通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
技術屋が書いた会計の本 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂きありがとうございます。★注文が確定されてから1~3日ほどでゆうメールにて発送の予定です。☆カバーや表紙の装丁など出版年月日及び版数が掲載されている画像や商品詳細等と異なる場合がございます。☆帯や特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。☆中古商品となりますのでスレ・傷・日焼け・汚れ・破れ等はある場合がございます。☆特典やCD等は付属していないものもありますので、必ず購入前にご確認の連絡をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

技術屋が書いた会計の本 単行本 – 2015/12/22

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 794

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 技術屋が書いた会計の本
  • +
  • モノづくりを支える「管理会計」の強化書-技術者こそ読んで欲しい「お金」と「原価計算」の基礎知識-
  • +
  • 生産技術革新によるコストダウンの強化書
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

製造業の利益率向上のために必要な原価管理や損益管理の知識、管理会計・戦略会計の入門書。
著者は、多くの製造業のモノづくりの現場でコストダウンや生産革新を実地に推進してきたエンジニアでありながら、原価計算を深く研究し、公認会計士の資格をとって有限責任監査法人トーマツにも勤務していた異色の経歴を持つコンサルタントです。
その経歴を活かし、会計知識のない人にもわかりやすい管理会計・戦略会計の本ができました。
在庫管理や原価管理などのしくみ、考え方について、現場の人間が抱く疑問を一つひとつ解決していく構成で、いつの間にか事業活動に活かすための会計のあらましがわかるようになっています。
生産技術者をはじめ、製造業に携わるすべての人に読んでいただきたい内容です。

内容(「BOOK」データベースより)

目指すは製造業の利益率向上!本書はそのために必要な「会計知識」の入門書です。生産技術課の若手社員・高杉君と、一緒に学んでいきましょう!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 秀和システム (2015/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798044717
  • ISBN-13: 978-4798044712
  • 発売日: 2015/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 325,600位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2016/5/14
形式: 単行本
2016年5月14日現在、星5つつけている方4名は、
この筆者の本しかレビューしていません。
4名中2名がレビュー1つでこの本のみ。
残りの2名がレビュー2つでこの本と、同じ作者の本の2つのみ。
もちろん全ての評価が星5つです。

あからさまなステマをして購入者を欺かないと売れない本、
つまりこの本はその程度の本ということです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ええ、ステマする人なの?

確かに、ステマかもしれませんね。だって星5の方々の文章のくせがほぼ同一ですもの。。
ステマするような人が関係して出した本なんだ。ではこの本も、会計を使って人を操縦する方法ですってこと?会計はできても心構えの卑しさが感染するのは嫌だから、立ち読みして中身を確認してから買います。真っ当ならちゃんと買います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 o-shin 投稿日 2016/12/27
形式: 単行本
新入社員およびプロジェクトファイナンス初心者を対象にしているならば、分かりやすくていいと思います。
ただし、会計の基本的な項目は他の良書に譲ってもよかったのかなとも思いました。
技術屋ならではの視点で説明がされているかというと、?です。
架空のプロジェクトファイナンス案件(再生可能エネルギーなど)をもとに、スプレッドシートで前提条件がこの規模であるならば、この発電容量で、単価がこれだけで、人件費やプロジェクト管理費がこれだけで、結果IRRがこれだけで・・・の算出をしてみるという練習問題があってもよかったのかなと思いました。
IoTについても、PoCの段階から会計についてにどのような注意を払えばプロジェクトがうまくいくのか?の技術的であり、かつ、具体的な話があればよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
技術者出身の公認会計士さんが書いた会計の本とのことで、興味をもって購入しましたが、期待以上の満足度でした。
単なる机の上だけの会計理論ではなく、製造現場のための目線で書かれており、
「工場で創り出される付加価値をいかにして高めるか」
「そのために会計ができることは何か」
この点に関するたくさんの示唆をいただくことができました。
日本の製造業復権のために是非一読することをお勧めいたします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告