¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
手話を言語と言うのなら がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

手話を言語と言うのなら 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/16

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,290

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 手話を言語と言うのなら
  • +
  • 淋しいのはアンタだけじゃない 2 (ビッグコミックス)
総額: ¥2,000
ポイントの合計: 32pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

手話の公認は世界的な潮流であり、現在日本でも「手話言語法」制定への動きが活発化している。しかし、日本での法制化の状況は,むしろ日本手話の危機言語化につながるものと危惧されている。「手話は言語」と声高に叫ばれるわりには、世界の他国と異なって「言語」であることの意味が認識されていない。ろう者と日本語話者が、「手話が言語と言うのなら」何が考えられるべきかを、多方面から問題提起するブックレット。

著者について

森壮也(もり そうや)
JETROアジア経済研究所開発研究センター主任調査研究員、元日本手話学会会長

佐々木倫子(ささき みちこ)
桜美林大学名誉教授

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 112ページ
  • 出版社: ひつじ書房 (2016/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894768291
  • ISBN-13: 978-4894768291
  • 発売日: 2016/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 0.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 129,204位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
今井参議院議員のTWITTERでの紹介で、この本を知った。
やや専門的ではあるが、この本の提起した問題は大きいと思う。
私個人の意見では、もう一歩踏み込んで、
  「聴覚障がい者に対するカウンセリング」
などの論点で、感情面のコミュニケーションを行える、手話のスキルを備えた人材の育成の議論、
逆に、学問などの論理的な情報の授受に関してどこまで手話で行うべきかの議論も行ってほしいと思った。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
はじめ、本書を延べ1ヵ月余り、断続的に2回、公共図書館から借りて読もうと努力したが、どうも専門的過ぎてわからず一旦断念した。

その間に日本手話を、ネイティブの先生(ろう者)に教わりはじめた。 
その過程で私は、「日本語対応手話」と「日本手話」が別物であることが分かった。
すると、苦労しながら拾い読みしていたこの本の内容が、急速に理解できるようになったのだ。
そこで図書館で借りていた本は返却し、自分でアマゾンから取り寄せた新本が今日届いたので読み始めた(難しい本は、自己所有でないと集中して読めないタチである)。

挨拶や一般的な表現を幾つか身につけたところで、私の仕事(損保で医療調査を担当している)で聾の患者さんに会ったとき、一番使いそうな、『どこが痛いのですか?』という手話表現を覚えたかったので、インターネットで拾ってきた画像(イラスト)を先生に提示して教えてもらった。  はじめ、先生は少し困惑した表情で、一通りそのイラストの動きを説明してくれたのだが、それに続いて、『わたしたち、ろう者はこれだけでわかります』と示してくれた。
実は、そのイラストは「日本語対応手話」だったようで、(単)語がたくさんある。  日本手話は2つの動きだけで、私(聴者)にとっても日本手話のほうが、ずっとシンプルで分かり易いので
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
筆者のみなさんの「本気」を感じた。
手話に関わりを持つ中で常に感じていることは「手話」を表現しても、受け手が「日本手話の話者か」、「日本語対応手話の話者か」で異った捉え方をされることが少なくない、ということだ。
単に「手話」を普及させるだけでは、日本手話を望む人はもちろん、日本語対応手話を望む人にとっても弊害となるのかもしれない。それぞれを異なった情報としてとらえ、はっきりと分けて考えることが必要だと言うことを本書を読んで改めて感じた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
秋山先生の第6章は、冷静で将来への展望や課題が見えて、読んで納得だった。他はすでに言い古された内容が多く、残念。。もう内輪向けの批判はやめて、成果を表明する時ではないだろうか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告