中古品
¥ 1,595
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより発送】中古のため表紙に多少の経年によるヤケがございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

担保物権法 第3版 (現代民法 3) 単行本 – 2008/1/12

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

複雑精緻と言われる担保物権法をわかりやすい文章と豊富な図表で解説したテキスト。制度・条文の構造や趣旨を最新の実務を視野に入れて明快に解き明かす。会社法や信託法改正に対応,電子記録債権など新制度も検討され,アップデイトされた内容となった。

内容(「BOOK」データベースより)

「担保物権法」テキストの決定版。最新の実務を視野に入れた精緻な理論。著者自身の明晰な思考が全篇を貫く。会社法や信託法、電子記録債権など法改正や新制度に対応。重要判例も新たに追加。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 391ページ
  • 出版社: 有斐閣; 第3版 (2008/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 464113507X
  • ISBN-13: 978-4641135079
  • 発売日: 2008/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,474位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
・基本書のなかでは引用件数NO1.
・内田民法や大村民法の記述の元本的なイメージ。
・担保物権法の突っ込んだ勉強をしようと思ったら、確実に当たることになる。
・内容は深いが、記述は平易。安心して使える。買える。
・教科書というより研究書のほうに寄った内容。道垣内先生自身も、研究をまとめてみた
的なコメントをなさっている。

使い方
 1.大村民法、近江民法をお使いの方が、注釈を追って読む
 2.時間をかけてもいいので、学説の行き着いているところを知りたい
 3.制度的なことばかり(担保物権法の教科書は制度の解説が占めるス
ペース多い)でなくて理論的な検討をしたい
 といったときに活躍する本。
 予備校の解答などでもしばしば引用されているようなので、探究心旺盛な受験生が手を
出したくなることもあるだろう。危険度が高い難解な記述は少ないので、受験生でも読め
ると思う。
 
補足
・先生ご自身は、大変楽しいトリッキーなお方で、本書にもある程度人柄が
見えている。読んでいて、「へ〜結構面白そうなとこもあるもんだね〜」と
思えることもあろうかともう。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、極めて理論的に担保物権法を講じていると思いますが、決して分かりやすい記述とはいいがたいです。
理論ゴリ押しで論述が進み、判例の説明が不十分なので、なにが判例の見解か、又はなぜ判例がそのような結論を採用するか
という大事な点について理解ができないまま終わってしまう可能性があります(たとえば、抵当権に基づく賃料債権の物上代位の可否のところなどを本屋で立ち読みしてもらえればわかると思います)。
なので、この本を読む人はすでに相当の担保物権法の知見を身につけている必要があり、さもなくば読んでも有害無益という結果になる可能性が高いです。
基本書というよりも参考書として使うのが向いていると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
理論が難解で、一文が長いです。初学者には辛い。気付いたら枕になってました。

担保物権を一通り勉強した人がさらに勉強するための本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
担保物権は物権と名の付く法律では難解であるが、道垣内先生はできるだけ平易に書かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
高橋民訴、山口刑法、そして民法は道垣内です。

物事をすっきりと分解して、読者へシンプルに提示しくれます。
本当に、頭の中を覗いてみたいです。まさに天才ですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告