通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ■帯あり。 ■店頭販売品であったため、こまかなイタミなどがある可能性があります。 ■フィルムできっちり防水し、プチプチでくるんでお届けいたします。 ■特に記載が無い限り、「クリックポスト・日本郵便・追跡あり」で発送します。 ■一読して本棚で保管しておりましたため、きれいな状態です。読了後出品するつもりでありましたので、カバーをかけて読むなどして丁寧に取扱っております。 ■ご注文承り後、次の日朝での発送を目指しておりますが、天候、災害、道路事情などの影響により到着が遅れる場合があります。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書) 新書 – 2017/4/19

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 500 ¥ 700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
  • +
  • 捨てられる銀行 (講談社現代新書)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『捨てられる銀行』が明らかにした森信親・金融庁長官の地域金融大改革。実は、森長官の金融改革にはもう一つの大きな柱がある。それが資産運用の大改革である。日本の「資産運用」が、何も産まない「非産運用」になり、「悲惨運用」となっている現実を変えようというのだ。
キーワードは「フィデューシャリー・デューティ」。
受託者責任と訳されてきたが、森長官の定義は「真に顧客本位の業務運営をする義務」となる。
いま、銀行や生保、証券会社が「お客様の資産運用のため」というトークで売る金融商品の多くは高額手数料を取れる金融機関本位の商品ばかり。銀行の窓口で勧められる「外貨建て貯蓄性保険商品」はその最たる例だ。
森長官の改革は顧客本位でない営業姿勢を続ける全金融機関を「見える化」して、自然淘汰に追い込む。
金融庁ではなく顧客の方を見るべきとの真意をいち早く見抜き「信じられる金融機関」に体質改善しないと、銀行も生保も証券会社も「捨てられる」時代が来る。
1995年の家計金融資産を1とすると、米国は3倍強、英国は2.8倍に膨らんでいるが、日本は1.47倍止まり。その差を家計に取り戻すための大改革が始まるのだ。
金融機関関係者必読、今後10年の資産運用の趨勢を掴んだものだけが生き残る。

内容(「BOOK」データベースより)

これが森長官の第2のメッセージだ。ベストセラー『捨てられる銀行』が明らかにした森信親・金融庁長官の地域金融大改革。実は、森長官の金融改革にはもう一つの大きな柱がある。それが資産運用の大改革である。キーワードは「フィデューシャリー・デューティー」。受託者責任と訳されてきたが、森長官の定義は「真に顧客本位の業務運営をする義務」となる。いま、銀行や生命保険、証券各社が「お客様の資産運用のため」というトークで売る金融商品の多くは高額手数料を取れる金融機関本位の商品ばかり。銀行の窓口で勧められる「外貨建て貯蓄性保険商品」はその最たる例だ。森長官の資産運用改革はここに厳しいメスを入れつつある。真に顧客本位でない営業姿勢を続ける金融機関を「見える化」して、自然淘汰に追い込む。金融庁ではなく顧客を見るべきとの真意をいち早く見抜き「愛される金融機関」に体質改善しないと、銀行も生保も証券会社も「捨てられる」時代が来る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062884224
  • ISBN-13: 978-4062884228
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
森金融庁が、「国民の資産形成」をテーマに、かつてない「資産運用改革」に乗り出しており、
「なぜ森金融庁が、資産運用改革を最重要施策としたのか」について、内実が書き記された本。

新書なので、ボリュームはそれほどないですが、
「終章:売られないあなたになるために」を読むだけでも、
長期的スパンで資産形成したい人の参考になると思いました。

<「売られないあなた」になるため、の概要>

◎我々の大半は、「銀行預金のままでは老後資金を十分に確保できないかもしれない」という不安を抱えているはずだ。
 「資産運用・資産形成をしない」という選択肢が長期的には、いかにリスクがあるのかということも分かっているのだ。

◎そこで、資産運用の達人たちへの取材を重ねてきた筆者が語る、
 「30年後のための資産運用」の主なキーワード

 ①手数料の相対的な安さ
  手数料が高くては、複利効果はかなり目減りする。
  堅実は運用でもあるいは「手数料負け」といった事態もありえるからだ。

 ②税制優遇制度の活用
 確定拠出年金等の利用による節税は、長期運用の成果を大きく左右する。

 ③商
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
優れた本だと思う。資産運用に携わっている人はもちろん、そうでない人にもお勧めできる。ジャーナリストとして、強い問題意識を持って、綿密な取材と調査を重ねなければこのような本は書けないはずだ。手数料体系が異なるので単純比較は難しいが、日米の投信手数料水準そのものには実は大きな差異は無い。売れ筋商品が米国では手数料が安いインデックス投信中心で、日本では手数料が高くパフォ-マンスも劣るアクティブ投信であるため、金融庁が指摘する純資産上位5銘柄のような比較をすると手数料とパフォーマンスに大差がつくのだ。これは米国人が日本人よりも金融リテラシーが高いなどどいう理由ではない。日本の金融機関が高齢な投資初心者に、退職金等をターゲットにした手数料が高く、高分配で複雑なアクティブ投信を分散投資させずに販売することにこそある。従って、金融庁が顧客本位の業務運営を金融機関に求めるのは当然であって、前作でもそうだったがそのことで著者を金融庁の代弁者と批判するのは的はずれだ。金融機関は顧客本位な良質な商品の販売にシフトし、顧客の資産を着実に増加させることでしか、信頼を勝ち得ることができない。そうなれば、手数料水準低下による収益減を、運用資産残高増によってカバーすることが可能となるはずだ。金融庁や著者の主張を直視せず、代案も示さず、国民の資産形成に貢献できない金融機関は淘汰されるのだろう。日本の金融機関よ、今こそ頑張れ!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
「よくぞ書いてくれました‼︎」というのが読後感である。金融機関で20年余り資産運用関係の仕事をしているが、自己財産(スズメの涙だが)は預金、国債の運用のみである。投資信託や保険の内情を熟知しているからだ。銀行の若い女子行員が高齢者に高リスクの投信・保険を罪悪感を持ちながら売らされているのもよく知っている。
読者は米国で投信市場が伸びた理由をこの本で知ることになる。それに比して日本における投信・保険がいかに顧客本位ではなく、情報の非対称性のもとで個人顧客が搾取されていることに愕然とするだろう。
「高い手数料の資産形成のためにならない商品を改めさせよう」と金融庁が立ち上がった。4月7日、日本証券アナリスト協会の国際セミナーで、金融庁の森長官が基調講演を行なったが、本質を突き、問題点をえぐり出す長官の話に資産運用関係者で埋め尽くされた会場が凍った。ニコニコして聞いていたのは筆者と同じ思いの人たちだけだった。本書と同時にこの講演録(金融庁のホームページにアップされている)にも目を通してもらいたい。
本書における引用文献やコメントはいずれも資産運用のプロ、権威、シンクタンクによるものであり、内容については十分信頼に値する。前作「捨てられる銀行」といい、筆者の取材力には脱帽している。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書は金融庁が進める資産運用改革に関する本ですが、その専門的内容は他の方にお任せするとして、私はとにかく筆者の「正しい商いとはなんだ」という問いかけを強烈に感じました。『商いにおいては、儲けようとして顧客を収奪の対象にしてはならない。顧客支持を得て儲かる仕組みを作らなくてはならない』・・・中小企業が経営の参考とする本には腐るほどそのような言葉が載っていますが、優越的地位にある金融機関にはこれまでそのような言葉は当てはまらなかったようです(私自身金融マンとして反省しきりです)。本作ではP.ドラッカーの言葉が何度か登場しますが、筆者は正に彼が言っていた『事業は顧客を満足させる欲求によって定義される(マネジメント)』のだと警鐘を鳴らしているように思えました。淘汰される、捨てられる・・・この事なのでしょう。前作同様、再び私たちの普段の働き方や考え方に大きな一撃を食らわせてくれました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー