通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
捏造の科学者 STAP細胞事件 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

捏造の科学者 STAP細胞事件 単行本 – 2015/1/7

5つ星のうち 3.3 190件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,727 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 捏造の科学者 STAP細胞事件
  • +
  • あの日
  • +
  • STAP細胞 残された謎 (Parade books)
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

このままの幕引きは科学ジャーナリズムの敗北だ

「須田さんの場合は絶対に来るべきです」
はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。
ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する
理研の記者会見に登壇したのは、若き女性科学者、小保方晴子。
発見の興奮とフィーバーに酔っていた取材班に、
疑問がひとつまたひとつ増えていく。
「科学史に残るスキャンダルになる」
STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部。
その中心となった女性科学記者が、書き下ろす。

誰が、何を、いつ、なぜ、どのように捏造したのか?

「科学史に残るスキャンダル」の深層

【目次】

第一章 異例づくしの記者会見

内容がまったく書かれていない奇妙な記者会見の案内が理研から届いた。笹井氏に問い合わせをすると「須田さんの場合は『絶対に来るべき』」とのメールが。山中教授のiPS細胞を超える発見と強調する異例の会見。

第二章 疑義浮上

発表から二週間でネット上には、論文へのさまざまな指摘がアップされた。理研幹部は楽観的だったが、私は、以前森口尚史氏の嘘を見破った科学者の一言にドキリとする。「小保方さんは相当、何でもやってしまう人ですよ」

第三章 衝撃の撤回呼びかけ

万能性の証明のかなめである「テラトーマ画像」と「TCR再構成」。このふたつが崩れた。共著者たちは、次々と論文撤回やむなしの判断に傾き、笹井氏も同意。しかしメールの取材には小保方氏をあくまで庇う発言を。

第四章 STAP研究の原点

植物のカルス細胞と同じように動物も体細胞から初期化できるはずと肉をバラバラにして放置するなど奇妙な実験を繰り返していたハーバードの麻酔医バカンティ氏。STAP細胞の原点は、彼が〇一年に発表した論文にあった。

第五章 不正認定

「科学史に残るスキャンダルになる」。デスクの言葉を裏付けるように、若山研の解析結果は、他細胞の混入・すり替えの可能性を示唆するものだった。一方、調査委員会は、論文の「改ざん」と「捏造」を認定する。

第六章 小保方氏の反撃

「STAP細胞はあります」。小保方、笹井両氏が相次いで記者会見をした。こうした中、私は理研が公開しない残存試料についての取材を進めていた。テラトーマの切片などの試料が残っていることが分かったが。

第七章 不正確定

理研CDBの自己点検検証の報告書案を、毎日新聞は入手する。そこには小保方氏採用の際、審査を一部省略するなどの例外措置を容認していたことが書かれていた。そうした中「キメラマウス」の画像にも致命的な疑惑が。

第八章 存在を揺るがす解析

公開されているSTAP細胞の遺伝子データを解析すると、八番染色体にトリソミーがみつかった。たかだか一週間の培養でできるSTAP細胞にトリソミーが生じることはあり得ず、それはES細胞に特徴的なものだ。

第九章 ついに論文撤回

改革委員会はCDBの「解体」を提言。こうした中、小保方氏立ち会いのもとでの再現実験が行われようとしていた。しかし、論文が捏造ならそれは意味がないのでは? 高まる批判の中、私たちは竹市センター長に会う。

第十章 軽視された過去の指摘

過去にサイエンス、ネイチャーなどの一流科学誌に投稿され、不採択となったSTAP論文の査読資料を独自入手。そこに「細胞生物学の歴史を愚弄している」との言葉はなく、ES細胞混入の可能性も指摘されていた。

第十一章 笹井氏の死とCDB「解体」

八月五日、笹井氏自殺のニュースが。思えば、私のSTAP細胞取材は笹井氏の一言で始まった。それ以降、笹井氏から受け取ったメールは約四十通。最後のメールは査読資料に関する質問の回答で、自殺の約三週間前のものだ。

第十二章 STAP細胞事件が残したもの

〇二年に米国で発覚した超伝導をめぐる捏造事件「シェーン事件」。チェック機能を果たさないシニア研究者、科学誌の陥穽、学生時代からの不正などの類似点があるが、彼我の最大の違いは不正が発覚した際の厳しさだ。

内容(「BOOK」データベースより)

はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する理研の記者会見に登壇したのは、若き女性科学者、小保方晴子。発見の興奮とフィーバーに酔っていた取材班に、疑問がひとつまたひとつ増えていく。「科学史に残るスキャンダルになる」STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部。その中心となった女性科学記者が、書き下ろす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 383ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163901914
  • ISBN-13: 978-4163901916
  • 発売日: 2015/1/7
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 190件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ミチ 投稿日 2017/5/4
形式: 単行本 Amazonで購入
小保方さんの事を客観的に調べられており 中立的に述べられており 良かったと思いました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経過に沿い、客観的に、解明への努力がなされていると思います。当事者の科学者達との日頃の信頼関係から集めえた、著者ならではの情報に基づいた内容で、ともすると有耶無耶になってしまう内容を、克明に記録できた力量は素晴らしいと思いました。後世への一つの教訓となり得る、科学ジャーナリストの責務を全うし得た内容だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
小保方氏著書の あの日 と読み比べてみた。本書は取材をもとにしながら、公正に判断せず、小保方氏を捏造者とする筋書きに沿って書かれていて内容は酷いが、是非読んで欲しいと思う。指摘すべき箇所が沢山あるが、長くなるので、その一部だけをコメントしたい。
1.口絵。 最初の図の説明には、「後に理研自身も検証実験の中間報告で、酸処理をした細胞を培養しても、自家蛍光しか確認されなかったと発表した。」とある。この記述では、読者は、この図の緑色蛍光は、自家蛍光であると思ってしまう。類似の図はNature article のFigure1に出ているが、蛍光を発し、細胞がOct4を発現していることを示している。これが自家蛍光であれば、Natureの審査に通るはずがない。なので、須田氏のこの説明は読者を誤った方向へ導いているといえる。
2.口絵。Nature article に載った写真。これらには、著作権者を示すクレジットがついていない。上記の写真には、写真提供 理化学研究所 と書いてあるので、著者がクレジットについて知らないはずはない。須田氏は果たして、Natureから転載許可を得たのであろうか?もし、得ていないとすれば、国際社会から非難されても仕方がない。コピペに関して須田氏は「小保方氏の博士論文については、新たな驚くべき疑惑が発覚した」として「驚くべき」をつけて強調している (
...続きを読む ›
9 コメント 354人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もし小保方氏が男性だったら、STAP騒動はこれほどのものになったのであろうか、というのは私がかねてより抱いていた疑問である。それはどうでもいいが、この本はそもそもこの事件に何も答えていない。

「発掘捏造」スクープの毎日新聞、その新聞社の記者の著作ということで期待をしていたが、この本はSTAP騒動の答えではなく、「STAP騒動取材日記」に過ぎない。夏休みの宿題か。

著者である須田記者の目的意識は「スクープ」への執着、この一点にのみ集中する。サラリーマン記者として天晴だ。STAP騒動を俯瞰してみるならば、NHKに先を越されて悔しかった話などは読み手には要らないはずだが、真実の追求よりも「他社に先駆ける」ことが目的となっている。

スタートから失笑するのは、「メディアで紹介されたか否かが研究の評価に直結する」と言い切っていること。メディアというのはいったい何様でございましょう。まるで科学のトレンドを自分たちがリードしているかのような振る舞いだ。報道目的に開示された資料も、あっという間に拡散させ、悪びれる様子もない。

関係者に「須田さん」と呼び掛けられる場面が何度も現れるが、事件にリアルタイムで関与しているというカンチガイやら陶酔感やらにあふれ、とても寒々しい。記者会見で何が明らかになったかよりも、自分が
...続きを読む ›
4 コメント 536人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最初から結論を決めつけての取材?取材にもなっていないね。この記者の文章はもう誰にも信じてもらえないなあ。
コメント 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こういうのをノンフィクションとかいっていいのか?
「あの日」も読むのが辛かったが、別の意味でこの本も読むのが辛い、というか途中からあ~もううぜえ!と思いながら我慢して読み終えた。

生化学系の研究者としての立場から読むと、よく勉強しているなあ、とは思った。圧巻は第十章。よくぞ過去のリジェクトされた論文の査読内容(レビュアーコメント)まで入手したものである。そこまでやる執念たるや物凄い。しかも論文の作成において査読への対応というのは一番難しい部分であるのに、よくぞ読み解いて内容を理解したものだ。しかしこうして過去ばかりいじくりまわして、非生産的であること極まりない。
しかもその偏向した、恣意的で高圧的な取材ぶり、また、「ある大学教授は~」とか、「ある若手研究者は~」とか、都合のいい発言のみ引用しているのが見え見えなのである。
特にひどいのは第十一章。笹井さんの自殺についての章である。遺書にははっきりと「小保方さんのせいではない」「限界を超えた。精神的に疲れた。」と書かれてあるのに、全くそれについてコメントはない。「マスコミなどからの不当なバッシングから疲れ切ってしまった」と書かれてあるのに、これもスルー。この記者自らが超一流の研究者と、有望な若手研究者を葬り去る片棒を担いだことに関しては全く自覚がない様だ。

もし
...続きを読む ›
2 コメント 385人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー