通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
手紙 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

手紙 (文春文庫) 文庫 – 2006/10

5つ星のうち 4.2 454件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 手紙 (文春文庫)
  • +
  • 秘密 (文春文庫)
  • +
  • 白夜行 (集英社文庫)
総額: ¥2,505
ポイントの合計: 163pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   本格推理から学園ミステリー、パロディー小説や絵本など、さまざまな作風で読者を魅了しつづける著者が、本書でテーマに据えたのは、犯罪加害者の家族。犯罪が、被害者や加害者だけではなく、その家族にまで及ぼす悲しい現実を見据えた意欲作である。殺人犯の弟という運命を背負った高校生が成人し、やがて自分の家族を持つにいたるまでの軌跡を、大げさなトリックやサスペンスの要素を用いることなく、真正面から描ききっている。

   武島直貴の兄・剛志は、弟を大学に入れてやりたいという一心から、盗みに入った屋敷で、思いもかけず人を殺めてしまう。判決は、懲役15年。それ以来、直貴のもとへ月に1度、獄中から手紙を送る剛志。一方で、進学、恋人、就職と、つかもうとした人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって、その手をすり抜けていく直貴。日を追うごとに、剛志からの手紙は無視され、捨てられ、やがて…。

   1999年に刊行された『白夜行』以降、著者は『片想い』 『トキオ』など、連載小説という発表形態を通じて、読み手を飽きさせないだけのストーリーテリングの実力を確実に身につけてきた。新聞連載された本書も、バンドデビューや窃盗事件などの出来事を積み重ね、そのつど揺れ動いていく直貴の心の危うさを巧みに演出しながら、物語を引っ張っていく。しかしながら読み手は、たえず居心地の悪さを感じずにはいられないだろう。なぜなら、直貴に向けられる差別は、私たち自身の中にも確実に存在するものだからである。「差別や偏見のない世界。そんなものは想像の産物でしかない」と言い切る直貴の言葉が、ずっしりと心に響く。(中島正敏) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 428ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167110113
  • ISBN-13: 978-4167110116
  • 発売日: 2006/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 454件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
東野圭吾先生の作品を読むのは、この「手紙」が第2作目です。
東野先生フアンのかたから、強く薦められてこの本を読むことになりました。

この作品を読んでまず感じたのは、登場人物の人格や人間味溢れる「営み」が、しっかりと造形され、描き出されていること。
むろん、冒頭から中葉そして結末までに至る緊張感ある場面展開も、著者一流の筆さばきを感じさせるものでしたけど。
主役から、ほんの端役に過ぎない人たちまで、「彼ら・彼女らが、実際に世に存在したら、こういう人物であったろう」と読者を納得させるような、リアリズムに裏打ちされ、かつ著者の深い人間洞察を感じさせるような人物描写に、唸らされました。

それから、刑務所の兄から俗世の弟宛に送られてくる手紙文も、つい読み入ってしまうほど惹きつけられました。
文字通り社会生活から隔絶された刑務所に棲む人間なら、このように著したであろうと感じさせるような、せつせつとした内容ながらも、その一方で俗世での弟の筆舌尽くしがたい世間の壁との戦いにはまるで無頓着な便りも、そのひとつひとつが物語に強いアクセントを効かせているように思います。

理屈っぽいレビューになって恐縮ですが、この本を手に取り、通読して、心地よい疲労感と満足感を覚えました。
兄も、弟も、読者
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画化もされて、いまはどこの本屋さんにも平積みになっているベストセラーだが、やはりそれだけのものがある、とすべて読み終わってそう思えた。

強盗殺人犯の弟として生きていく、というところに遥か自分とは遠い世界を思っていた。

しかし、その世界は決して遠いところにあるものではなく、自分のすぐ隣、身近にあるものだった。そう気付かせてくれる小説である。「強盗殺人」というもの自体、多くの人にとっては縁遠く感じているものだが、この小説に出てくる人物は決して特別ではない。直貴を繰り返し繰り返し苦しめてしまうのは周囲の人物に違いはないのだが、特別に嫌な性格の人物たちが集中しているわけではなく、自分の胸に手をあててみてもいろんな面で理解可能な周囲の人たちの行動の連続なのである。

様々なきっかけを読んだ人に与えてくれる小説である。

「手紙」は、考えていた以上に、ずっしりとたくさんの気持ち、書く人読む人両方の気持ち、を運んでいた。
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現在、服役中の弟へ毎月三冊の本を差し入れしているのですがこの本だけは差し入れしようか一年悩んでおります。
東野さんの作品は好きで何冊も送って弟も気に入ってもらえてるんですが、この本を読んでどう感じるかを考えたら送る決心ができません。
実際、弟からの手紙は主人公の兄の様にあっけらかんとした内容で出所したらこう生きていきたいだの前向きな内容です。
私の弟の罪は小さいにしろそう言った問題でもないので、残されている家族の大変さを分かってもらいたい反面絶望してしまうのだろうかと心配になる部分もあります。

なので、私としては最後は希望を持たせて欲しかったと思います。
しかし、このラストだからこそ犯罪を思いとどまる人もきっといると思います。

とりあえずまだ送るのは止めておくことにします。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本が発売された当初に人に借りて読みました。それからずっと心に残り続けた本でした。そしてついに自分のものにして、今また読み直しました。
とても素晴らしい本です。 
 犯罪者の兄を持つ弟が、社会の中で強盗殺人犯の弟として、いわれのない差別を受け続けます。自分は何もしていないのに、夢も諦めることになり、好きになった人と一緒になることもできない。理不尽極まりない社会に憤り、兄を恨み、社会を恨み・・・。
 読みながら自分も差別をし続ける世の中に憤り、腹が立っていました。ただ犯罪者の兄がいるだけで彼自身は何もしていないのに、なぜそうまで将来を閉ざされ、差別を受けなければならないのか、と。しかし、読み進む内に悲しくも自分の中にも人を差別する心があること、異なる者を排除しようとする心があることを知ることになりました。
 小説では、彼の勤め先の社長の言葉として、社会の差別について語られます。とても説得力のある言葉でした。きっと真実だからでしょう。世の中の人は大概が幼い頃から差別はいけないものだと教えられます。だから例えば、この小説のように犯罪者を家族に持つ人が自分の周りにいたとしたら、差別をしてはいけないと思ってしまう。その感情こそが差別である。
 考えてみればわかることでした。しかし、あまりに差別はいけないと教えられてきたので、その感情に無意識
...続きを読む ›
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー