中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 MOOK) ムック – 2012/1/19

5つ星のうち 4.6 61件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,234 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



HKT48コーナー
HKT48のDVD・ブルーレイを取り揃えた「HKT48コーナー」オープン。CD、デジタルミュージック、グッズ、本など関連商品も勢揃い 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「AKB48とは、指原莉乃の“奇跡”のことである」――秋元康

撮り下ろしグラビアや2万字インタビューのほか、秋元康氏らとの特別対談、地元・大分への帰郷ドキュメント、書き下ろしエッセイ、母からの手紙も収録。どこにでもいる普通の少女が、アイドルになるという夢を叶えた。指原莉乃の物語は、あなた自身の物語かもしれない――。

<特別付録>
自画撮り“ネタ写メ”ステッカー


登録情報

  • ムック: 164ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063896323
  • ISBN-13: 978-4063896329
  • 発売日: 2012/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,522位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ムック Amazonで購入
 また買ってしまった、サッシーの本。彼女の言葉を借りれば「どうかしてる」としか言いようがない。掲載されてる写真達は『ねこ』よりもドキッとさせられる。2012年刊ということもあってか、初々しいイメージ、二重丸。

 でも今回の目当ては写真ではない。以前から気になって仕方がないことを知りたかったから。それはズバリ、なんでこの子にこんなに惹かれるのか。そうそう、周りにはもっと可愛い子はたくさんいるのに、なぜこの子に視線が行くのか――ってあれである。周囲のコメントや、彼女の言葉、文章に接してみればそれが分かるかもしれない。
 いまやファンの間で語り草にもなっているバンジージャンプの話。1回目は失敗し、再チャンレジを宣言しつつ、2回目もダメ。世間ではそんなサッシーを「へたれ」と称するらしいが、虚勢を張るでもなく全てをさらけ出してしまう一人のリアルな女の子がそこにいる。結局、あの一件で彼女は大ブレーク。回りは「しょーがねーなー」と、彼女を自分たちのテリトリーに引き入れてしまったのだった。これで一丁上がり。
 誰だかのコメントでは、地方公演で「さしはらー!」と絶叫する中坊ファンの話があった。前田のあっちゃんに対して「まえだー」とおらぶのがいたら、それはアンチのはずと。う〜ん、なるほど。ファンから呼び捨てにされるアイドルってそうはいない。サッシーファンはまる
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
アイドルとかAKBとか全く興味も無かったし、知りませんでしたが
表紙の写真に惹かれて買いました。

期待通り、充実したフォトが満載でした。

制服とかスク水の写真は、どこか懐かしい景色と
若い女の子のエロスと、写真家、もしくは読者の妄想を
混ぜこぜした感じで魅力的。

でも、制服とかそういうキャラ付けしたファッションよりも
黒の無地のタートルネック姿に一番惹かれました。
キャラ付けよりも指原さん自体に目が行くから。

アイドルに求められがちな処女性より、生命力やリビドーを感じる写真が多いと思いました。
まあ受け取り方次第なのかもしれませんが。
カメラを真っ直ぐに見据える
意思の強さが潜んだ眼が美しいです。

文章も面白かったです。
いじめの事とか、優しさについてとか、指原さんの考えを知ることができて楽しかった。
自分の考えている事を、10代でちゃんと言葉にできるのって凄いと思う。
読んでいていろいろ考えさせられた一冊でした。
素敵なアートブック。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
私は昔はAKBなんて早く解散して欲しいと思っていました。がこの子の存在で一気にAKBGに嵌ってしまった。
この時は所謂「さしくせ」が終わって「笑っていいとも」のレギュラーになったばかりのさしこ初めてのフォトブック。
写真は当初正直期待していなかったのだが、これはかなり魅せているなぁと思った。予想以上のエロさがありましたね。
彼女はこういうアイドル・アイドルも出来るんだなぁと思わされた。
勿論エッセイや対談も読み応えが充分でした。
そして皆さんご存知であります、その後スキャンダル騒動があって、HKT48に移籍して総選挙1位やHKT48劇場支配人や
明治座で舞台をするなど、このフォトブック当時とは比較にならないぐらい指原莉乃は成長したと思っています。
今やAKBGのTOPになったさしこ。
早く次のフォトブックが出ないかなぁと期待している1人です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
この本は、さしこといわれるAKBの一員、指原莉乃のフォトエッセー集

 さしこ、こと指原莉乃がなぜこんなにも人気があるのか?
世間の注目が集まった昨年の総選挙、指原が9位になった時、なぜこの娘が9位、さえちゃんやW松井より上位なの?
彼女らより特別可愛くないしって感想の人多かったんじゃないでしょうか?

 この本を読めば、彼女のルックスだけではない魅力が理解できると思います。
秋元康氏が彼女はこっちの(構成作家)人間といわすべく企画力、想像力を持っています。
 あと、指原程、自身が周りにアイドルをやらせてもらってる事を自覚してる娘も珍しいんじゃないでしょうか?
自分には特別な魅力も実力もない事は認める反面、でもやっぱり上にいきたいという向上心は旺盛。
 だからこそ、”できるだけやる!”のモットーで何でも全力投球!
 余りに素直、そしていじらしいまでの謙虚さが彼女には漲ります、痩せガエルがピョンピョン跳ねているようです。
だから、つい応援してやりたくなくなります。

 また、世の中、努力が報われない例はごまんとあります。
さして天賦のルックスも実力もない指原が人気者になり出世していく時、
ファンはまるでさっしーを自分のアバター
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック