中古品
¥ 633
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯がありません。カバーに少し汚れがあります。中身は書き込みや折り目もなくきれいな状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

手の大きいお嫁さん―私の韓国語小辞典 単行本 – 2006/6

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 633
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“ええかっこしい”で、せっかちで、濃くて熱い人々―それが韓国人。大家族主義の韓国家庭に嫁いだ著者が、暮らしのなかの言葉を軸に、韓国人と日本人の価値観、行動様式、人間関係の違いをユーモア溢れる筆致で綴る。言葉を学び、違いを味わう痛快ハングル・エッセイ集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

戸田/郁子
愛知県豊橋市生まれ、学習院女子短大卒。1983年より韓国に留学、延世大韓国語学堂、高麗大で学ぶ。韓国人と結婚して大家族主義の韓国家庭に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 279ページ
  • 出版社: アートン (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486193043X
  • ISBN-13: 978-4861930430
  • 発売日: 2006/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 805,119位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
戸田さんの韓国への愛情ある毒舌振りがとっても小気味よく、とってもおもしろいです。

私のように長く10年以上韓国が好きで韓国文化に触れてきた人が見ると、「そうそう、わかるわぁ〜(爆笑)」と共感でき、まだ韓国文化に触れて間もない人にとっては「へぇ〜そうなんだ〜」と新しい発見があるでしょう!

また、エッセイとしてだけではなく、ところどころに出てくる韓国語は、まさに韓国人が使う生きた韓国語。教科書では勉強できない貴重で新鮮な韓国語を勉強する事もでき、韓国語中級以上の方の学習書としても優秀だと思います。

読書を楽しみながら韓国語も勉強できる、まさに一石二鳥の本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本を手に取ったのは、「スッカラ」という韓国の雑誌の日本版にのっていたエッセーが、切れ味よく、面白おかしく、韓国と日本の違いを描いていたのを読んでから。それも、子育て中&長男の嫁&仕事も持っている 主婦の観点からで共感度大。 日本との生活習慣、文化の違いに驚き、あわて、それに楽しみながら対している様は、「がんばれ‾」と言いたくなります。

 以前友人に「韓国語は、習い始めてしばらくはぐんぐん上達するけど、あるときから本当に難しくなるのよね、ネイティブじゃないとわからない感覚みたいなものがあるのよ」と聞いたことがあるのですが、その意味がよくわかりました。

おもしろかったのは、気質の違い。「なくてもあるふりをするハングックサランと、あってもないふりをするイルボンサラン」・・・ふむふむ・・・と。強引に押し通す様も、押し通しきれば、賞賛さえ受けるそうで、ここも違うよねと思います。

 言葉、道徳、食、表現方法、気質など、著者が生活から実感したいろんなエピソードを交えながら進んでいくので、読みやすく感じました。

 ドラマやスターから・・・もいいけど、あちらの国を理解する手助けになる一冊と思います。

おもしろかった♪ですよ^^オススメです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
韓国語を学習している人におすすめ、と何かの雑誌にあったので探したところ
こちらのサイトで発見。

筆者が韓国人と結婚し、韓国で結婚生活を送る中であったいろいろな出来ごとを
活きた韓国語表現を交えながら書いたエッセイです。

表現などは辞書に載っていない、調べにくいこともあり、とても為になります。
ただ、筆者は韓国での暮らしが長いからなのか、日本や日本人に対する評価が
韓国人寄りかなと思って???と思う箇所もありましたので
私は☆3つにしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momota 投稿日 2017/3/18
形式: 単行本 Amazonで購入
なるほどね~と思われるような日本人目線の楽しい話がたくさん詰まっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告