通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 337 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: こちらの商品は佐川ゆうメールの発送となりますので到着までお時間(10日前後)を頂きます。2002年12月25日第1刷発行。折り目有。日焼け有。発送時にアルコール除菌を施しています。中古品のため若干の日焼けやページの折れ、汚れ・シミ、シールなどが貼付されている場合もございます。商品はゆうメールでの発送になります。発送前にこちらからご連絡させていただく場合がございますので、ご了承下さい。5000円以上のご購入で佐川宅配便で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

拉致救出運動の2000日―1996年→2002年 単行本 – 2002/12/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

booksPMP

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 拉致救出運動の2000日―1996年→2002年
  • +
  • 北朝鮮拉致と「特定失踪者」―救出できない日本に「国家の正義」はあるか
  • +
  • 日本が拉致問題を解決できない本当の理由
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 140pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

出版社からのコメント

家族会たちの救出活動を
リアルタイムで記録した貴重なレポート
------------------------------------------
たび重なる陳情に体よく問題を先送りにする政府、外務省。「拉致はでっち上げ」といいつづけた朝鮮総聯。拉致事件を否定する学者、政党。一部を除き、ほとんどこれを報じなかったメディア。それでも家族たちは諦めることなく、街頭に立って支援を訴え、救出を求める200万名の署名を集めました。
本書は横田めぐみさん拉致事件発覚を機につくられた「家族会」(「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会)と、これを支えた全国の「救う会」が北朝鮮に拉致を認めさせるまでの5年におよぶ活動の全記録です。
『現代コリア』誌に連載されたリアルタイムの活動報告をまとめた本書は、だれが事件の早期解明を阻んだのかを明らかにするとともに、こんにちの日本の政治・外交のあり方をも鋭く検証しています。

------------------------------------------
まだ闘いは続いている
------------------------------------------
『拉致事件は5人の方々の帰国によって緒についたばかりです。まだ越えなければならない山がたくさんございます。亡くなった増元るみ子さんの父、正一さんは病床で意識を失う直前、子息である増元照明さんに「わしは日本を信じる。おまえも日本を信じろ」と言葉を残しました。この言葉を胸に抱き、全員の救出のために闘ってまいります。』(「家族会」と「救う会」のアピール、本文より抜粋)

被害者全員を救出するために、いま何をすべきか。本書は5年間の困難な活動の記録であるばかりでなく、帰国実現に向けて最善の道をも指し示しています。多数北朝鮮に残る人びとを救い出し、それをとおして帰国者さらには人権侵害に苦しむ北朝鮮国民を救うためにも、ぜひ本書を御一読ください。

内容(「BOOK」データベースより)

たび重なる陳情に体よく問題を先送りにする政府、外務省。「拉致はでっち上げ」といいつづけた朝鮮総聯。拉致事件を否定する学者、政党。一部を除き、ほとんどこれを報じなかったメディア。それでも家族たちは諦めることなく、街頭に立って支援を訴え、救出を求める200万名の署名を集めた。横田めぐみさん拉致事件発覚を機につくられた「家族会」(「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会)と、これを支えた全国の「救う会」が北朝鮮に拉致を認めさせるまでの5年におよぶ活動の全記録である。『現代コリア』誌に連載されたリアルタイムの活動報告をまとめた本書は、だれが事件の早期解明を阻んだのかを明らかにするとともに、こんにちの日本の政治・外交のあり方をも鋭く問うものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 509ページ
  • 出版社: 草思社 (2002/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794211805
  • ISBN-13: 978-4794211804
  • 発売日: 2002/12/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 882,865位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2005年11月20日
形式: 単行本
コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2003年1月23日
形式: 単行本
コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告