この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

投資の王道 単行本 – 2003/3/29

5つ星のうち 4.0 40件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 9,515 ¥ 985
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

個人投資家から絶大な信頼を得ているカリスマ・トレーダー新井邦宏氏が、株式投資におけるテクニカル分析の知識を体系的にまとめ上げた入門書。テクニカル分析の原理、分析手法の分類、ケーススタディによる分析の実際など、基礎的な知識から実践テクニックまでを1冊でマスターできる。
 インターネットの普及で個人投資家もプロなみの投資環境を手に入れることが可能になったが、正しい知識がないために失敗する投資家が後を絶たない。そのような状況のなかで「日本人のためのテクニカル分析の基本テキスト」として本書の意義は大きい。
 巻末には「デモ版 株の達人 for Windows」(セブンデータ・システムズ社提供)のCD-ROMを同梱。買ったその日からパソコンで個別銘柄のチャート分析が可能。

内容(「BOOK」データベースより)

投資のプロの実践ノウハウをこの一冊に凝縮。日本人投資家待望のテクニカル分析完全ガイドブック。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 491ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2003/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822243141
  • ISBN-13: 978-4822243142
  • 発売日: 2003/3/29
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196,314位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書はテクニカル分析の教科書であると同時に、新井邦宏さんの相場哲学書です。

本書が説くポイントは以下の点です。

1.テクニカル分析の基本は主要な高値・安値の確認。ポイントとなる価格帯をブレイクするかどうかを地道に確認する作業。

2.トレンドに乗ることが安全な投資。トレンド・フォローが基本。

3.逆張り、ナンピンは危険。

4.オシレータ系のテクニカル指標は無用。

5.大負けしない為にはロスカットが重要。

6.ロスカットには逆指値が必要。ストップ・ロス・オーダーを使うことで大負けを防げる。

7.買い(売り)出動においても逆指値が必要。

8.チャートはローソク足(日足)、移動平均線、ボリンジャーバンド(σバンド)、一目均衡表で十分。基本的な道具を使いこなせば戦える。

本書のポイントを押さえて株式投資を行なえば、少なくとも大負けすることは無くなると思います。トレンド・フォローに徹し、トレイリング・ストップで利益を追求し、ストップ・ロス・オーダーでリスクを限定すれば、資産を増やすことも夢ではないと思います。

株式投資で実際の売買経験の無い方には、本書は若
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は株式投資でテクニカル分析で勝つために書かれた本ではなく、テクニカル分析で負けないようにするための本です。
いかにして負けを少なくするかということを重点的に書かれています。
損ぎりの重要性についてしつこいぐらい丁寧に書いています。
大損をすれば市場から退場しなければいけないので、長く投資を続けていきたい人にはぴったりです。
脚注や用語の解説まで丁寧に出来ていて著者の繊細さや初心者への気配りが感じられます。
トレンドフォロー系の指標を重点にかかれていて、基本的なローソク足や移動平均線の見方がマスター出来ていない人には参考になるでしょう。
一目均衡表などの著者が重要とする指標は日本においては重要な役割を果たしているので読んで損はありません。
オシレーター系の指標は否定されていますが「投資苑」という本を読めばフォローできるでしょう。
それに「投資苑」においてもオシレーター系の指標はよく間違ったシグナルを出すということが述べられており、まずはトレンドフォローを理解するべきということを感じました。
移動平均線乖離率とか難しい指標を使用する前に、この本で基本をマスターしてよかったです。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
儲けることよりも「損をしない」ことに重点を置いた、非常に実務的な株式投資入門書。自分が危ない局面に入ったらとにかく逃げることが大事で、「危ない」ということを知るためにテクニカル分析が必要だと説く。とかくいかがわしさが付きまとうテクニカル分析だが、この本を読むと、テクニカル分析はディフェンスという目的のために合理的に使うべき道具だということがハッキリわかる。ファンドマネジャーとして痛い目にあった実体験に裏打ちされた、実務的な株式投資の教科書として読み応えがある。「逆指値取引」が決して「逆」でないという解説も非常に参考になる。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
5つ星ですが、これを読んだからといって明日から含み損がなくなるわけではありません。
曰く、「誰でも知っていることを知らずに売買したり、知っているのに自分だけ無視して売買することは、損失を被る可能性を自ら高める自殺行為」とあります。
ローソク足の解説などもあり、初心者でも理解できる内容だとは思いますが、ある程度の投資経験を持ってる方にお薦めです。
テクニックではなく、基本をこの本から学んでください。
基本に忠実に売買することが相場で利益を上げることに必要なのです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/27
形式: 単行本
トレンドの流れに乗って利益を追求し、危なくなったらすぐ手仕舞う。その作業を自動的に繰り返していけば大損せずに利益が残る。ルールに自動的に従うだけで「何も考える必要はない」とまで筆者が言っているのが印象に残った。結局、その自動的な作業を愚直に繰り返すことができないから、自分も含めて大勢の投資家が損を重ねているのかもしれない。勉強になります。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー