化(日焼け折れヤケよごれ,小キズ、スレ等)がある場合がございます。 【通常24時間以内に発送いたします。土、日、休日にかけてのご注文は翌営業日の発送になる場合がございます。商品の到着はお客様お住まいの地域により異なりますが通常2,3日程度とお考え下さい。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

接待の一流 おもてなしは技術です (光文社新書) 新書 – 2007/1/17

5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 4

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 接待の一流  おもてなしは技術です (光文社新書)
  • +
  • 言葉にして伝える技術――ソムリエの表現力(祥伝社新書214)
  • +
  • ワイン生活―楽しく飲むための200のヒント (新潮文庫)
総額: ¥2,041
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「いい席を頼むよ」「この店、僕も初めてなので」「なんでこんな店を予約したんだ!」「あの店にいけば安心して任せられる」「この料理でいい」「こちらの方、ワインに詳しいので選んでもらって」接待の席で、こんな発言をしたことのある人は、立派な「もてなしベタ」。世界一ソムリエが明かす、もてなし上手になるための心遣いと技の数々。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田崎/真也
1958年東京都生まれ。’83年、日本で開催された「第3回全国ソムリエ最高技術賞コンクール」で第1位。’87年、ホテル西洋銀座にシェフソムリエとして入社。’95年、「第8回世界最優秀ソムリエコンクール」で日本人として初めて優勝する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 212ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334033865
  • ISBN-13: 978-4334033866
  • 発売日: 2007/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
■購入動機:ホストとして振舞う時の、大まかな原則が知りたかったから
■結論:読んでよかったです。接待をすることもされることも少ない方ですが、それ以外の日常生活に非常に役立ちます。
■印象的なポイント:
・総論、接待編、デート篇の三部構成で、耳の痛い具体的な「ダメ出し」から話が始まります。
・総論は「もてなしのトライアングル」がキーワードで、接待の目的は「ゲストとコミュニケーションをはかること」であり、接待の原理は「目的のために、貴族のように自宅の館で執事を使うかわりに、店と従業員を利用すること」である、というベースに従って、以後の話が組み立てられます。
・各論は、上記の原則を踏まえて、「店は必ず下見しておく」「ゲストに事前にドレスコードを伝える」「店との事前打ち合わせでは終了時刻も伝える」「ゲストには極力従業員と直接話をさせない」「ホストがまず料理に手をつける」「必ずゲストと同じものを食べ・飲む」など、実践的なアドバイスが盛りだくさんです。
■読んでからの変化:高級なお店で大切な方(性別年齢問わず)と食事をする際の何とも言えないストレスが大幅に減りました。
■読むメリットがありそうな方:美味しいものが大好きで少しくらい値段が高くても平気だが、振舞い方に自信がないせいか高級店にやや気遅れしてしまう方。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 接待とは「もてなしの心」、つまり相手の心を読んでどうしてあげれば喜んでもらえるのか考えることなのだそうである。もてなしの心とはいかにあるべきかを実例を挙げながら、わかりやすく丁寧に書かれている。

 中には常識の範疇ではないかと思われるポイントもあるが、それだけ日本の人たち(の一部)が基本的な心遣いを忘れているのかもしれない。

 それにしても、マナーとは決して形式的なものではないと改めて考えさせられた。

 マナーだけではない。いわゆるルールと言われるものは、元々は何かの目的を実現するために決められたものであるが、年月が経つにつれてその目的があいまいになり、ルールだけが残ってしまうものである。そして目的の不明確になったルールは、とてもつまらなくなってしまう。(儀礼上のルールや学校・会社など組織の決まりなどはそれに該当するのではないか)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 著者は、ソムリエの世界では知らぬ者はいない田崎真也氏である。私とは縁遠い世界にお住まいの方だが、ソムリエの立場から日本男児のおもてなしがまるでなっていないと痛感していたそうである。そのため、様々な分野の女性(OL、ホステスのママetc.)に質問し、おもてなしのイロハを1冊の本にまとめている。

 女性のダメ出しも半端ではなく、読んでいるうちに男性諸氏は私のように細木先生からエグられるような感覚になるだろう。店の下見は当たり前で、顔馴染みのお店に女性を連れて行くのが普通である。また、女性は男性以上にお店に行く回数が多いので、下手な格好をつけると思わぬしっぺ返しを喰らうそうである。

 また、ホストとゲストを勘違いしている日本男児は多いらしく、その失敗例を幾つか紹介している。フランス料理だけでなく、すし屋を筆頭に幾つかのケースに応じて懇切丁寧に解説している点は、ソムリエらしい気配りが著書にも行き届いていると感動しながら読み進めたものである。

 ちなみに、寿司屋での接待は一番難しいらしく、上級レベルの気配りと接待術が求められるそうである。さらに、幹事が一番頭を抱えるであろう座席に関しても記述されており、上座、下座という基本にこだわらず、お店の立地条件や席の配置に応じて応用する必要性をさりげなくアドバイスしている。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本には日本のやり方がある。 それは結構。
でも、女性や外国のお客様から見て もっとスマートなやり方がありますよ、と
田崎さんは提案している。

ホストとしての役割の認識、ゲストとしてのマナー、お店の人をも味方につける
誰にとっても気持ちの良い心遣いの技術を解説。 よくある蘊蓄本ではありません。

デートの時、女性が心中 幻滅し、「もう二度とこの人とはデートしたくない」と
思う言動や行動は、男性本人は思いもよらないのではないでしょうか。 

お店の人はサービスを心得ているので あくまでも淡々と相手をするだろうし、
ゲストや彼女も指摘したり嗜めたりしないだろうが、内心では「笑止千万」と
思っていたり落胆したり「一緒にいるこっちが恥ずかしい」と思うこともあるようです。

それを知らずに、己のやり方を良しとしていると・・・。

田崎さんがエピソードつきで NG な言動・行動、そして代わりにどうしたら良いか
を手引きしてくれています。 エピソードを読んでいると、知り合いの顔がちらほらと
頭に浮かんできました。 是非この本を一度読んでみてほしい方たちの・・・。

手に取ったその日のうちにサラっと
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック