通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
指一本の執念が勝負を決める がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆帯付き◆【送料完全無料!!】状態良好です。有難うございます太陽堂です。お急ぎ便・コンビニ受取・クレジットカード・ネットバンキング・電子マネー・代金引換にも対応しております。こちらはAmazon専用在庫です。お客様よりご注文を頂き次第、Amazonより迅速に発送がなされます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

指一本の執念が勝負を決める 単行本 – 2007/6/1

5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 指一本の執念が勝負を決める
  • +
  • 結果を出すリーダーはみな非情である
  • +
  • 挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
総額: ¥4,126
ポイントの合計: 91pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本人のライバルは中国、インドのトップ10%
これからはリーグ戦を勝ち抜いた経営者の時代になる
仕事ができるかどうかのポイントは、ストレス耐性
一般解を求める経営者は、答えを先送りする
失敗がないのは、勝負してないことの証
プロフェッショナルは、人間の苦悩と対峙する仕事  ほか

出版社からのコメント

カイシャ幕藩体制の崩壊

もはや現代のビジネス環境では、
20世紀型の「エリート」は求められていない。
代わりに、
21世紀型の「プロフェッショナル」が
求められているのだ。
自ら築き上げてきた適切な価値基準に基づき、
全体最適を考えながら部分最適を判断し、
意思決定して行動できる、本当のリーダーだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 179ページ
  • 出版社: ファーストプレス (2007/6/1)
  • ISBN-10: 4903241491
  • ISBN-13: 978-4903241494
  • 発売日: 2007/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,067位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
企業再生の現場にいるときには、常に携帯して、ページを折り、何度も読み返した本。
本書には何度も救われたと思う。
著者の経験に基づいた本であり、一般の経営書にはないメッセージが多く含まれている。
これからもつらい時には読み返していきたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容は「会社は頭から腐る」とほぼ同じで、これまでの彼のキャリアから得られた経営哲学に関してです。(ただし「会社は〜」の方が範囲が広く、深いです。)
違うのは、語り口です。本書は、です・ます調であるため、著者が目の前で講演しているような感覚です。それゆえ、ところどころに思わず笑ってしまうジョークなども混ざっており、著者の性格が文章に滲み出ています。また短時間で読めます。

【こんな人におススメ】
●「会社は〜」よりざっくりと冨山氏の考えを知りたい人
●冨山氏の講演会に行きたいが行けない人
●雑誌ではない何か、を読みたいとき
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者が表現するようなレベルの再生の修羅場を経験したことはないが、資金繰りの厳しい会社の運営での金策や首切り、旧態依然とした考えに凝り固まった病んだ会社の改革にマネジメントとして関与した自身の少しばかり経験から(反省も込めて)言えば、著者が73-74ページと77-78ページで記述している下記の部分(概略)は正に本質を突いていると思う。
◆ 会社がどの方向性に舵取りしたら良いかは、コンサル会社を雇えば、当たり前の正しい結論を出してくれるが、戦略的な合理性で組織全体を引っ張っていけるか、そういう合意が作れるか、多数派がそれで形成できて、みんながそうなるように、シーソーをぱったんと反対側に倒せるかどうか、そこが成否の鍵であり、難しいところなのです。そして、たいていはそれができないのです。それは結局は人間の強さ弱さの問題だからです。……
◆ 傍から見ていて、なぜ変われなかったのか?・・・というのは簡単です。…..でもここが肝心なところですが….自分が当事者として、いろいろしがらみを背負ってその中にいて、それでも戦略的に合理的な行動ができるのかという話なのです。・・・
厳しい現実を知ることから、勇気を与えてくれる本である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「20代は眠る必要も貯金する必要もない。」

尊敬する会社の上司から頂いた一冊。自分の人生の目的を再考する機会を与えてくれた名著だった。

ガチンコ勝負で仕事しまくって、チームのみんなと一致団結して大きな成功体験を共有する。
どんなに金持ちになろうが、それに勝る体験はない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は20代ですが、本書は手に取るべき価値のある本であると言えます。

それは、達人が究極的に行き着く先は最も基本的・根本的な、人間の精神のである、という解釈が一つ得られるからです。

ただ、本書で言われている精神的な部分を若輩者が語るのは相応しくありません。

なぜなら、著者のたどり着いた結論の裏には、相当な努力と苦労があったからです。

努力や成果に裏打ちされない精神論は全く根拠も深みもなく、それをもって人を動かくことなど到底不可能だと思うのです。

そういった前提を踏まえた上で本書を手に取り、モチベーションづくりに利用させてもらいましょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
産業再生機構のCOOを務めた筆者であるが、東大法学部を卒業しBCG(ボストンコンサルティンググループ)のキャリアがあるから、さぞがしエリートコースを歩んできたのだろうと思いきや、思った以上に泥臭い人生を、自らリスクを背負い込んで生きてこられたことが、本書を通じてよく判りました。
学者やエリートコンサルタントが「経営者には決断力が大事」といっても何の説得力もありませんが、修羅場を通じて会得した著者の言葉には重みがあります。『経営者には「三日間寝不足でも正しい決断が出来る』ほどのストレス耐性は必要」、『いざとなったら社長を辞めさせ自分が「社長をやる」と言うくらい腹を括ってやるのが本当のガバナンス』といったように、心に響く言葉がギッシリ詰まっている、そんな本です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フィリップ2 投稿日 2008/12/20
形式: 単行本
迫力、執念・・・私にはなかなか表現しがたいが、気合を入れられる本。日本企業における所謂エリートは実は役立たずである真実をつきけられ痛快。しかし、そこで終わっては著者の思いを実践したことにはならない。
エリート街道をあえて踏み外して実績を残してきた著者の経験から学ぶことは「艱難辛苦、汝を玉にする」ということ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー