通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
探偵綺譚‾石黒正数短編集‾ (リュウコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き・初版 目立つ傷みなく概ね良好です☆アルコール除菌のち迅速に発送致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

探偵綺譚‾石黒正数短編集‾ (リュウコミックス) コミックス – 2007/12/20

5つ星のうち 3.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 探偵綺譚‾石黒正数短編集‾ (リュウコミックス)
  • +
  • 石黒正数短編集 2 (リュウコミックス)
  • +
  • Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,819
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

今ホットな注目を集めている石黒 正数の短編集。表題作『探偵綺譚』は、ヒット作『それでも町は廻っている』の人気キャラクター「嵐山歩鳥&紺双葉」の先輩後輩コンビが登場する、『それ町』プロトタイプと言える作品。この先輩後輩コンビの系譜は「COMICリュウ」連載中『ネムルバカ』の主人公コンビへと繋がる。全10作品収録。


登録情報

  • コミック: 186ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2007/12/20)
  • ISBN-10: 4199500669
  • ISBN-13: 978-4199500664
  • 発売日: 2007/12/20
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Tae Young Ahn 投稿日 2013/3/25
形式: コミック Amazonで購入
A good collection of interesting short stories; recommended.
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
良作が詰まっているSF短編集です。
たまーに、石黒作品は悲劇で落としてきますが、今作は…読んでお楽しみです。
数年前に死んだ祖父のことを思い出しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
裏表紙に<嵐山歩鳥&紺双葉>と書いてあります。
現在の『それ町』の番外編かと思って表題作を読み始めましたが、
一寸違和感がありました。
それもそのはず、「『それ町』の企画段階で描いた短編」とのことで、
『それ町』とは設定が違う話でした。
でも、歩鳥は可愛いし、歩鳥ファンには見逃せない一冊です。
『血の連判状』は、物騒なタイトルですが、
実はギャグで味付けした歴史漫画です。
台詞が絶妙で異様に面白いし、
ヒロインのおハナちゃんが魅力的で、
私のお気に入りの一編です。
他にも「鯨井」という女子高生が出てくる話があったり、
石黒ファンにはたまらない短編集です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
短編集とはいえ、作者の他の作品とは全く比較にならないほど平凡な内容です。
ギャグも滑り気味のものばかりで、けっこう厳しいです。

石黒氏の他の作品を全て読み終えてから、氏の資料的な価値を見出して読むにはいいかもしれません。

発表年代も掲載紙もかぶっているのに、氏のもう一つの作品集「Present for me」のクオリティには遠く及ばないのが不思議です。(こちらは掲載紙がバラバラだということもあるのでしょうが)

石黒氏の作品を読んだことが無い方は、これは一番後回しで。
これを読んでしまったことで、他の作品に手が出なくなるのは あまりにもったいないので。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告