この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


抑うつと自殺の心理学―臨床社会心理学的アプローチ (日本語) 単行本 – 2010/12/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥5,800
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「臨床の経験則」と「実証研究理論」、「メンタルヘルス向上のための臨床実践」と「メンタルヘルスの社会的パースペクティヴ」、「再発予防のメンタルヘルス・ケア」と「再発因子を特定するデータ分析」は、いずれも対立なく宥和する。社会のなかに発生因をもつ「抑うつ」と「自殺」への心理援助は、社会心理学の知見を応用することで初めてその目的を完遂する。社会心理学と臨床心理学の「境界領域」から、ふたつの心理学が技術と知見を分かちあう可能性に賭け、相互補完的に真の人間理解・真の心理援助へと向かうことを提言する、新たな時代の総合的アプローチ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坂本/真士
日本大学文理学部教授。1966年横浜生まれ。1990年3月東京大学教養学部教養学科第1人間行動学分科卒業、1992年4月東京大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)、1995年3月東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(博士(社会心理学))。1995年9月~1998年8月科学技術特別研究員(国立精神・神経センター精神保健研究所)、1998年9月~1999年3月大妻女子大学人間関係学部設置準備室専任講師、1999年4月~2003年3月大妻女子大学人間関係学部専任講師、2003年4月~2008年3月日本大学文理学部助教授、2008年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 362ページ
  • 出版社: 金剛出版 (2010/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772411666
  • ISBN-13: 978-4772411660
  • 発売日: 2010/12/1
  • 梱包サイズ: 21.4 x 15.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 954,815位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう