通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
手紙 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

手紙 (文春文庫) 文庫 – 2006/10

5つ星のうち 4.2 457件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 手紙 (文春文庫)
  • +
  • 秘密 (文春文庫)
  • +
  • 白夜行 (集英社文庫)
総額: ¥2,559
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

商品説明

   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

   武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。

   1999年に刊行された『白夜行』以降、著者は『片想い』 『トキオ』など、連載小説という発表形態を通じて、読み手を飽きさせないだけのストーリーテリングの実力を確実に身につけてきた。新聞連載された本書も、バンドデビューや窃盗事件などの出来事を積み重ね、そのつど揺れ動いていく直貴の心の危うさを巧みに演出しながら、物語を引っ張っていく。しかしながら読み手は、たえず居心地の悪さを感じずにはいられないだろう。なぜなら、直貴に向けられる差別は、私たち自身の中にも確実に存在するものだからである。「差別や偏見のない世界。そんなものは想像の産物でしかない」と言い切る直貴の言葉が、ずっしりと心に響く。(中島正敏) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 428ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167110113
  • ISBN-13: 978-4167110116
  • 発売日: 2006/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 457件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
大好き!東野圭吾さんはもちろん素晴らしい作家が、これは東野さんの本の中で高品質です!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作品では、尽くに服役中の兄から受ける仕打ちともいえる様な、それがまた人それぞれの持つ価値観の違いから
もつれて、複雑化させて主人公である人間を苦境に立たせます。
これも人生、儚くもあり、こんなにも残酷なものでもあるのかと?自分と重ね合わせてみてもマッチする部分が一つとして見つからない歯がゆさも豊かに描かれています。
自分なら?ここでなら? そんな苦渋の決断ばかりに、ここぞのタイミングで主人公に訪れてくる陰湿さは、見ていて悲しくもなってくるものですwwwこの作品は東野作品の中でもナンバー5に入る人気作なようです。私にはそれほどではありませんでしたが(笑)
手紙 (文春文庫)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
東野圭吾先生の作品を読むのは、この「手紙」が第2作目です。
東野先生フアンのかたから、強く薦められてこの本を読むことになりました。

この作品を読んでまず感じたのは、登場人物の人格や人間味溢れる「営み」が、しっかりと造形され、描き出されていること。
むろん、冒頭から中葉そして結末までに至る緊張感ある場面展開も、著者一流の筆さばきを感じさせるものでしたけど。
主役から、ほんの端役に過ぎない人たちまで、「彼ら・彼女らが、実際に世に存在したら、こういう人物であったろう」と読者を納得させるような、リアリズムに裏打ちされ、かつ著者の深い人間洞察を感じさせるような人物描写に、唸らされました。

それから、刑務所の兄から俗世の弟宛に送られてくる手紙文も、つい読み入ってしまうほど惹きつけられました。
文字通り社会生活から隔絶された刑務所に棲む人間なら、このように著したであろうと感じさせるような、せつせつとした内容ながらも、その一方で俗世での弟の筆舌尽くしがたい世間の壁との戦いにはまるで無頓着な便りも、そのひとつひとつが物語に強いアクセントを効かせているように思います。

理屈っぽいレビューになって恐縮ですが、この本を手に取り、通読して、心地よい疲労感と満足感を覚えました。
兄も、弟も、読者
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海漢 投稿日 2013/8/6
形式: 単行本 Amazonで購入
発売日には届いていて読みました。愛読者の書き込みは無意味でしょうがいい作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
世の中の理不尽さを集約したような作品。
最後に手を合わせ打ち震える兄の姿に胸が熱くなった。

世の中でたった二人っきりの兄弟の絆を引き裂く世間という私刑を表現している。もちろん発
端は兄の短絡的な行為によるものであるが、あまりにもお粗末であり、私も同じような兄がい
たらだんだんと憎しみも湧き上がって来るであろう。

しかし私はこの物語にもうひとつの側面を感じた。
出来の悪い兄と違い弟は頭もよく歌もうまく顔もそこそこ良い生まれである。これは努力の差
ではなく、生まれ持ったもなのであり、世間一般の兄弟姉妹の間でも良くある話だ。その出来
の悪い兄が弟を羨むことももなく、ただ一生懸命に働いてなんとか弟を大学にいれてやりたい
という気持ちの高ぶりが最悪の行動をもたらしたのだろう。

一方弟は次のステップに上がる寸前でいつも兄が犯罪者である故その道を塞がれてしまい、兄
を疎ましく思い憎しみさえ感じるようになってゆくが、これはある意味当然なのだろう。
しかし、もし兄が犯罪者で無かったのなら弟は無難に幸せを掴んでゆくことができたのだろう
か?という疑問が読み終えて私の胸に残る。

出来の悪い兄は犯罪者でなくとも、自身の成
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まずは、この小説を書いた「東野圭吾氏」に敬意を表したい。 この小説は「人間社会は差別なくしては皆生きていけないのではないか」と鋭く問いかける。 また、肉親の絆、人生を共有し、心を共にした兄弟の其々互いに思いやる気持ち、しかしそのような誰もが描くやさしくて、ほのぼのとした夢描く人生が、生まれてきた環境に多くが起因し、破壊されていく。主人公の直貴は、図らずも、自身に原因はないのに次々に大きな壁に阻まれてしまう。その根拠は「差別」であった。 この物語は、単に強盗殺人の兄をもつ弟の葛藤を描いたものではないと思う。 人間は本質的に「いやらしい生き物ではないのか」と私自身に問いかけられているような気がする。 人間にはあらゆる場面で、どうにも制御できない「差別意識」が存在し意識、無意識のうちに日常生活のなかで具体化させているような気がする。そしてその結果は、あまり良い気持ちに自分自身もならないし、また周囲の者も同様であると思う。 また、悲劇が襲う場合もある。 私自身(私は年取っている)このようなことに正面から対峙すれば、もっと良い人生が遅れたと後悔もする。 ただし、この本は生き方の回答は示していない。個々の気付きを期待しているのではないか。特に若い人、いや、年取っていてもよい、人間関係がうまくいかないと悩んでいる人、男女を問わずお薦めしたい本である。きっと周囲との関係が今より改善したり自身も有意...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー