通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ 単行本 – 2005/3

5つ星のうち 3.4 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,447

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ
  • +
  • 病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」
  • +
  • ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 191pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ガンの三大療法は、見直しのとき―代替医療最前線。「食事」を「水」を「こころ」を「くらし」を変えて。「笑い」とともに「快適に」生きよう!免疫力は飛躍的に向上し…ガンはいつしか消えていく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

船瀬/俊介
1950年、福岡県に生まれる。69年、九州大学理学部に入学。70年に同大学を中退して71年上京し、早稲田大学第一文学部に入学。同大学在学中は、早大生協の消費者担当の組織部員として活躍。学生常務理事として生協経営にも参加した。約2年半の生協活動ののち、日米学生会議の日本代表として訪米。ラルフ・ネーダー氏のグループや米消費者連盟(CU)と交流。75年、同学部社会学科卒業。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加。86年8月の独立の後は消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行う。この間、90年3月と12月にラルフ・ネーダー氏の招待で渡米。多彩な市民・環境団体と交流を深める。温暖化などの地球環境問題、シックハウスなど健康問題、さらに文明論的視点からの鋭い建築批評を展開している。また市民運動の立場から(株)屋上緑化をスタートさせた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 花伝社 (2005/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763404377
  • ISBN-13: 978-4763404374
  • 発売日: 2005/03
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 252,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「あなたは抗がん剤を投与しないと、あと3ヶ月しか生きられないかもしれません。」
毎日、どこかの病院でがん患者やその家族がこんな理不尽なムンテラに脅かされている。
医者は「病院の売り上げや自分の業績、権威のための実験台になってください。」といった本音を決して患者には言わない。
 抗がん剤治療や放射線療法・手術で患者を殺しても、非難され訴えられたり、医師免許を剥奪されることはほとんどなく、逆に遺族には「よく尽くしていただきました」と感謝されてしまう。

 本来不必要であるはずの抗がん剤を多く使い、ほっといてもわるさしないような癌の手術をしたがる医者ほど「○○がんの名医」「○○癌の病院ランキング」などと学会やマスコミに祭りたてられる。欧米の医学や医療産業
に洗脳された自称「癌の専門医」は「自分は癌難民の救世主なんだ」という倒錯した使命感に恍惚を抱き、利権まみれの癌医療の洗脳されてしまって、正義で善人であるはずの自分が殺人を扇動していることに気づいていない。

 これらの似非専門医が癌の縮小効果を早く出す為だけに、多剤の抗がん剤投与や放射線療法の併用がおこなわれている。このような「味噌くそ一緒くた」にした併用療法の横行によって、副作用や医原死の原因である薬剤や放射線障害が究明できない構造になっている。
...続きを読む ›
2 コメント 134人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かつて,肝臓の調子が悪かった時に薬漬けにされて,一層ひどくなってしまったので,東洋医学で治してもらったことがあります.それ以来,西洋医学に盲目的に従うことができなくなりました.

著者の船瀬さんについては,ネット上でトンデモ本の執筆者としてたたかれているのを見かけますが,船瀬さんの本は決して役に立たないものではないと思います.この本でいえば,
1.合理的な部分がある程度含まれている:抗がん剤を使うと髪の毛が抜けたり,嘔吐したり,内出血をするが,これは毒を体外に排出しようとする働きである
2.医師に盲従することの危険性を提示している:自分の症状や治療方針について,「患者自身で」考えることの重要性を指摘している
3.代替療法の紹介を行うことで,抗がん剤・放射線・手術以外の道を知るきっかけを与えてくれる

などの点です.一方で,
4.「医師―製薬会社―厚生労働省」の癒着や利権を強調しすぎている:謀略を印象付けるために,記事を極端にデフォルメしているように読めなくもない
5.表現の仕方が過激である:読者が客観的・冷静に読むことが難しくなる

という問題もあります.「既存の状況を打破するためには,過激な書き方をする必要がある」という著者の気持ちは痛いほど分かりますが,それによって本に
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この内容には反発する人が多いと思います。でも事実なのです。昔の育児本は「日光浴」を奨励してましたが今では真逆になりました。栄養学で食物繊維は無用の長物とされていましたが、今では六番目の大事な栄養素として認められました。常識は変わるのです。従来の常識にとらわれず、アタマを空っぽにして事実を見るべきです。医療が日進月歩しているのに、何故我が国のガン死亡者数が増え続けているのか?同じく増え続けていたアメリカでは何故、減少に転じたのか?1985年のアメリカ国立ガン研究所所長の議会証言が発端でした。カンの悪い患者は生き残れません。
1 コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は本の引用、医者へのインタビューの引用、添付文書の引用が非常に多く、それをもとに今の癌治療はなっていないと煽っている本です。こんなに引用が多くて、船瀬俊介氏の著書と言えるのでしょうか。次のような医療現場を知らない発言もみられます。
「じっさいの医療現場では、その抗癌剤の薬品名すら絶対と言っていいほど患者に教えない。」
投与する抗癌剤の薬品名は投与前に患者に言うのが普通です。薬品名を聞かれて答えないということはありえません。
「SIADH症候群(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)はそんな病名は聞いたことがないというガン専門医が大半である。」
SIADHは一般医や医学生でも知っていることです。
「大半の医者は添付文書すら読んでいない。製薬メーカーの営業社員が手渡す説明書やパンフ類をチラチラ見ながら猛毒抗ガン剤を患者に投与する。」
抗癌剤は特に副作用が強い薬剤のため、医者も非常に慎重になっています。単にチラチラ見て投与するなどということは普通はありえません。なお船瀬俊介氏は添付文書のコピーを患者に手渡すことを厚生大臣に要望したとのことですが、添付文書をまとめた「治療薬マニュアル」や「今日の治療薬」という本が出版されています。医者がよく参照にしている本です。一般人でも簡単に書店で買うことができます。こういう本を参照したらどうで
...続きを読む ›
2 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す