¥4,400
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
探求の共同体 ─考えるための教室─ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

探求の共同体 ─考えるための教室─ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/30

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/6/30
¥4,400
¥4,400 ¥4,014
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 探求の共同体 ─考えるための教室─
  • +
  • 子どものための哲学授業: 「学びの場」のつくりかた
  • +
  • 子どもたちの未来を拓く探究の対話「p4c」
総額: ¥10,120
ポイントの合計: 137pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「子どものための哲学(P4C)」教育の先駆者・設立者の主著を初邦訳。共同体での対話によって育まれる批判的思考、創造的思考、ケア的思考について理論と実践から紹介する。

著者について

マシュー・リップマン
1923年にアメリカで生まれる。2010年没。コロンビア大学で博士号を取得した後、同大学で19年間にわたり哲学の教員を務める。1969年に教材用の哲学小説『ハリー・ストットルマイヤーの発見』を執筆して、子どものための哲学と呼ばれる哲学対話教育を創始。1972年にニュージャージー州のモンクレア州立大学に移り、1974年に同大学内に「子どものための哲学推進研究所(IAPC)」を設立する。以降、この研究所を拠点にして、世界各地で子どものための哲学の普及・推進に尽力。子どものための哲学の教材や教員用マニュアルを多数開発し、理論書も執筆する。子どものための哲学の創始者として、現在に至るまで大きな影響を残している。

登録情報

  • 発売日 : 2014/6/30
  • 単行本(ソフトカバー) : 460ページ
  • ISBN-10 : 4472404885
  • ISBN-13 : 978-4472404887
  • 出版社 : 玉川大学出版部 (2014/6/30)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価