通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book store 24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜 単行本 – 2007/12/28

5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 996

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
  • +
  • 「手紙屋」
  • +
  • 君と会えたから・・・
総額: ¥4,709
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介


「何のために勉強するんだろう?」
「何のために大学に行くんだろう?」
だれでも一度はそんなふうに思ったことがあるのではないでしょうか?

この本の主人公「和花」は、部活と友だち付き合いに明け暮れる高校2年生。
夏休みを目前にしたある日、進路のことで父親と衝突してしまいます。

大学に行きたいけれど、成績が足りない。
勉強しなきゃと思うけど、やる気になれない……。

そんな和花に兄の喜太朗が紹介してくれたのが、謎の人物「手紙屋」。
十通の手紙をやりとりすることで、夢を実現させてくれるというのですが……。
モヤモヤした今の気持ちを吹き飛ばしたい一心で手紙を書き始めた和花が、
「手紙屋」とのやりとりを通じてどのように変わっていくのか?
勉強の本当の意味とは? その面白さとは? そして、夢を実現するために本当に必要なこととは?

ベストセラー『君と会えたから……』『手紙屋』の著者が満を持して贈る、渾身のメッセージ。
「手紙屋」からの『未来を拓く10の教え』が、自分らしく生きたいあなたの明日を変えてくれるはずです。

出版社からのコメント

高校生の時にこの本に出会っていれば、もっと自分の世界が広がったのに...。
それが、『手紙屋 蛍雪篇』の原稿を読んで、最初に思ったことでした。
当時、おそらく多くの受験生たちと同じように、大学合格を目指して必死に勉強していた私。でも今振り返ってみれば、「受験のため」だけの勉強は、そのとき限りのものなのです。
あの時、この本に書かれていたことを知っていれば、受験勉強を自分らしい未来を拓くための礎にできたはず。大嫌いだった日本史も、もっと楽しく勉強できたはず。そう思うと、正直悔しいです。
だからこそ、この本を一人でも多くの高校生や中学生に、ぜひ読んでみてほしい。そして、子どもを持つお父様方やお母様方、また教える立場の先生方にも、ぜひ読んでいただきたいのです。
「手紙屋」がくれる温かい手紙が、「学ぶ」ことの本質と、その面白さを教えてくれます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488759612X
  • ISBN-13: 978-4887596122
  • 発売日: 2007/12/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
受験に悩む女子高生が、「誰にでもその時代に悩む悩み」
を「手紙屋」といわれる人と10通の文通を繰り返し、その悩み
対する返事を咀嚼し、一人の人間として成長していく。

「勉強」とは何か?

「何のために大学にいくのか?」

果ては、「人はなぜ働くのか?」

「人は、一生勉強して成長し続けなければならない」

と人から言われるのではなく

「自分は、一生勉強して成長し続けたいと思うようになる」

そんな気持ちにさせてくれるかもしれない一冊です。

タイトルからすると受験生を対象に書かれた本のように

思えましたが、実際読んでみると受験生はもちろん、

年齢に関係なくお勧めできます。

「成長」は人の一生のテーマだからです。

就職編(僕の就職活動を支えた10通の手紙)を先に読んでから

この本を読むと就職編の最後がより一層楽しめると思います。

〜〜〜〜〜本の中身からちょっとご紹介〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ある物を買いたいために、アルバイトをしたいという主人公、和花。
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いっきに読んでしまいました。
とても読みやすい文章です。
作者の他の本も思わず注文してしまいました。
それぐらい作者の人生観・勉強観に賛同してしまいました。
「勉強は自分の為にするという」100%信じていたことが、丁寧にその皮をはがされました。
「人の役に立つために勉強する」という偽善的とも受け取れる考え方に心底共感します。

この本は、我が子が成長したときにぜひ手にとってもらいたい一冊です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
勉強がしたくなる本。
もちろん、学校の勉強だけが勉強ではない。
将来、人のため、社会のために、役に立てる自分であるために。
まずは、勉強を通して自分を磨くことで、その努力の結果として何かの役に立てる自分を発見した時から、人生が光り輝く。生きる意味を見出すことが出来る。
その喜びが、更に自分を磨く力となる。自らを磨こうとする意識と強い意志がある限り、人間はいくつになっても成長出来る。そして、そんな個人の成長が社会の成長と密接に関わってくるだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「なぜ勉強するのか?」

勉強が嫌になったり、勉強に乗らなかったり、逃げたかったりするときに必ず浮かんでくる逃げ文句。同時に点数や合格のためだけにする勉強が批判される中、よくされる質問。

きっと誰もが一度はその文句が浮かんだことがあるはず。

そして、保護者や教育者である場合、その質問をされて困ったこともあるのでは?

この本には誰にでもよく分かり、納得できる答えが書かれていると言っていいと思います。

それだけでなく、勉強がむしろしたくなってくるような内容も書かれていてモチベーションが上がってくるのがよく分かります。そして、きっと誰もがこの本の中で勉強が肯定されているのを嬉しく感じると思います。

私は教育関係の仕事をしているので、勉強する側として読むのと同時に、教育者としての視点からも読ませて頂きましたが、世の中の全ての同類の職種の方(スポーツなどの指導をしている方々も含む)に読んでほしい…いや、その本人や指導している人たちのためにも本当に読んだほうが良いとススメたい内容でした。

また、学生、指導者にとどまらず、学生の保護者にも読んでほしい内容です。なぜなら、学生が保護者の養育下におかれている場合、最大の影響力を持っているのは誰がなんと
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
喜多川さんの本は、本と出合えたご縁に感謝せずにはいられない本ばかり。

3冊目の手紙屋につづくこの本では、「勉強すること」について深く考えさせられます。
ああそうか、そうだよね、と主人公の和花ちゃんと一緒に、自分も考え、
同じように、もしかしたら、ちょっとは違うのかもしれないけれど、心が変化していく
ことができます。
学生時代に出逢いたかった本ですが、今でもここから学ぶことは沢山あります。

本当に読んで良かった、この本に出合えてよかったです。ありがとうございます。

手紙屋とセットで是非読むことをお勧めします♪
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック