通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
指揮者の使命 音楽はいかに解釈されるのか がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付、美品です。 カバーにほんの少しヨレあり
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

指揮者の使命 音楽はいかに解釈されるのか (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/9/23


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/9/23
¥2,420
¥2,420 ¥1,850
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 指揮者の使命 音楽はいかに解釈されるのか
  • +
  • 指揮者は何を考えているか:解釈、テクニック、舞台裏の闘い
総額: ¥5,720
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

指揮者と指揮者をめざす方、そして音楽を愛する方に……

原題は「指揮者という職業」で、プロ向けの記述が多いものの、クラシック好きなら本書に込められた著者の思いを共有できる一書になっている。モーツァルテウム管弦楽団元首席指揮者のラルフ・ヴァイケルトが、アマチュア向けとしても著した。

冒頭に「この本は、音楽、すなわち私たち指揮者が“解釈"と呼んでいるものに近づくためのものです」とあるように、指揮者が音楽をどう「解釈」するかをテーマにしている。本書はまた、スコアの本でもある。著者にとってスコアは作曲家の魂を刻み込んだ「聖書」であり、スコアをどう解釈するかが指揮者の使命なのである。 スコアにどんなアプローチすればよいか、オペラはどのように指揮するのか、アンサンブルのバランスをどう保てばよいか、声と音響について知っておくべきこと、そしてどのようにしたら作品について理解し正しい指揮者になれるのか、が本書の説く内容である。

本文は、指揮者が備えるべき素質と教養から書き起こされる。専門教育はもちろん必要だが、なによりも経験から得るものの大きさと、経験を活かせる人間性を重要視する。すなわち「この職業においては、多くのことが、否ほとんど全てのことが学ぶことができ、学ぶことによってのみ身につけることができるのです」というのが、著者にとっての指揮者像であり、人間観である。師のスワロスキーが伝えた「我々は行間ではなく各行の中を読まなければならない」という言葉が著者の信奉するところである。

もちろん指揮技術についての専門的な記述も多いわけだが、名言や逸話が随所に挟み込まれているため、一般読者も退屈せずに読了できるかもしれない。たとえば、カルロス・クライバーがプローベの最中に携帯のコールが鳴り響き、彼は激怒したがそれは彼自身の携帯だったなどの逸話も数多く紹介されている。ヴァーグナー、シュトラウスやモーツァルトなど作曲家に対する著者の思いも率直に吐露され、オペラの指揮についても多くの紙幅が割かれ、著者のオペラに対する愛情のほどもよく伝わってくる。

【目次】
I.専門教育と活動
指揮者になるための条件
指揮は修得するもの
カペルマイスター
命を吹き込む

II.スコアへのアプローチ
アプローチの方法
形式とテンポ
テンポと拍子
スコアの不可侵性
アーティキュレイションと強弱
リハーサルにおける細部の打合せ

III.オペラの指揮とコンサートの指揮
歌劇場とコンサートホール
指揮のテクニック
自己理解

IV.声と楽器
手本は声
カンタービレとベルカント
アンサンブル
V.空間と編成
コンサートホール
オーケストラの配置と編成
デュナーミク
暗譜して指揮すること

VI.歴史と現在
いまどきの指揮者
レパートリー
専門性

VII.リハーサルと本番
準備
予測不能なこと
演出

VIII.ベルカントとヴェルディ
イタリアの伝統
ドニゼッティ
ヴェルディ

IX.ヴァーグナーとシュトラウス
ヴァーグナーのオーケストラ
楽譜について
心理的ポリフォニー

X.モーツァルト
伝統におけるモーツァルト
楽譜の有用性
《フィガロの結婚》
話し言葉とレチタティーヴォ
*参考文献一覧、著者略歴、ディスコグラフィー、音楽用語解説、人名・作品名索引

著者について

ラルフ・ヴァイケルト(Ralf Weikert)オーストリア生まれ。ウィーン音楽アカデミーにて指揮をスワロフスキーに師事。1963 年ザルツブルク州立歌劇場にてコレペティートルおよびカペルマイスターとしてキャリアを始める。1971 年よりザルツブルク音楽祭常任指揮者、1974 年ウィーン国立歌劇場にデビューし、その後115 講演を行う。1975 年カール・ベーム賞受賞。世界各地の主要オーケストラや歌劇場で客演指揮。
※本書では本来の表記であるヴァイケルトの読みを使用しています。ヴァーグナーなども同様です。

東京藝術大学大学院音楽学専攻修了。ミュンヘン国立総合大学第2哲学科にて研鑽を積む。著書に『シューベルトのオペラ』(水曜社)、『まとめてわかる! ドイツ・オペラの名曲』(音楽之友社)、訳書に『ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集』『オペラの学校』『オペラの未来』(いずれも水曜社)、『宗教音楽対訳集成』(共訳 国書刊行会)等。オペラやドイツ・リートの字幕および対訳も多い。元東京藝術大学音楽学部オペラ科、明治大学文学部非常勤講師。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヴァイケルト,ラルフ
オーストリア生まれ。ウィーン音楽アカデミーにて指揮をスワロフスキーに師事。1963年ザルツブルク州立歌劇場にてコレペティートルおよびカペルマイスターとしてキャリアを始める。1971年よりザルツブルク音楽祭常任指揮者、1974年ウィーン国立歌劇場にデビューし、その後115公演を行う。1975年カール・ベーム賞受賞。世界各地の主要オーケストラや歌劇場で客演指揮

井形/ちづる
東京藝術大学大学院音楽学専攻修了。ミュンヘン国立総合大学第2哲学科にて研鑽を積む。オペラやドイツ・リートの字幕および対訳も多い。元東京藝術大学音楽学部オペラ科、明治大学文学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: 水曜社 (2019/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488065471X
  • ISBN-13: 978-4880654713
  • 発売日: 2019/9/23
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,401位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう