数量:1
探偵はBARにいる 通常版 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。ケース交換済み。ディスクに再生に影響のないキズあり。ジャケットに少々微スレがありますが全体的には良好な状態です★ディスクとケースのみの出品です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: にしだ商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

探偵はBARにいる 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.0 97件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 1,999より 中古品の出品:13¥ 638より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 探偵はBARにいる 通常版 [DVD]
  • +
  • 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ボーナスパック【DVD3枚組】
  • +
  • アフタースクール [DVD]
総額: ¥10,881
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 大泉 洋, 松田龍平, 小雪, 西田敏行
  • 監督: 橋本 一
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2012/02/10
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 97件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0065FIQ3M
  • EAN: 4527427649866
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,043位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

東直己のススキノ探偵シリーズを大泉洋主演で映画化。ススキノのBARを根城にする探偵の下に、ある夜「コンドウキョウコ」と名乗る女から奇妙な依頼が舞い込む。依頼を引き受けた探偵は直後に命を狙われ…。共演は松田龍平、小雪ほか。通常版。

内容(「Oricon」データベースより)

東直己原作による“ススキノ探偵シリーズ”第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌・ススキノを舞台に、この街の裏も表も知り尽くした探偵の活躍を描くハードボイルド・エンターテインメント!大泉洋、松田龍平ほか出演。PG-12指定作品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
娯楽映画の王道を行く、理屈抜きで楽しい作品だが、私が注目したのは、ボーナスディスクに収録されたメイキングの方だ。
キャストやスタッフの素顔を垣間見ることができ、また撮影現場の熱気が伝わって来てこちらも楽しめるのだが、楽しいだけではない、あの厳しい現実も盛り込まれていたのだ。
前半の札幌ロケの進行に沿って、さりげなく画面に挿入される日付が、最終日に“あの日”を指した…
2011.3.11
しばらくのブランクの後、東京で再開された撮影の現場には悲壮感が漂っていた。日本中が混乱し、悲嘆に暮れている中で、娯楽映画の制作を続けるのは辛いものがあっただろう。
そのような逆境を乗り越えて生まれた作品であることを知ることで、本編をさらに熱い思いで観ることができると思う。
だから、多少高くても是非ボーナスディスク付きの3枚組をおすすめします。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
久しぶりに映画館で見た作品です。
大泉さんのファンなので、大泉さんが出ているだけで満足…
と思っていましたが、松田さん、小雪さんをはじめ、他のキャストもストーリーも空気感もテンポも、北海道(ススキノ)という設定も、ものすごく素晴らしい作品でした。
ジェットコースターのようで、昔、映画館で映画を見てワクワクした感じを思い出しました。
映画館で見られなかった方はDVDでもいいので見てほしいです。
続編もありそうなので、続編はぜひ映画館で!

以下、少しネタバレあり…かな?
最初の方は「いつもの大泉さんじゃんw」と思いながら見てましたが、ストーリーが進むにつれ「役者 大泉洋」を堪能できました。
松田さんの力の入ってない感じの演技も良かったし、あのコンビはまた見たいと思わせます。
そして、序盤はコント要員wだった高嶋さんが、途中から冷酷な面を見せ始め、ストーリーが加速していくのに合わせて一気に私ものめり込みました。
少し後味が悪い場面もありますが(バイオレンスな場面など)、それも含めての良さなのかな。
結構アクションもあり大変そうですが、大泉さんの体力が続く限り続いてほしいです。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
自分の大好きな町、札幌が舞台の映画ということで、内容は別として購入してみました。内容は、良いほうに大きく裏切られるもので、クールを気取った実際は熱血漢の大泉洋さん、ひょうひょうとした演技を見せる松田龍平さんははまり役で、特に小雪さん演じる女性は、他の人がこの役をやったらこんなに良い映画にはならなかったと思います。
また、ラストの方のOMEGAの時計の使い方が見事で、腕時計のコレクターやOMEGAのコレクターの方にとっても、そこだけでも十分に見るべき価値のある映画だと思います。パート2が楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
背が高くスタイルもなかなか、でも男前とは言い難く二枚目半の大泉洋の当り役となりました。ハードでダーティーな一面を持つものの、一本気で義理堅い男=名無しの探偵。喧嘩も強く頭も切れるのだが、女と酒に弱く少々だらしがない。ここまでは、今までの探偵像と大して変わりませんが、そこは洋ちゃん。彼独自の魅力的な探偵になっています。松田龍平演ずる相棒高田とのコンビネーションもよく、見ていて楽しく最後に泣かせる映画になりました。アクションは、ほとんど役者さんがスタントを使わずにやったそうで、迫力があり楽しめます。吹き替えばかりで、なんのためにアクションがあるのか分からなくなっている映画やドラマが多くてつまらなく思っていたので、嬉しかったです。最近は、若い役者本人がやる映画やドラマが多くなってきたように思いますが、40歳になる洋ちゃんがやるのは、本当にかっこいいと思います。名実ともに強い大人の男になっていると思います。

もしもルパンの実写を撮るとしたら、ルパンはやっぱり洋ちゃんだと思いませんか?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Bo-he-mian トップ100レビュアー 投稿日 2011/12/10
形式: Blu-ray
本作『探偵はBARにいる』の魅力、特にストーリーや出演者などについては、もうすでに素晴らしいレビューが書かれていて、またこれからも書く方がたくさんいると思うので、自分は、自分にしか書けないことを書こうと思う。
本作を撮った、橋本一監督の『新仁義なき戦い・謀殺』や『極道の妻たち・情炎』についても、今までレビューを書こうか迷って、結局書かずにいた。と言うのも、そもそも自分は「橋本監督」などと呼ぶこと自体、よそよそしい仲なのである。有体に言ってしまうと、友人である。だからどうしてもひいき目に見たレビューになってしまうだろうし、そんな個人的な目線で書くべきか、迷っていた。でもこの映画を巡って、自分なりに色々感じた事があって、やはり書こうと思った。

この映画をご覧になった方は皆感じたと思うが、本作の魅力は、とにかくエネルギッシュな活劇である、という事と、ハードボイルドであるゆえに、重い人間ドラマが根底にある一方で、独特のユーモアがこの映画のイメージを「陽性の」スカっとするものにしている事だ。そしてそれがまさに「橋本一節」なのである。
「面白いじゃん、この映画!」と思った人は大勢いると思うが、TVドラマ『相棒』の監督、という以上に橋本一を認識している方は極めて少ないと思う。だから自分は「監督・橋本一」について語ろうと思う。

橋本君
...続きを読む ›
7 コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック