通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
掟上今日子の備忘録(5) (KCデラックス 月刊少... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

掟上今日子の備忘録(5) (KCデラックス 月刊少年マガジン) コミックス – 2017/4/17

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 250
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 掟上今日子の備忘録(5) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • 掟上今日子の備忘録(4) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

忘却探偵・掟上今日子 彼女の記憶は一日でリセットされる――
あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は、今日も犯人扱いされていた。助けを求め、呼んだのは名探偵・掟上今日子。どんな事件も一日で解決する“最速の探偵”にして、記憶が一日ごとにリセットされてしまう“忘却探偵”である!!

新章の舞台は、なんと花の都・パリ! 厄介は、いつもの冤罪体質から旅行代理店の仕事をクビになり、退職金代わりにもらったパリへの航空券で一人旅に出る。しかし、彼の地にはなぜか今日子さんの姿が。眠ると記憶がリセットされる“忘却探偵”が、なぜ海外に…? しかも、いつの間にか“探偵”じゃなくて“怪盗”になってる!? 第1シーズン、堂々完結――!短編読み切り「掟上今日子のバラバラ死体」も同時収録!

著者について

浅見 よう
【浅見よう(あさみ・よう)】
主な著作に『まおゆう魔王勇者』(ファミ通クリアコミックス)など。2015年9月号より『掟上今日子の備忘録』(原作:西尾維新)を連載中。
西尾 維新
【西尾維新(にしお・いしん)】
小説家。1981年生まれ。2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で第23回メフィスト賞を受賞、デビュー。同作品に始まる「戯言シリーズ」が全9作で2005年に完結。2006年に第一作『化物語』が刊行され、アニメ化もされた「〈物語〉シリーズ」(講談社BOX刊)をはじめ、著作多数。


登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063931803
  • ISBN-13: 978-4063931808
  • 発売日: 2017/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
第1シーズン完結?。 なんか釈然としない。
今回の原作自体が、今一つだったので仕方ないと思うけど。
この、シリーズは大好きだったのですが、最後?で裏切られた感有り。
浅見さんの絵は好きなんですけどね〜。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 西尾維新作品のコミカライズの中で、忘却探偵シリーズはやはり特にクオリティが高いですね(美少年シリーズと並んで同率1位でしょうか)。
 さて、今巻がシリーズ最終作としてふさわしいのかという話ですが、「パリ旅行!」「完結!」のようなワードから壮大なストーリーを期待するとやや肩透かし感もあるのかもしれません。今回(旅行)は殺人事件だって起きませんしね。そもそもシリーズ自体(というか西尾維新の傾向として)がストーリーテリング的に大きく起伏を作ってどうこうしようという性質ではありませんし、そこに重きを置いているわけでもないでしょうから少し話がずれてしまっているかもしれません。
 けれどその分、今日子さんの内面を描こうとした意図が見え、個人的にはラストとしてふさわしいのではないかなと感じます。忘却探偵が忘却探偵であるが故の脆弱性、それはとりもなおさず1日のスタート地点によって記憶が書き換えられてしまうということであり、それが現実となったとき、果たして今日子さんの今日子さんとしてのアイデンティティはどこにあるのか、どうあるのか、どうなってしまうのか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告