中古品
¥ 250
中古品: 良い | 詳細
発売元 万華鏡堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし カバーに軽いスレ&ヨレございますが、全体的に良好な状態でございます。Amazon.co.jp商品と同様のお支払&受け取りがご利用になれます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方 単行本 – 2007/4/6

5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【買ってはいけない投信と本当に買うべき投信がわかる!】

日本の投信は問題だらけです。
金融機関で配布されるきれいなパンフレットや
親切そうな営業トークにだまされてはいけません。
人気の投資信託にはプロの仕掛けた巧妙なワナが
たくさん隠されています。

本書では、オールカラーの広告例と豊富な図版を通じて
「投信のワナ」の見破り方を解説し、その後に数少ない
良質な投信の活用方法をやさしく解説しました。

世代別の投信活用事例もついていますので、シニア層から
若者まですべての世代におすすめの一冊です。
(編集担当:加藤)

著者からのコメント

この本は、「本で、もっと、世界にいいこと」Chabo!(チャボ)への参加書籍です。印税の20%が世界中の被災民・難民への教育・自立支援にあてられます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2007/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478000247
  • ISBN-13: 978-4478000243
  • 発売日: 2007/4/6
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 431,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これから投資信託を本気で始めようと考えているのですが、他の本と合わせて、複数の方の
本も読んでおいた方が良いかな?と思い、手に取りました。

実際、他の方とは若干投資信託の買い方が異なる部分もあり、参考になりました。既に他の本を
読んでいて、少しは基礎知識があったせいか、1時間くらいで読めましたし。

ちょっと残念なのは、昨年の本なので、著者がおすすめの内容がそのまま現在には当てはめられ
ないという点でしょうか?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
初心者にとっては読んでおいて損はない書籍です。

ノーロードで、信託報酬が安く、インデックス連動タイプ、細かく配当もらうより最大限複利の効果を得られるものを選びましょう。などという主張で書かれていますが、どれもこれから勉強する初心者にはいいアドバイスのように思います。

惜しいのは、本文では「ファンド オブ ファンズは信託報酬が高いなどの理由で駄目」と切り捨てているのに、この本が完成した頃にセゾン投信の「バンガード・グローバルバランスファンド」が発表されたらしく、急遽コラムという形で「セゾン投信のファンド オブ ファンズは運用状況がよいようであればオススメ」と追加されており、ちょっとチグハグ感を感じるところ。それにより全体の主張がちょっとぼやけています。

こういった書籍は鮮度命ですね。迷っている方は早めに読まれる事をおすすめします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
○良い点

 1.投資信託の基本的な仕組みを図解入りでやさしく解説しているところ。

 2.購入してはいけない商品例も広告の例を示して解説しているところ。

 3.おすすめの商品例を年代別、ネット使用の有無別、同一金融機関で購入する場合など

   バリエーションに富んだ説明をしているところ。

○悪い点

 1,比較として示した外貨預金の為替手数料例において、ネットバンクを考慮していない

   ためやたらに高く、誤解を与える。

 2.コストを重視しておすすめの商品を紹介しているが、受託銀行の保管管理手数料、有

   価証券取引税、委託手数料などを考慮すると割高となる商品がある。これらの信託報

   酬以外の手数料の存在やその調べ方を示していない。

 3.説明不足が多いため、例えば以前のレビューにあったような、「毎月決算型でも再投

   資すれば一年決算型と同等」との誤解を与えやすい。

○結論

 初心者が投資信託の仕組みを理解する場合やネット環境下にいない人が投資信託を始める
...続きを読む ›
1 コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
投信を始めようかどうしようか迷っている人に、一読をすすめます。前半では、既存の銀行や証券会社が販売している投信の罠について述べています。要約すると、「手数料の安く、信託報酬も低いネット証券で、インデックス投信を買う」でしょうか。既存大手のかたが読まれると、気分を害されそうな内容です。

大筋は、勝間和代さん著「お金は銀行に預けるな」と符合していると思います。この本では、どこのサイトから、どの組み合わせの投信がおすすめかのメニューまで提示してくれています。そのまんま買うこともないでしょうが、具体的な例示は大いに参考になると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の内容の本質を一言で言うと「コストの高い投資信託は買うな」ということ。
さらに付け加えると、資金の投入時期は分散し、異なった性格(アセットクラス)の商品を組み合わせた方が一般的に考えてリスクは下がる、という当たり前のことが書いてあるだけ。
「だけ」だが、本書の読者対象を考えればその意味は大きい。逆に言うと、既にこうした知識がある人にとってはほとんど無意味であり、細かい点を指摘しようと思えばつっこみどころもある本という印象。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 私はすでにFPに相談をして投資信託を購入したりしているので、投資信託(と長期投資)についてひととおりのことは知っているつもりだったのだが、自分が一番多く買っている金融商品の知識としてはまったく十分ではないなあと本屋でこの本を見かけてふと思ったので、買ってみた。

 結論から書くと、よくできた本だと思う。私がFPから学んできたことの多くが、きちんと説明されている。

 冒頭の約1/3は「買ってはいけない」投資信託の解説。
 投資信託は一部の投資関係の本では「(初心者には)システムがわかりにくい」「自分でコントロールがしにくい」「コストが高い」等と評判が悪いが、ここを読むとそう言われる理由がよくわかる。

 次の1/3は、ではどういうものを買ったらいいのか、という解説。
 基本的には手数料の安いインデックスファンドを買いなさいというお話だが、投資信託におけるチェックすべき手数料など目論見書の項目の解説や、分散投資についてもちゃんと解説されている。

 残りの1/3はさらに具体的に、口座の開き方などと年代別のおすすめの投資方針になっている。

 読みやすいし、堅実な資産形成を志す人にはお勧めの本だ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー