中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【迅速発送】年中無休 当日13:00までにご注文確定された商品につきましては、当日出荷させていただきます。(ただし混雑状況により翌日になる場合も御座います。)商品につきましてはクリーニングを行っておりますが、中古品となりますので多少のスレ・傷み・日焼け等はございます。店舗併売商品です。売り切れの際はご返金いたします。 24544
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

捏造報道―週刊誌文化の罪と罰 単行本 – 2002/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」のスクープ賞(平成八年度)を受賞し、裁判にまで持ち込まれた信平信子の告白「手記」が、まったくの捏造であったことを取材体験をふまえて明らかにし、あわせて、デマ報道による人権侵害が跡を絶たない日本の週刊誌文化、報道のあり方について考えたものである。

内容(「MARC」データベースより)

『週刊新潮』に掲載された信平信子の告白「手記」が、まったくの捏造であったことを取材体験をふまえて明らかにし、あわせて、デマ報道による人権侵害が跡を絶たない日本の週刊誌文化、報道のあり方について考える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 第三文明社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4476061826
  • ISBN-13: 978-4476061826
  • 発売日: 2002/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,960,513位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ