この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

抵抗-死刑囚は逃げた [DVD]

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フランソワ・ルテリエ, シャルル・ル・クランシュ
  • 監督: ロベール・ブレッソン
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: フランス語, ドイツ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2009/02/28
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001NXPI6E
  • EAN: 4523215037433
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,490位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ロベール・ブレッソン監督が実際に起こった事件を基に描いたサスペンス。ドイツ占領下のリヨンでレジスタンスのフランス将校が捕らえられる。監獄に放り込まれ、刻一刻と処刑の日が迫る中、彼は脱獄を試みるが…。無名の学生が主演を演じて話題に。

内容(「Oricon」データベースより)

アンドレ・ドゥヴィニ原作「死刑囚は逃げた」を映画化。モンリュック監獄に捕われた対独工作員青年士官の、独房からの脱獄を禁欲的に描いたサスペンス・ムービー。フランソワ・ルテリエ、シャルル・ル・クランシュほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TomTom 投稿日 2013/12/17
Amazonで購入
1957年カンヌ国際映画祭監督賞。
尋常ではない緊迫感を持った映画です。
観ていると、気づかぬうちに、ぐんぐん引き込まれています。
第二次大戦中、ドイツ軍の収容所から脱走しようとするフランス人、フォンテーヌ中尉の苦闘を描きます。
死が迫った極限状況において、戦争というものの本質を暴き出しています。
脱走の成功は、フォンテーヌの不屈の魂の産物ですが、仲間たちの協力も忘れることができません。
収容所において、社会の縮図のようなものが存在していることを良く描いています。
前作「田舎司祭の日記」に見られたシンプルさは、さらに強化され、禁欲的な映像に昇華されています。
フォンテーヌを演じたフランソワ・ルテリエは、ある種の崇高さすら醸し出しています。
この人は後に映画監督になったそうですが、ブレッソンの演出に良く応えています。
モーツァルトの「ミサ曲ハ短調」の使い方も効果的です。
カンヌで賞を取ったのも、しごく当然という感じがする名作です。
ヨーロッパの観客に、戦争の記憶を生々しく思い出させたでしょう。
次にブレッソンは、日常生活の中に潜む極限状況を描くべく、「スリ」を撮ります。これも当然ながら必見。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
息を潜め、耳を澄ます…。
主人公(と観客)は全編これを続けることになる。 聞こえる音は、靴音・霧笛・鐘の音・壁を叩く音・市電の音・列車の音・自転車の軋む音…。
この映画、4回程度しか音楽はかからない。 会話は最低限、あとはモノローグのみ(そうせざる得ない状況だ)。 禁欲的な描写でアクションはほぼない。
だが退屈している暇は無い。 一瞬の油断も許されない綿密な作業。 静かで淡々と進む映画だが常に緊張感が途切れない。 見ていて(こっちが)疲れてしまうほど。 
まったく無駄がない映画だ。

舞台はナチス占領下のフランス・リヨンのモンリュック監獄。 ナチス抵抗運動で捕らえられた青年が脱獄に挑む。
全編主人公の視点のみで語られる。 観客は主人公とともに少しづつ監獄の状況を知り、脱獄の準備から実行までを目撃することになる。

映画のほとんどが脱獄の準備などの描写に費やされる。(脱獄実行シーンは終盤の約20分弱 ← ここの静かなスリルもいい)
周到な準備やルートの確保(扉の破壊等)は手に汗握る。 何も無いところから少しずつ’脱獄’を組み立てていくスリル。非常に精密な描写だ。
さらに、何時部屋の中を看守に点検されるかという恐怖。 ばれたら銃殺という中、常に生命の危険を感じながら地道な作業を
...続きを読む ›
2 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 素晴師 投稿日 2009/2/28
(PAL原盤)とDVDに表記があるように、本来の再生時間100分より3分短くなっていますので、
購入する際には注意が必要です。

画質に関しては、並。ところどころコマ落ちが見られ、髪の毛のようなものが映りこんだショット
(撮影時のものか、現像時に入り込んだものなのかは不明)も1ヶ所みられましたが、
その他は特に大きな問題はないようです。私見ではブレッソン作品のなかでもL.H.ビュレルが撮影監督を
手掛けた際はクロースアップの場面などで人物をソフトフォーカスで捉えている場面が比較的多いように思えます。
それらの印象も含めて画面構成・音声等を検証・確認する際にも今回のソフト化はありがたい限りです。

映像特典等はポスター画像のみと、寂しい限り。それを補う形でのリーフレットのキャスト・スタッフ
インタビュー等内容は充実しています。アンドレ・ドゥヴニの実話をもとにした原作に対しても
言及され、実在の人物であった作中人物、原作との比較等は興味深く読ませてもらいました。
また、恥ずかしながらこのリーフレットによってブレッソンがカトリックでも異端とされる
ヤンセニズム(オリヴェイラの
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ロベール・ブレッソンの初期の映画。1943年、ドイツ占領下のフランス・リヨン。仏軍レジスタンスのフォンテーヌ中尉は、独軍に捕らえられ、モントリュック刑務所に入獄する。彼は独房に入れられ、死刑を宣告されるが、独力で脱獄をするまでを描いた映画だ。

これはほとんど『スリ』と同じ一人称的モノローグ映画だ。『スリ』がスリ行為の手の動きを延々と描き続けたように、この映画は独房に入れられた囚人が脱獄するまでの準備を延々と行なうだけの映画だ。手の動きを描いたという意味でも同じだ。

冒頭、収監される車から飛び降りるまでの手の動きで始まり、独房に入れられてからは、スプーンを使って扉の板を削って外し、ベッドの針金と布を使っての縄作り。日々繰返される反復の動作の中で、職人技のように手作業で脱獄の道具が作り出される。黙々と続くその作業が描かれ続けるのだ。そして脱獄についての小さなメモは囚人の手から手へと渡される。『スリ』で財布が手から手へと渡されるように。カメラは狭い世界だけを切り取る。それが刑務所内の息づまる空気を描いている。ロングショットはほとんどない。当然会話もほとんどない。囚人たちの目配せの視線と手の動き。脱獄シーンでも脱獄する囚人たちのみを写し続ける。刑務所自体のロングもないし、看守はほとんど写らない。看守が殺されるシーンもいつものように画面の外だ。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック