¥ 864
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書) 新書 – 2017/4/19

5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 400 ¥ 1,699

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
  • +
  • 捨てられる銀行 (講談社現代新書)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『捨てられる銀行』が明らかにした森信親・金融庁長官の地域金融大改革。実は、森長官の金融改革にはもう一つの大きな柱がある。それが資産運用の大改革である。日本の「資産運用」が、何も産まない「非産運用」になり、「悲惨運用」となっている現実を変えようというのだ。
キーワードは「フィデューシャリー・デューティ」。
受託者責任と訳されてきたが、森長官の定義は「真に顧客本位の業務運営をする義務」となる。
いま、銀行や生保、証券会社が「お客様の資産運用のため」というトークで売る金融商品の多くは高額手数料を取れる金融機関本位の商品ばかり。銀行の窓口で勧められる「外貨建て貯蓄性保険商品」はその最たる例だ。
森長官の改革は顧客本位でない営業姿勢を続ける全金融機関を「見える化」して、自然淘汰に追い込む。
金融庁ではなく顧客の方を見るべきとの真意をいち早く見抜き「信じられる金融機関」に体質改善しないと、銀行も生保も証券会社も「捨てられる」時代が来る。
1995年の家計金融資産を1とすると、米国は3倍強、英国は2.8倍に膨らんでいるが、日本は1.47倍止まり。その差を家計に取り戻すための大改革が始まるのだ。
金融機関関係者必読、今後10年の資産運用の趨勢を掴んだものだけが生き残る。

内容(「BOOK」データベースより)

これが森長官の第2のメッセージだ。ベストセラー『捨てられる銀行』が明らかにした森信親・金融庁長官の地域金融大改革。実は、森長官の金融改革にはもう一つの大きな柱がある。それが資産運用の大改革である。キーワードは「フィデューシャリー・デューティー」。受託者責任と訳されてきたが、森長官の定義は「真に顧客本位の業務運営をする義務」となる。いま、銀行や生命保険、証券各社が「お客様の資産運用のため」というトークで売る金融商品の多くは高額手数料を取れる金融機関本位の商品ばかり。銀行の窓口で勧められる「外貨建て貯蓄性保険商品」はその最たる例だ。森長官の資産運用改革はここに厳しいメスを入れつつある。真に顧客本位でない営業姿勢を続ける金融機関を「見える化」して、自然淘汰に追い込む。金融庁ではなく顧客を見るべきとの真意をいち早く見抜き「愛される金融機関」に体質改善しないと、銀行も生保も証券会社も「捨てられる」時代が来る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062884224
  • ISBN-13: 978-4062884228
  • 発売日: 2017/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
日本では約1,700兆円もの個人金融資産の大半が、利息ほぼゼロの預貯金に振り向けられていて非効率極まりない、これを将来の老後保障に振り替えるために資産運用業務を発展させよう、という発想はよく理解できました。筆者は森金融庁長官をはじめ多数の業界関係者をよく取材し、分かりやすい文章で説明しています。
しかし、将来の日本が現在の米国のように資産運用業務が発展するかという点は疑問です。日本人の国民性もありますし、今の状況はかつてのバブル期で財テクがブームとなっていた頃に近い雰囲気を感じています。また、資産運用が成功するかは運に左右される部分が大きいので、銀行や証券より業界の地位が上位となるのかどうか…本書はそれらの点について踏み込みが浅いと思いましたので、星4つの評価とします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
森金融庁が、「国民の資産形成」をテーマに、かつてない「資産運用改革」に乗り出しており、
「なぜ森金融庁が、資産運用改革を最重要施策としたのか」について、内実が書き記された本。

新書なので、ボリュームはそれほどないですが、
「終章:売られないあなたになるために」を読むだけでも、
長期的スパンで資産形成したい人の参考になると思いました。

<「売られないあなた」になるため、の概要>

◎我々の大半は、「銀行預金のままでは老後資金を十分に確保できないかもしれない」という不安を抱えているはずだ。
 「資産運用・資産形成をしない」という選択肢が長期的には、いかにリスクがあるのかということも分かっているのだ。

◎そこで、資産運用の達人たちへの取材を重ねてきた筆者が語る、
 「30年後のための資産運用」の主なキーワード

 ①手数料の相対的な安さ
  手数料が高くては、複利効果はかなり目減りする。
  堅実は運用でもあるいは「手数料負け」といった事態もありえるからだ。

 ②税制優遇制度の活用
 確定拠出年金等の利用による節税は、長期運用の成果を大きく左右する。

 ③商
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
顧客になるのに、顧客目線になれない。これは金融機関に限ったことではないと感じています。「顧客にニーズ」とは便利な言葉ですが、この言葉の実行に投資する企業はどれほどあるのでしょうか?銀行も含めて。
どんな商材であれ、都市部でも地方でも同じモノを同じ言葉でただただ垂れ流すようにセールスする。
抱えている顧客や地域の特性を徹底的に調査した結果があきらかにわかる商品を紹介し、フォローさえしてくれれば、多少手数料が高くても、「信頼料」として払いますよ。それが許されない環境に銀行はおかれているのか?
そして、金融庁が目を光らせ指導するのは銀行だけなのでしょうか?銀行を取り巻く環境から守ってあげるのも金融庁の役目なのでは?
サブタイトル(?)の「非産運用」にひっぱられると、この本の真意がぼやける気がします。
橋本氏の文章はサバサバしているので、私は読みやすかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本書は金融庁が進める資産運用改革に関する本ですが、その専門的内容は他の方にお任せするとして、私はとにかく筆者の「正しい商いとはなんだ」という問いかけを強烈に感じました。『商いにおいては、儲けようとして顧客を収奪の対象にしてはならない。顧客支持を得て儲かる仕組みを作らなくてはならない』・・・中小企業が経営の参考とする本には腐るほどそのような言葉が載っていますが、優越的地位にある金融機関にはこれまでそのような言葉は当てはまらなかったようです(私自身金融マンとして反省しきりです)。本作ではP.ドラッカーの言葉が何度か登場しますが、筆者は正に彼が言っていた『事業は顧客を満足させる欲求によって定義される(マネジメント)』のだと警鐘を鳴らしているように思えました。淘汰される、捨てられる・・・この事なのでしょう。前作同様、再び私たちの普段の働き方や考え方に大きな一撃を食らわせてくれました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「捨てられる銀行」「捨てられる銀行2 非産運用」を一気に通読しました。すると森長官と金融庁が金融機関の先にある、企業・経済の持続的成長、個人の安定的資産形成まで見据えていること、本気でそれをやり遂げようとしている強い意志が伝わってきます。本書は普通のサラリーマンから金融のプロまで、フィナンシャルリテラシーの多寡にかかわらず、読めばすべての人がそれぞれの立場で得るところがある本です。
【顧客第一】というフィデューシャリーデューティーを突き詰めていくと株主と顧客間の利益相反が必ず問題となります。それに対して著者はバンガード社の例をあげ、遥か昔にジャック・ボーグルが考案し、ボーグルしか成し得なかった、利益相反を起こさずに超低コスト投信やETFを組成する同社のシステムを紹介しています。日本にもセゾンバンガードグローバルバランスファンドを扱うセゾン投信のように、本気でフィデューシャリーデューティーを追及する金融機関も存在します。しかし一部の独立系の金融機関を除くと、大手金融機関は、低コスト投信を販売する一方で、相変わらず自社の利益、ただそれのみを優先した複雑で素人はおろか、多くの窓口販売員にも理解不可能な、高コスト投信を販売し続けています。この国の金融機関が変わろうとしている兆候は見えますが、ゴールは遥か彼方にあります。
筆者は2015年12月、日銀が「設備・人材投資に積
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー