¥ 2,052
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
拉致救出運動の2000日―1996年→2002年 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

拉致救出運動の2000日―1996年→2002年 単行本 – 2002/12

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 拉致救出運動の2000日―1996年→2002年
  • +
  • 日本が拉致問題を解決できない本当の理由
  • +
  • 北朝鮮拉致と「特定失踪者」―救出できない日本に「国家の正義」はあるか
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 216pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

家族会たちの救出活動を
リアルタイムで記録した貴重なレポート
------------------------------------------
たび重なる陳情に体よく問題を先送りにする政府、外務省。「拉致はでっち上げ」といいつづけた朝鮮総聯。拉致事件を否定する学者、政党。一部を除き、ほとんどこれを報じなかったメディア。それでも家族たちは諦めることなく、街頭に立って支援を訴え、救出を求める200万名の署名を集めました。
本書は横田めぐみさん拉致事件発覚を機につくられた「家族会」(「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会)と、これを支えた全国の「救う会」が北朝鮮に拉致を認めさせるまでの5年におよぶ活動の全記録です。
『現代コリア』誌に連載されたリアルタイムの活動報告をまとめた本書は、だれが事件の早期解明を阻んだのかを明らかにするとともに、こんにちの日本の政治・外交のあり方をも鋭く検証しています。

------------------------------------------
まだ闘いは続いている
------------------------------------------
『拉致事件は5人の方々の帰国によって緒についたばかりです。まだ越えなければならない山がたくさんございます。亡くなった増元るみ子さんの父、正一さんは病床で意識を失う直前、子息である増元照明さんに「わしは日本を信じる。おまえも日本を信じろ」と言葉を残しました。この言葉を胸に抱き、全員の救出のために闘ってまいります。』(「家族会」と「救う会」のアピール、本文より抜粋)

被害者全員を救出するために、いま何をすべきか。本書は5年間の困難な活動の記録であるばかりでなく、帰国実現に向けて最善の道をも指し示しています。多数北朝鮮に残る人びとを救い出し、それをとおして帰国者さらには人権侵害に苦しむ北朝鮮国民を救うためにも、ぜひ本書を御一読ください。

内容(「BOOK」データベースより)

たび重なる陳情に体よく問題を先送りにする政府、外務省。「拉致はでっち上げ」といいつづけた朝鮮総聯。拉致事件を否定する学者、政党。一部を除き、ほとんどこれを報じなかったメディア。それでも家族たちは諦めることなく、街頭に立って支援を訴え、救出を求める200万名の署名を集めた。横田めぐみさん拉致事件発覚を機につくられた「家族会」(「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会)と、これを支えた全国の「救う会」が北朝鮮に拉致を認めさせるまでの5年におよぶ活動の全記録である。『現代コリア』誌に連載されたリアルタイムの活動報告をまとめた本書は、だれが事件の早期解明を阻んだのかを明らかにするとともに、こんにちの日本の政治・外交のあり方をも鋭く問うものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 509ページ
  • 出版社: 草思社 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794211805
  • ISBN-13: 978-4794211804
  • 発売日: 2002/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 849,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 昨年、一番大きく衝撃的だったことは北朝鮮拉致問題ですが、本書は「救う会」全国協議会の事務局長である著者がまとめた1996年から昨年2002年までの活動の記録レポート。救出運動はどのように展開してきたか。政府・外務省の問題先送り。拉致事件を否定いる学者や政党についてなど、それぞれ年代別の活動記録と共に、救出運動の障害となっていた部分も明らかにされています。救出運動の活動の大変さ、様々な問題の困難さなど、活動の記録も興味深かったですが、何より事件解決が済んでいないだけに、今後も拉致救出運動を幅広く展開し、早く事件が解決し、拉致された人達が日本に帰ってこれるようになることを願うばかりです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は、1977年11月に、新潟で行方不明に成った横田めぐみさん(当時13歳)が、実は、北朝鮮によって拉致され、同地で生存して居るらしい事が報じられた1996年10月から、北朝鮮が、北朝鮮を訪問した小泉首相に、横田めぐみさんを含む日本人の拉致を認め、拉致被害者5人の「一時帰国」を認めた2002年秋までの間に、拉致被害者の家族と、それを支える人々が行なった活動を語った記録である。 
 本書は、そうした、拉致被害者家族の血のにじむ様な活動の記録であると同時に、日本の政治家、官庁、マスコミ、等が、家族らのそうした活動に、いかに対応したかの赤裸々な記録でもある。その故に、本書を読む読者は、日本の外務省、法務省、政治家、新聞、等が、この問題において、拉致被害者家族に対して、いかに冷たく、無関心な態度を取ったかを知り、怒りを覚えるに違い無い。ほんの一例であるが、1998年の秋に、拉致被害者の家族達が、法務省を訪れた際の、法務省の冷たい対応は、これが、血の通った人間の物かと疑ふ様な、非人間的な対応である。(本書173〜181ページ参照)又、北朝鮮による日本人拉致の疑いが、限り無くクロに近ずいたにも関わらず、一部の政治家達が、北朝鮮へのコメ援助を決定した際の記述は、彼らと北朝鮮との間に、何か特別な関係でもあるのではないか?と、疑はずには居られない物である。
 後世の歴史家は、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告