日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? - New Color Grading -

 (208)
7.150分1995G
1993年、テレビドラマシリーズ『if もしも』の一作品として放映されるや、“岩井美学”とも称される独特の映像美も相俟って大きな反響を呼び、岩井俊二監督は本作でテレビドラマとしては異例の第34回日本映画監督協会新人賞を受賞。テレビドラマとして放映されてから20年以上が経った今なお、世代を超えて愛され続けている。アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開を記念して、独特の映像美をあますことなく堪能できるNew Color Grading版の登場です。
監督
岩井俊二
出演
山崎裕太奥菜恵反田孝幸
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると7日でレンタルが終了します。

体験期間後はAmazonの日本映画NET (¥550/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

提供
Rockwell Eyes Inc.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

208件のグローバルレーティング

  1. 64%のレビュー結果:星5つ
  2. 19%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 6%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

電池式2017/10/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
青春の儚さとは
確認済みの購入
ざらざらした埃っぽい映像と90年代の垢抜けない服装、暗い理科の実験で映し出される横顔、スラムダンク、ストⅡ、全て懐かしさに溢れていて、思わずにやけてしまう。女の子と一緒にいるところを見られるの、なにより恥ずかしかったなぁ。プールで奥菜恵が去って行くときの、輪郭が見えなくなって、ぼやけて消えていく、カメラは不自然に揺れて、青春の何とも歯痒い心の動揺が、ほんとうに、ほんとうにうまく伝わってくる。お祭りも花火も、わっと盛り上がって、、、あっけなく終わってしまう、儚いなぁ。感嘆ばかりになってしまった。
54人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Nora2017/11/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
青い夏
確認済みの購入
青い... 見ている間鳥肌立ちっぱなしでした。
見ているこちらが恥ずかしくなるほど初々しいというのも一つですが、長らく感じていなかった部分を刺激されたような感覚が鳥肌の発生に至ったのだと思います。
純粋な気持ちでものを見たり人と接するのは、なんだか恥ずかしいですが、人として成長するのに欠かせない感情の過程です。
そしてその時に得た経験は大人になっても忘れないし、いわゆるその人の人生の基盤、あるいは心の拠り所のようなものになると思います。

現代日本のどのくらいの子供たちがこのような真っ直ぐで率直な感情を裸の状態で(電子機器を介さないで)経験することができているのか..とふと映像の中の”古き良き日本”と比べて考えてしましました。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
半熟サムライ2017/11/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
奥菜恵を観るだけでも価値がある
確認済みの購入
もちろん、話としても秀逸ではあるけれど、やはり多くの方が言うように、このときの奥菜恵を観るだけでも価値はある作品。すごく危ういバランスの上に立っている美しさがあるよ。目を奪われる。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2018/08/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
小学生だからこそ映える
確認済みの購入
なんでアマプラに?と思ったらアニメ映画やってたんですね。
子供の頃の再放送で好きだったドラマですが、この話は初めて見ました。夏の日に観て正解でした。
今では見れそうにない、日焼けもしてないドウランのっぺりでない日焼けで真っ黒の子供たち、
垢抜けないながらもありえないほどの美しい少女なずな。
打ち上げ花火に象徴させたものを思うだけで目が潤みます。
全てが刹那で終わる美しい時間なんですね。
小学生のバカな会話、すぐ起こってはすぐ収まる喧嘩、”恐い”なずなの母親、現実味のない将来設計、
お化粧、引き返す・・・親に無断で子供だけで電車に乗る背伸びもできない。
性的なものはないのにどこか誘わしげなふしぎな少女の魅力も含めて小学生ならではの純粋で綺麗な話ですね。
アニメ映画観てませんが中学生にしては家出、男女に一気に生臭さが沸くので違うのではと感じます。

2学期に下から見た花火がどんなだったか彼はなずなに教えてあげるつもりだったんだろうな、とか。
どんなつもりでなずなは嘘の約束をしたのかな、とか。
喧嘩しながら総スカンしたはずの仲間のいうとおりの横から見た花火のかたち、
そこからまた彼らにどんな言い合い(2学期にはすぐ忘れてしまうだろう)がされるのだろうか。
様々な想像の余地と余韻を残したまま夏の小学生たちの刹那の1日を本当に見事に書いてました。
これがドラマから生まれたのはすごい。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
M4RNGR2018/07/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
とにかく美しい作品
確認済みの購入
1993年にドラマとして、1995年に映画として公開された作品。

自分が主人公たちとほぼ同世代だからか、映像に現れる当時の雰囲気がとても懐かしく感じられ、もう2度と戻らない時の流れに郷愁を覚える。あんな小さいブラウン管のTVを見てたなぁとか、友達と集まってストIIやってたなぁとか。色々なことを思い出して、まるで自分の小学生の頃を見ている気分になる。なんと幸福な時代だったんだろう。

小学生の夏休みの1日を描いた作品で、あらゆる美が凝集された素晴らしい作品。映像も音楽もひたすら美しい。文句なく岩井俊二の大傑作だ。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
カントリージェントルマーム2017/10/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
stand by me に近いものを感じた
確認済みの購入
他の映画に似ているというのは監督からしたら嫌かもしれませんが、自分はstand by me が好きなので観てよかったです。
何が似てるんでしょうね。分からないけどなんとなく思い出しました。
奥菜恵がかなりいい味出してますね。いやー、まいった。そりゃあね。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
serorino2018/09/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
青春時代を思い出します
確認済みの購入
岩井俊二監督が好きなのでこちらの映画を見ました。当時ドラマを見ていたかもしれませんが、
全く記憶にありません。恐らく子供よりも大人になってから見たほうが感じることが多い作品だと
思います。

ヒロイン役の奥菜恵は初々しい演技ですが、容姿は大人びており、少年たちが心惹かれる気持ちは
よく分かります。対照的に少年たちは打ち上げ花火は横から見たら丸いのか平らなのか、という
くだらない話で盛り上がります。少年時代の何でもない疑問やふっとした思いつきで行動する心理を
うまくとらえたストーリーと花火を含めた映像の美しさは素晴らしいものがあります。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
T.M2018/09/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
今ではありえない、古き良き世界(ネタバレあり)
確認済みの購入
まず特筆する所が奥菜恵。少し演技がおぼつかないところも含めて一見の価値ありです。
内容としては、最後のシーンでなずなが主人公に2学期にあえることを楽しみにしているという嘘をつきますが
今であればスマートフォンやSNSを利用する事で転校後も容易に繋がっていられるのであまり切ない気持ちにならないと思います。
正直、携帯電話が出てきた時代あたりから便利になった一方、恋愛を軸にした話を作る際に、すれ違いや駆け引きを行いにくくなったなーと思います。そのため、この時代の恋愛小説や漫画、映画などに比べて、現代のものはより内容が複雑であったり安易に死を取り扱ったりすることが多いなと感じます。この世代の方もそうですが、若い世代の方にも見ていただきたい作品です。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示