通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
手元供養のすすめ―「お墓」の心配無用 (祥伝社新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き 全体に薄ヤケ、ヨゴレ、最終ページにはがし跡あり。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

手元供養のすすめ―「お墓」の心配無用 (祥伝社新書) 新書 – 2007/7

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 手元供養のすすめ―「お墓」の心配無用 (祥伝社新書)
  • +
  • 葬式は、要らない (幻冬舎新書)
総額: ¥1,598
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

手元供養とは、故人の遺骨や遺灰をオブジェやペンダントにして、身近に置いて供養するものです。毎日見られる、いつも肌身離さずにいられるので安心だし、悲しみより楽しさがでてくる、と評判です。現代のお墓事情は、以前とまったく変わってきました。遠いところのお墓参りに行けなくなったり、夫と一緒の墓はいやだとか、そもそも高いお墓など買わないといった人が増えているのです。本書は、手元供養を中心に、「樹木葬」「散骨」「本山供養」など新しいカタチの葬送について具体的な例をあげて、考えていくものです。いざという時のために、いまから準備を。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山崎/譲二
1949年、愛媛県松山市生まれ。日本大学理工学部を卒業後、セゾングループのまちづくりプランナーとして、全国のニュータウン造りにかかわる。阪神大震災、父の死などをきっかけに供養のしかたに関心をおぼえる。手元供養というネーミングをし、会社を興し、またNPO手元供養協会会長として、全国をとびまわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 203ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2007/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396110774
  • ISBN-13: 978-4396110772
  • 発売日: 2007/07
  • 梱包サイズ: 16.8 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 472,949位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
▼死者を手元で供養するということは、死後も愛する人と一緒にいる喜びとともに、愛する人が亡くなった辛さを毎日受けとめ、自分自身もいつか死を迎えるという厳粛な事実を日々考えることでもある。▼しかし、死を、隔離するのでなく、私たちの日常の一部とし、自分にも必ず来る事実として受けとめることで、はじめて、「生と死の全体像」を感じながら毎日を生きることになる。『手元供養のすすめ』からは、著者のこのようなメッセージと生き方が伝わってくる。▼著者は、魂の輪廻転生を信じ、死への恐怖がないと言いきる。私は、著者の明るい死生観に微笑み、ひとつの生命が、個人の存在でなく、受け継がれるべきものであることに思いを馳せ、子どもを失う親の辛さをおもい、理不尽な幼い犠牲が続く今の社会への憤りを深めた。▼本著は、手元供養のみでなく、「エンディングノート」をすすめ、様々な葬送の方法も記している。哲学的な思考に誘いながら、同時に、実際的な死と生への対応の仕方を伝える稀有な「実用書」である。この世にあろうと、過ぎ去ろうと、愛する人とよく生きようとする思いをもつすべての人に薦めたい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
お墓を作る、作らないとは別に、様々な理由から遺骨を手元に置いて故人をしのぶ、新しい遺骨の取り扱い。手元供養グッズの販売者による著書というのがちょっと気になりましたが、商品の紹介に偏ることなく、著者自身の経験から、手元供養の良さについてまじめに紹介されていると思います。手元供養を選択する人は、徐々に増えていると聞きます。手元供養について興味はあるが、何か罪悪感のようなものを感じている人は読んでみるといいと思います。また他の遺族の説得にも参考になると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 葬儀や供養について宗教により異なる為に、亡くなった人の考えをあくまで尊重するべきだが、葬式や墓・供養が故人の為というよりも、結局は故人の遺族の為に行っている様に思われる。世間体を気にしたり、確かな根拠の無い習慣やしきたりに従ったり、自分(遺族)が死後に入る所が在るという安心感が得られる為等。それらの事が、本当に故人の為になっているとは限らない。遺族が自分の都合の良いように、納得して信じているだけかもしれない。少なくとも従来からの高価な葬式や墓は間違いで、戒名や位牌に掛ける金額によって死後の行く先が決まってしまうと言う理屈は、昔のカトリックの免罪符と同じで、腐敗に値すると思う。又、人間の手によって死者を供養する等は、人間の傲慢・思い上がりでもあるように思う。供養とは死者の霊を治め鎮めるもので、呪って出て来ない様にする為のもの。キリスト教においては供養と言う概念は全く無く、其れを行う必要は無い。キリスト教においては、霊魂は神の許に行っているとされ、墓は其の入り口に過ぎない。他にも「千の風になって」という歌にも在る様に、それではお骨・お墓はどうでもよいと思えるのであるが、プロテスタントの教会等では、独自の納骨堂に故人の遺骨を大事に治めたりしている。もう一つ曖昧に感じる。差別化を図った江戸時代に、身分の高く無い庶民は公に苗字を名乗る事が出来なかった訳で(公文書である宗門人別帳への記載を許...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐渡 香 投稿日 2013/10/22
形式: 新書 Amazonで購入
役たった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す