中古品
¥ 1,152
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。hh1245_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

拡張現実感を実現するARToolkitプログラミングテクニック 単行本 – 2008/6

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,151
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

Webカメラの映像と3DCGグラフィックスを融合。最新プログラミングテクニックのすべてを解説。ARToolkitの難しい開発/実行環境設定をWin XP/VistaとVisual C++の各バージョンで詳説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

谷尻/豊寿
京都府京都市出身。京都府立大学農学部卒業後、大手日本酒メーカーに入社。1988年に有限会社メディックエンジニアリングを設立。1995年に株式会社に組織変更をして現在に至る。現在は3次元形状解析ソフトウェア「3D‐Rugle」、およびCT画像データ解析ソフトウェア「Volume‐Rugle」の開発を手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 292ページ
  • 出版社: カットシステム (2008/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877832068
  • ISBN-13: 978-4877832063
  • 発売日: 2008/06
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 559,015位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ARとはAugmented Realityの略で、拡張現実という意味です。
ほかの方にVRと同じだといってらっしゃる方がおりますが、まったく違うものです。
簡単にいうと、部屋のなかで装置をつけると、自分は部屋にいるはずなのに周りがすべて森になり、自分が森にいるんじゃないかと思わせることができるのがVR。自分の周りは部屋のままなのに目の前に熊が現れるのがARです。
つまり、現実を仮想現実と完全に入れ替えようとするのはVR,一部だけ入れ替えようとするのはARです。
映画を例に挙げておられる方がいらっしゃいますが、まったくの間違いです。
スマートフォンやウェアラブルデバイス(グーグルグラスなど)で生きる、これからの技術といえます。
ちなみにこの分野は発展が非常に早く、本書の環境はだいぶ古くなってしまっています。ですが、環境構築だけインターネットで調べれば、のこりはある程度役立つと思います。(そもそもこういう文献が少ないので・・・)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ARとは、AdvancedなVirtual Reality(人工現実感)のことのようだ。
追加になったのは、現実の映像だそうだ。

最近のアニメ映画で現実の人間などの動き(実写)を取り入れているものがある。
のだめカンタービレの楽器の演奏などで、実写を利用しているとのこと。
現実の風景を取り入れているものがあるらしい。

実写の映画でも、一部アニメーションのところがある作品は多いようです。
ハリーポッタシリーズの魔法生物が、実写とアニメの混合のようです。

ARは、実写を入れているので拡張だとのこと。
VRから名前を変える必要があるのでしょうか。
名前を変えて、ソフトウェアや技術を売りなおそうという意図以外に、何かあるのでしょうか。

実用的な技術なのだから、自信を持ってVirtual Realityといい続けが方が信頼されるような気がします。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック