新品:
¥1,540
ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 1月27日 木曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
3 時間 1 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
挑戦 常識のブレーキをはずせ がカートに入りました
シェアする

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


挑戦 常識のブレーキをはずせ 単行本(ソフトカバー) – 2021/12/8

5つ星のうち4.4 70個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,540
¥1,540 ¥1,238

対象の本の購入で9%分ポイント還元

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 挑戦 常識のブレーキをはずせ
  • +
  • 竜王 藤井聡太 ~最年少四冠が示す将棋の現在と未来予想 (将棋世界Special)
  • +
  • 将棋世界 2022年1月号
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2021/12/8)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/12/8
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 194ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4065269148
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4065269145
  • 寸法 ‏ : ‎ 13 x 1.6 x 18.9 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 70個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1962年大阪生まれ。1987年神戸大学医学部卒業。国立大阪病院臨床研修医(整形外科)を経て'93年大阪市立大学大学院医学研究科修了。米グラッドストーン研究所博士研究員。日本学術振興会特別研究員。大阪市立大学助手。奈良先端科学技術大学院大学助教授および教授を経て2004年より京都大学再生医科学研究所教授。2008年同大学のiPS細胞研究センター長に就任。(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『iPS細胞ができた! ひろがる人類の夢(ISBN-10:4087450767)』が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
70 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年12月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト100レビュアー
2021年12月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト1000レビュアー
2022年1月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年12月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 圧巻の藤井AI論
ユーザー名: ヘルベルト、日付: 2021年12月22日
早くも対談第2弾が登場。

結論から言うと、第5〜6章の藤井竜王の将棋AI論は、もうほぼ完成されており、これから追々人工知能研究の進化を横目にしながら、読者の私達に経過報告が定期的に為されるようになるのだろう。
帯にある、AIによる将棋が強くなる方法論を構想するまでに藤井竜王の人工知能に対する洞察は深化しているらしい…
山中伸弥教授も繰り返し若いまっさらな脳が創造力を発揮すると述べているのを、既に地でゆく。

モーツァルトが5歳で作曲を始め、間もなくオペラも交響曲も書き、ベートーヴェン生誕の1770年には、14歳でヨーゼフ・ハイドンやカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(大バッハの次男)と並び欧州を代表する作曲家になっていたのと同じく…
或いはアインシュタインが相対性理論とそれに繋がる研究に依ってノーベル賞受賞したのも20代…
フィールズ賞は永らく30歳の年齢制限を課し、奨励会と酷似する…
こうした大天才の対談相手はもはや、iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授の様な天才しかいないのかも知れない…

まだ今年(令和3年=2021)だが、叡王と竜王を瞬く間に奪取し、唯一苦手とした豊島九段を無冠にしてしまったから、旧聞に属するのかも知れないが、個人的に最も仰天したのは棋聖戦第2局だった…
最強三冠の挑戦者、渡辺名人相手の唯一の先手番。
中終盤に差し掛かり、名人有利だった筈だが、藤井棋聖は6八金右➡7七金右と鬼手を連発し、7筋を中心に又しても金の盛り上がりから、名人の玉の上部に蓋をして(まんまと?)押さえ込んでしまった…
6八金が指されるまで超難解な中盤に頭を抱えビール片手にうたた寝していたが、ソファからずり落ち瞬時に目が覚めた…

ナンナンダこの手は…

まるで昭和50年代の中原米長戦を寝惚けて夢に観ているのかと思った。

豊島竜王(当時)との十九番勝負は相掛かりシリーズだが6六金と又もや、升田式凧金戦法の先手ヴァージョン?が何度も繰り出され、十四番を11勝3敗で圧勝したのは言うまでもない…
鬼に笑われそうだが、渡辺王将との7番勝負を4-2以内で奪取してしまうようだと…
メディアは令和5年(2023)に藤井七冠が渡辺名人に挑戦すると騒然として来るだろう…
羽生六冠の全冠制覇がいったんストップしたのは、阪神淡路大震災で被災した谷川王将に依ってだった。
その頃は谷川羽生お二人と歳も近く、本当に熱狂したが、令和の藤井聡太竜王の爆進劇は、指を咥えて啞然としながら通り征く彗星を仰ぎ見るように感じる…将棋の大彗星は四半世紀おきに現れるものなのだろうか…

長すぎる前置きを書いたのは少しワケがある。
本書の竜王のAI論を読むまで、実は金が盛り上がる最近の藤井将棋から、大山中原の2人の永世名人を想起して、藤井竜王は勝負に専念し著作や講演はもっとタレント適正のある棋士に任せるのかも知れないと勝手に思っていた。 
本書対談が三冠獲得から竜王挑戦決定の頃に為されたようなので、藤井三冠が対局に忙殺されていた時期だ。
竜王戦が四番で終わっても今度はいよいよ重大任務が始まる。
江戸の昔から将棋ビジネスの根幹、頂点の免状署名に到達するまでプロデビュー丸5年足らずである。
最早大敵は過密日程に伴う研究時間の減少しかなさそうだが、勝率8割を維持し続ける限り、世に言う恐怖の藤井語録…スーパーシード…効果で八冠に近付くほど過密スケジュールにならなくなる。

ところで本書は山中教授とも共著のある、羽生永世七冠の話題が多い。
羽生九段が七冠全冠制覇した25歳から現在の51歳までを藤井竜王と山中教授が大胆に検討する場面もある。
大胆過ぎると思わないでもないが、このまま羽生さんが終わる筈ないとしながら、新竜王の…これが序列第一位から来る自信なのだろうか。
山中伸弥教授が平成年間は羽生時代で、自身の壮年期にダブらせ、令和は藤井さんと言う心境は、教授と歳だけ同じの私も共感するのだが、40歳年下の新竜王がやんわり角が立たぬよう纏める…
大天才に年齢は関係ないと、モーツァルトまで出したばかりでも、驚くものは驚く…何という精神年齢の高さかと呆れるのは毎度の事だが、前の対談と同じく、世界史は大航海時代以降から履修したとか、新聞は読むようにしていると聴くと妙に安心はする。

去年棋聖戦と王位戦が再開されるのと同時に、当然だが高校も再開され、番勝負をこなしながらの登校で、出席日数が不足し自主退学に至ったとも語る。
王位奪取直後、姉弟子の室田伊緒女流に、

「卒業できるかな…」

と、ボソリと呟いたのは本当だった…
高校生でダブルタイトル戦十二番勝負を戦ったのは史上初だし、そこにコロナ禍が重なり、休養が心配でファンは随分気を揉んだ。
コロナ禍さえ無ければ卒業出来ていたワケで、なんとも…お気の毒としか言いようがない…
五輪イヤーは甲子園もインターハイもなく、前代未聞の高校生活を全員が余儀なくされた。後述しようと思うが、それは唯の天災とは違うものによってだ。

世界史は古代ギリシア・ローマから中世ヴェネツィア共和国まで多忙の中でも通読して欲しいし、国際面に興味があり地理も得意なら、地政学も吸収しやすく、得意にされると思う。
まだ19歳の多忙な青年にこれ以上負荷を掛けてもいけないが、対中国情勢だけは気を許さず、冷徹なリアリズムで、将棋の情勢判断と全く同じく追跡して欲しい。

本書の初めの2章には、将棋の国際化や中国の囲碁棋士の集団研究にかなり詳しい様子が垣間見える。
リアリズムに基づく敵情分析は必須だが…
4人以上の共同研究がこれからノーベル賞受賞対象になるかという話題も、ノーベル賞受賞者ならでは、流石の面白さのだが…

唯、山中伸弥教授はコロナ禍を、止まない雨はないと村上春樹の言葉を引用し、コロナ禍をどこかの国のせいにしても仕方ないと発言している。
これに対し、コロナ禍が始まって間もなく、日本以外数多の国々は中国政府に対し賠償金の請求を行なっており、去年前半段階で、…日本円にして1京円を越えた。
山中教授は文化勲章も受賞され“令和”の元号選定にも携わった、日本の科学者の顔中の顔である。
武漢病毒研究所から漏れ出た可能性が高い新型コロナウィルスのワクチン開発にiPS細胞の技術も大いに使われて成果を挙げている。…
にも拘わらずコロナ禍を他人事の様に降り続く雨に喩えたりするのは、どうしても理解に苦しむ。
80万人がコロナウイルスで亡くなった米グラッドストーン研究所で、同じ言葉を使えるのだろうか?
言葉尻をとらえ過ぎるようで、いささか気が引けるが、願わくば気分的に、つい投げやりな本音が出ただけと思いたいが…

藤井竜王が大人しく話を聴いているからと言っても、内心どう思うかは恐らく永遠に謎。
これを竜王の同級生達は、大学か社会人1年生として読むワケで、もし自分が今19歳なら、腸が煮えくり返るだろう。
相手が反論しにくい将棋のタイトルホルダーだからといって、ノーベル賞受賞者の山中先生、少しどころか気遣いが足らないないんじゃないでしょうかね?
彼らは大袈裟に言えば、青春の夏を奪われたのだ…
怒る人が多少いても良い。

先日「ウィルスは私達や国を襲った。それは誰のせいでもない」と米カマラ·ハリス副大統領の発言があったばかり。
カマラハリスは謂わば日本の元総理のハトと同じく、骨の髄から親中派政治家で、ウィグルジェノサイド問題や台湾や尖閣にたいする北京政府の力による現状変更から逃げ回っており、誰からも相手にされていない。
だが本書のほんの第1章で山中伸弥教授や引用された村上春樹らの発言と、カマラハリスの発言が同趣旨であることはご理解頂けるだろう。

話は変わるが…今年10月17日に第8回国際将棋トーナメント優勝者、台湾代表、張京鼎アマの記念対局がオンラインで行われている。
(主催=讀賣/産経/日経 You Tube東京新聞も放送した)
対戦者は藤井三冠。手合いは角落ち。

張京鼎アマの早い投了で藤井三冠の勝ちだが、解説の羽生九段も驚くほど張京鼎アマ四段は強い。
因みにトーナメント表をよく観ると、各大陸万遍なく代表が割り振られる中で、上海代表と北京代表の2人が大陸中国から出場している。

さらには香港からも1人参加している…

決勝は台湾、張四段に対し、もう片方の山を勝ち上がったのは上海代表の許五段で、台湾が勝った…
何れが優勝しても藤井三冠との角落ちは、手合いとしては滅茶滅茶強く、奨励会に今すぐ合格するのではないか…
藤井竜王はデビューから29連勝した四段時代に較べて、飛車1枚強くなったと自ら語っている。
それなら角落ちの張京鼎四段は29連勝当時の藤井四段と1〜2段差になるが…まさかだが、角落ちでギリギリ入玉模様で藤井三冠が勝っており少し背筋が寒くなった…
奨励会三段に近いところまで来ているかも知れない。

本書で藤井竜王は将棋の海外普及はまだまだと述べているが、いやはやこれはいつ台湾や中国からプロ棋士が誕生しても不思議でない。
台湾の張京鼎四段と藤井三冠の対局はたまたまで、時の運で相手は上海代表だったかも知れない。
今回は連盟がバランスを取った形だが、少子化の日本の各アスリート団体は喉から手が出る話であろう…
せっかく藤井三冠が海外のアマチュアに角落ち指導対局をしたのに、自分の知る限りTV報道は目にしていない。
藤井竜王の地元の東海テレビは放送出来ただろうか?
放送されないのは、今回のアマ国際将棋チャンピオンが台湾の人だからなのか…?
このまま将棋だけでも平和裏に進んで欲しいと心から願うが…

速報を見ると、台湾のオードリー·タンIT担当相の韓国訪問に、北京政府が横槍を入れ止めさせよと声明を発し韓国政府は受け入れたという。
日本将棋連盟が覚悟を決める事は唯1つ。
こういう案件の結論は至ってシンプルだ。
万が一でなく近い将来、北京政府が将棋台湾代表を訪日させたら、上海と北京の代表は出さない、などと無理難題を吹っ掛けてくる可能性はかなりある。
ひと言で断固として拒否するだけだ。
台湾の将棋の友人は絶対日本に来る!!とだけ答えれば良い。

何人たりとも、台湾人が訪日して将棋を指す自由を阻害してはならない。
日本将棋連盟は断固将棋をする自由の庇護者であらねばならない。
主権国家である日本に、中国が内政干渉で日本の自由主義に容喙することは出来ない。

日本は北京の属国ではなく、れっきとした主権国家だ。両国間の先の戦争を含むあらゆる懸案は、日中平和友好条約で全て解決済み。
唯、歴代総理大臣が靖国参拝をする度胸がないのに、将棋連盟にだけ厳しく言うのは、さすがに少しだけ気は引けるが。
上海と北京代表が腕を振るえず泣くのみだが、日本将棋連盟は全く関与しない。
今回同様仲良く将棋を指せばよいのだ。

閑話休題
先程の続きだが…
中国から半ば亡命し帰化した石平氏と、掛谷英紀筑波大学教授の共著に依るが、デルタ株爆発の時期から中国から第3国経由では入国不可にする国際的連携が始まる由である。
さらに北京冬季五輪を巡り外交的ボイコットは英語圏諸国から続出している。
世界的感染状況次第では東京大会同様1年延期も有り得るのではないかと思う。
1人日本だけジェノサイド決議を躊躇し、外交的ボイコットも未だ決断出来ずにいるのを、最大の犠牲者を出した米英がどのような視線で注視しているか?

日米首脳会談が新総理就任後、まだないのはナゼか?

確かに政府与党の不可解な対中忖度だが、背後に60%を越す輿論の支持が付く。
一方で対中警戒感は90%に及ばんとするのとどう整合性を取ればよいのか?
あれだけ東京五輪中止を呼号したメディアの不可解な沈黙…

不可解ではなく、確信犯であろう…

この事には藤井竜王の発言は将棋並みに注意深さが出て来たようで大変嬉しいが、寧ろ山中伸弥教授の方が心配になってくる…

講談社の藤井竜王対談シリーズはベストセラーだから恐らく第3弾もあるだろうが、またもや脇の甘い親中リベラルから人選をするのだろうか?
繰り返しになるが、9月の対談に比べて若い藤井竜王からは国際情勢に慎重さが見られた。多忙な短期間で、どの新聞かは預かり知らぬが、細かく見ておられると本当に敬服した。
山中伸弥教授には失礼を重々承知で申し上げるが、ともすればお花畑になりがちで心配なのは…岸田総理も含め、我々戦後の昭和生まれの方だと、自戒を込めて記して置く。

最後にひと言。
前回、藤井丹羽対談以来、私が将棋文化論対談にレビューした内容を政治的過ぎる、と感ずる方々が多いと思う。
前回は藤井さんの相手が相手だったし、多くの賛同を得たが、今回の山中伸弥教授に対しては酷いのではないかと、思う方々が多いのは認識している。
山中教授の片言隻句を重箱の隅をつついたキライがあったかなとも思うが、他の共著者や対談相手を調べると、やはりかなりリベラル…それも左派に近いのでは?と感ずる瞬間が多々あった。
片言隻句でも本質は細部に宿る場合はあるのではなかろうかと考えた次第。
別に将棋連盟の思想チェックをする積りは毛頭ないが、丹羽対談以来まだ頭から離れない、出来れば払拭したい懸念は残り、蟷螂の斧ではあるが遠慮なく発言させて頂いた。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する