¥ 1,350
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
掟上今日子の裏表紙 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

掟上今日子の裏表紙 単行本(ソフトカバー) – 2017/5/23

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,350
¥ 1,350 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 掟上今日子の裏表紙
  • +
  • 人類最強のときめき (講談社ノベルス)
総額: ¥2,236
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

強盗殺人事件の容疑者として逮捕された忘却探偵・掟上今日子。
現場で血まみれの凶器を握りしめて眠っていたところを発見された彼女は、事件の記憶を忘れていた。
檻の中から事件の調査をしたいと申し出た今日子さんに対峙するのは、「冤罪製造器」の異名をもつ強面の警察官・日怠井。
警察官の矜持と葛藤しながら彼が選択したのは、「忘却探偵の専門家」隠館厄介に協力を仰ぐことで…?


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 338ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062205769
  • ISBN-13: 978-4062205764
  • 発売日: 2017/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
トリックだけはちゃんとして。

ネタばれはできないので詳細はかけないですが、ラノベとは言え推理小説なので、根幹であるトリックの部分はちゃんとしてほしかったです。

今日子さんが××したのは、被害者が○○になったせいだけど、それは被害者が子供のころ△△したせいで、結果、仕方なかったんだよ的な流れなんかは、さすがにオチを考えた後に強引に逆算したとしか思えず、がっかりです。
そもそも□□的にみて正しいのかも含めて、専門家の監修は受けるべきだったと思います。

だいたい、ただ刺してもダメです。真ん中に穴の空いた・・・と書きたいですが、ネタバレになるので。

ただ、過去の登場人物オールスターみたいな感じで、小説としては楽しかったです。
こんな警察あるわけない、といった感じですが、そのあたりはあくまで小説ですしね。

推理小説だと思って読むからダメなんでしょうかね?

★2つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「裏表紙」とか言われたら表紙の裏確認しちゃいますよね・・・
裏のイラストだけでも買う価値があったと思います。
kindle版でもきれいに絵が拝めるので問題ありません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今回の「初めまして」は取調室から.こんな場所でもキュートな今日子さんの九作目です.

人の願望や矜持にコインと,タイトルに絡めてか『表と裏』の描写が目立つ印象ですが,
何かにつけて挟まれるそれらにはこじつけの感が強く,どうしても狙いすぎに映ることが.
また,彼女の過去を匂わせながら,結局は何も進まずというのも,毎度とはいえガッカリで,
『裏表紙』の要素がゼロという,これまたよくわからないタイトルにも首を傾げてしまいます.

一方,おなじみの青年と刑事の視点を章ごとに入れ替え,徐々に交わらせていく話運びは,
これまでのシリーズの合わせ技のようで,一つの事象に対する異なるアプローチはもちろん,
同じ情報でも認識などにズレがあり,それをやり取りを重ねて埋めていく流れが面白いところ.
ミステリの雰囲気が濃かったことありますが,もう少しこの『コンビ』の活躍が見たかったです.

ただ,今回の事件でもあり騒動のカギとなる,とあるものをいくつも用いた暗号については,
初めて知った特徴も併せて驚かされたものの,次の暗号やそこからの広がりには強引さがあり,
被害者の背景や真情にも気の毒な面はありますが,印象に残るほどの感情までは湧いてきません.
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
久々に300ページを超える大作?です。
読みやすく、楽しいお話ですが「内容の読み応え」としては物足りないと感じました。
私的に気に入ったのは、もう一人の「彼」がしっかりお勤めしていてくれた事。
今迄に何回クビになったのでしょうか?これからも応援したくなります。

星の数は、甘々ですが、娯楽作品としてはこんなもので良いと感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す