中古品
¥ 575
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 下野の国書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー良好。中身はヨレ、汚れ、書き込みなく良好です。 万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、 Amazonの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に 対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

投資の王道・実践編 日経平均先物取引 単行本 – 2004/12/9

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 475
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

デイトレーダー必読書!
ネット投資家の間で人気沸騰中の「日経225先物取引」で
着実に利益を積み上げるための基礎知識と実践技術を凝縮。
リスクを最低限に抑えながら利益を最大化するための売買テクニックを、カリスマ個人投資家・新井邦宏ならではのクールな語り口で伝授します。
付属CD-ROM「株の達人 for Windows」「株の達人マルチチャート for Windows」でいますぐチャート分析可能。
大好評の投資入門書『投資の王道』シリーズの第3弾。

内容(「BOOK」データベースより)

究極のテクニカル銘柄「日経225先物」で利益を上げ続けるための知識と技術を凝縮。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 260ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2004/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822243885
  • ISBN-13: 978-4822243883
  • 発売日: 2004/12/9
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
実際に日経225ミニをはじめてみましたが、とても役に立ってます。事前に新井さんのテクニカル分析の本も読みましたが、相場が今荒れているので(2008/10〜11)、テクニカル分析のシグナル待っていると出遅れてしまうことがわかりました。ローソク足、一目(ポジションの確認ぐらい)、あとはドル、ユーロの為替、CME、米国市場やニュースを目を通してやってます。

実際にやってわかったことは本に書いてあるとおり、最低限のテクニカル分析、売買のタイミング、損切りができれば、そこそこやれることがわかりました。

まだ先物やっていて、うまく勝てないのなら、まず読むことをお勧めします。
スキルは、分析だけでなく、売買のタイミング、お金の管理や、相場参加者の心理など、この本に書いてあることを、理解してみることをおすすめします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日経平均先物の売買をしたいと思っている方にとっては必読書でしょう。かつては証券会社のファンドマネージャーとして裁定取引を豊富に経験し、現在は個人として実際に先物の売買を手がけている著者ならではの説得力ある一冊です。先物の商品特性、テクニカルを使った売買の手法について初心者にもわかりやすく記述されています。裁定取引についてのやり方が書かれていないと厳しい見方をされている方がいらっしゃるようですが、本書はあくまで個人投資家向けの啓蒙書です。機関投資家の裁定取引担当者むけに書かれた本ではありません。(著者の著作はいずれも、相場をやるなら当然知っておくべき知識・手法を解説した個人むけの啓蒙書として書かれています。)そもそも個人投資家で日経平均225銘柄を全て、(あるいはそれに準じたパッケージの形で)購入して先物売り&現物買いの裁定オペレーションができる方など(資金量から)極めて極めて少数でしょう。
なお裁定取引についての一般的な知識、現物株に対する影響(先物主導で現物の裁定買いが入ったとか、先物主導で裁定解消売りが起きたとか、SQって何?といった現物株しかやらない方でも知っておいた方がよい基礎知識)等については本書と併せて著者の「チャートブック週足集の見方・使い方」(基礎編)を読むと理解が深まるでしょう。
相場の基本はトレンドフォローと損切の徹底であることを著者の他の著書同様に力説されています。扱うものが先物であっても基本の大切さを認識させてくれる良書です。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
投資の王道シリーズ第3弾。今回は待ちに待った日経平均先物編です。日経平均先物とはどのようなものかとゆう説明以外は1、2作目と主張されていることは一貫されていると思います。投資する商品が変わっても相場の基本は同じなんだなあと思いました。投資の王道とゆうのは無くて基本をしっかり身につけ忠実に実行していくことこそが王道なのかも知れないと改めて思わせる著書です。「株で何億・・・」とゆうような本を何冊も読むより投資の王道シリーズを何回も読みなおし実際の相場で検証していくことの方が上達する近道。否、王道だと思いました。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 先物を含む金融派生商品の役割は現物を抱えた投資家のリスクヘッジを提供することと認識しています。それはレバレッジの高さ(低コスト)、限月制(サヤ、ロールオーバー)に代表される現物相場にない固有の制度を見れば明らかでしょう。
 本来ヘッジングの場として設けられた先物取引を本書は個人にはスペキュレーションの場としてしか紹介していない点「少ない証拠金で大きな利益を得ることが出来る」「裁定取引はプロの世界だだから素人には関係ない」に厳しい評価をつけさせていただきます。
 日経225先物のチャートを見ているとしばしば、寄り付きから窓を空け、価格が飛んで開始します(現物の225と先物225の日足を比較していただくと一目瞭然)。投機の場として先物指数相場は一般の現物株式と比べ荒っぽい相場つきです。CMEのNikkei225がその主犯であるのですが・・・。そのような相場で少額資金の個人が、筆者が主張されるトレンドフォロー戦略を行うとどうなるか?ギャップによる損切りが連発してすぐに追証がかかることが目に見えています。それを防ごうとすれば、イブニングセッション、さらにSGXやCMEでトレードを行う必要があります。
 金融先物相場の機能紹介における誤り、トレンドフォロー戦略適用の誤りがあるうえ「投資の王道」というタイトル。これが日本経済新聞社から出版される不思議さ。一般個人
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告