通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2006/10/31

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 戦闘城塞マスラヲ〈Vol.2〉神々の分水嶺 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • 戦闘城塞マスラヲ〈Vol.3〉奇跡の対価 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥1,966
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界を賭けた「聖魔杯」開催!
職なし金なし未来なしの川村ヒデオがゴミ捨て場で拾ったものはウイルスまみれの古びたパソコン。人間にも感染するというこの最悪の電子精霊ウィル子に叱咤激励されヒデオは最強の称号を賭けた「聖魔杯」に挑む。

内容(「BOOK」データベースより)

無職で貧乏、宅配便の受取さえ緊張する対人恐怖症のヒデオ。ひきこもっていた彼は電子精霊のウィル子に焚きつけられ、究極の武闘大会「聖魔杯」に挑む。優勝すれば世界が手に入るこの大会に武闘家、軍人などの格闘スペシャリストと、吸血鬼をはじめとする魔人あわせて3,024人が集結。人生の一発逆転を賭け、ヒデオは風吹きすさぶ戦闘城塞に降り立つ。「負け犬、返上!」無差別級バトルロイヤル、ここに開幕。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/10/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044266115
  • ISBN-13: 978-4044266110
  • 発売日: 2006/10/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 391,136位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
私はこの本を取ったのはたまたまだったので、前作については全く予備知識ありませんでした。
ヒロインのウィル子のキャラが面白くツボにはまったため読みましたが、4巻自時点までの感想はよくあるラノベ、普通に面白いレベルでした。
しかし4巻ラストから最終巻である5巻ラストまでの展開が熱い!
特に5巻のラストバトルのシーンは今まで読んできたラノベでも屈指の熱さがあります!
正直、序盤の主人公のネガティブ具合が合わないと言う人もいるかもしれませんが、この主人公だからこそあの凄まじいラストがあるのだと言えます。
これから読む人は騙されたと思って5巻まで読んでみてください!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品は最初に読んだときにはそこまで期待はしてなかったんです。
そして一巻読み終えた時の感想も「まぁまぁおもしろかった」ぐらいだったんです。
ですが全巻読み終えた時にはこの作品は自分の読んだ作品の中でトップ3に入るぐらいに評価が変わっていました。
最初はギャグとして読んでいたのですが後半の展開には鳥肌がたち、涙まで出ました。
これだけは言っておきます。読むのなら絶対全巻読んでください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作お・り・が・みの続編にあたる作品です。

ストーリーとしては、対人恐怖症かつ目つきが悪いという「ひきこもり」―ヒデオが、
「電子精霊」―ウィル子とペアを組んで「聖魔杯」と呼ばれる武闘大会に挑む・・・
というものです。

「無差別級バトルロイヤル」な大会進行はもちろんみものですが、
大会を通じてのヒデオの精神的な成長が描かれていることで、
物語が単調になっていない点もイイと思いました。

また、個性的な人物が多く登場し、展開も奇抜なものですが、
林トモアキさんの軽快な文章と上手く合わさってとても読みやすく、
ストレスなく楽しむことができました。

ファンの方は前作からのつながりもあり、もちろん楽しめます。
この作品からという方も問題なく楽しめますので、
「続編」という言葉を気にせず一読してみて下さい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お・り・が・みの続編にあたる今作。

前作同様、話に勢いがありひじょうに読みやすい作品になっていると思います。

単独でも充分楽しめる内容となっていますが、前作を読んでおけば

ニヤリとする部分が沢山あり、更に楽しめることは間違えないでしょう。

蛇足ですが、林トモアキさんの「ばいおれんす☆まじかる」も読んでおけば

「お・り・が・み」と「戦闘城塞マスラヲ」の登場人物の意外な接点に

驚かされること間違えなしです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
1巻感想「なかなか面白かったけど凡作かな?次巻も一応読んどくか」
2巻感想「あれ?ひょっとしてそれなり以上に面白いんじゃないかこれ?3巻も読まねば」
といった具合に巻を重ねるごとに評価が上がっていく作品。
できるだけ余分な情報なしで読んで欲しいのであまり細かいレビューは避けますが、
ライトノベル好きならぜひ一度は読んで欲しい作品です。
もちろん娯楽小説ですから、好き嫌いはあると思いますが...
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作の「お・り・が・み」と比べると、かなり読みやすいです。前作では話の舞台が次々変わっていくので少し読みづらい部分もありましたが、この「マスラヲ」ではストーリーがとてもシンプルになっていて、しかもテンポよく進んでいくのでサクサク読めると思います。ちょっとした空き時間に読むにはぴったりの作品ではないでしょうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これは、面白い。
何の能力も持たない主人公が、よく分からないバトルロワイヤルに参加して勝ち残っていく話なのだけれども、周囲の人間が馬鹿すぎて、笑える。
笑える一方で、確かに目つきが悪くて何もしゃべらない奴が、強い相手に一回でも勝ったら、自分も騙されてしまうかも知れないなあ、と思ってしまう説得力。

主人公が酔った勢いで
「僕は……神だ」
とか言い出すシーンで、とうとう耐えきれなくなりました。大笑いです。

良い作品に出会った。
これは一級品のコメディのような気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー