この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦艦ポチョムキン [DVD]

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,570より 中古品の出品:4¥ 367より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アレクサンドル・アントーノフ, グレゴリー・アレクサンドロフ, ウラジーミル・バルスキー, ミハイル・ゴモロフ
  • 監督: セルゲイ・エイゼンシュテイン
  • 形式: Black & White
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アイ・ヴィー・シー
  • 発売日 2003/06/20
  • 時間: 74 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000A02EW
  • EAN: 4933672228020
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,616位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   モンタージュという映像文法の基礎を確立させ、映像表現を飛躍的に向上させることになったセルゲイ・エイゼンシュタイン監督の映画史上に残るサイレント映画の大傑作。1905年の夏、黒海沖の巡洋艦ポチョムキン号で、ウジの沸いたスープに怒った水兵たちが反乱を起こし、オデッサの港へ寄港するが、やがて軍隊が押し寄せてきて大虐殺が繰り広げられていく。乳母車が階段を転げ落ちていく、いわゆる「オデッサの大虐殺」とも称されるシーンをはじめとして、現在も多くの映画人に影響を与えており、『アンタッチャブル』のように見事なオマージュを捧げた作品もある。なお、1925年製作作品にもかかわらず、その反体制的内容故か日本での公開は遅れに遅れ、ようやく日の目をみて初公開されたのは67年であった。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

1905年、劣悪な扱いに怒った戦艦ポチョムキンの水兵たちは反乱を起こす。やがてその反乱は帝政に不満を持つ民衆にも広がっていって…。“モンタージュ論”を確立させたセルゲイ・エイゼンシュテインによる作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

サイレント映画は始めてみたのですが,断片的に挟まるト書きにいらいらすることも無く,ごく普通のスペクタクル映画として見ることが出来ました。
ストーリー紹介厳禁という方は以下は読まないでください。

腐った肉のスープをあてがわれる戦艦ポチョムキンの水兵たち。
上官からの不当な扱いはとどまるところを知りません。
時は革命前夜,水兵たちは反逆ののろしをあげます。
反乱は成功し,寄港したオデッサでは市民がその成就を祝い,犠牲者に深い哀悼の意をささげます。そして,平和な数日間が過ぎ・・・・・・

普段はネタバレレビューがきらいなので,筋はあまり書かないのですが,本作の見所は筋よりも「映像」「映像」「映像」なので,あえて紹介をさせていただきました。

引き込まれるカメラワークに,悲劇が強烈に迫ってきました。
そのせいか,見た翌日は腹が差し込んでしくしくして困りました。
悲劇にひぃぃぃと胃が痛んでいます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「映画の教科書」と言われる名画中の名画。

あまりにも前評判の高かったため疑心暗鬼になりますが、

実際観てみると陶酔する位見事な映像美、修辞法を見せつけてくれます。

映画はプロットで観る人もいます。しかしプロットは原作で楽しむ方が

面白いわけで、映画の醍醐味はやはりその映像の修辞法にあるのでは

ないでしょうか?

この映画の解説、修辞法を解説した本は山ほどあります。

でも早く作った者勝ちで、この映画の魅力がそのまま現在の

映画にも引き継がれています。

そしてテレビのCMも大抵「これは刺激的!」なんて思う

シーンはこの映画の修辞法を用いています。

つまりこの映画を観ていない人々も何らかの影響をエイゼンシュタインは

及ぼしているというわけ。

それだけに恐ろしい映画と言えるでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 見てなければ話しにならない映画のtop。
 レーニンが政治的実権を握っていたのは最初の発作を起こした1922年5月まででしょう。3度目の発作を起こした23年3月以降は廃人同様となって24年1月24日にレーニンは死去しています。後継をめぐってのトロッキーvsスターリンの争いは、1925年12月に開かれた共産党大会でスターリンの唱える一国社会主義論が採択されたのをみると、このころまでにはスターリンが実権を掌握したものと思われます。「戦艦ポチョムキン」の公開は1925年であり、まさに絶妙、ぎりぎりのタイミングです。スターリンが実権を握った1926年以降なら、こんな映画とても無理です。何しろ、反乱を煽っているようにも取れます。25年ですら、後に「イワン雷帝」でそうしたように、本来クレイムをつけてもおかしくないのですけれど、そこは、まだ革命の熱気、熱狂が残っていたのでしょう。お祭りのときは多少はめをはずすのも許されます。まさに、奇跡的映画。オデッサの階段でのシーンは、そんな理屈を超えて今でも十分楽しめますし、密度という点でこれを超える6分間のシークエンスは、ほかに知りません。サイレント映画の一つの頂点です。ただ、価格には不満があります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画の歴史に残る第一級の名作。映画が好きな人は一度観て絶対に損はしません。ソビエト共産主義のプロパガンダ映画であり、画期的なモンタージュ技法を確立した映画でもあるのは有名な話。ただ、映画の専門家でもなんでもない私はまずその臨場感に圧倒されました。有名な「オデッサの階段」のシーンで、飛び交う銃弾、逃げ惑う人々、倒れ踏みにじられる子供、母の絶叫・・・。サイレントなのに、まるでその場にいるように感じました。この臨場感が得られる限り、政治的な背景がどうであろうが、映像技術面でどうであろが、ましてや作られた時代がいつであろうが、この作品は名作であり愛すべき映画であると自信を持って言うことが出来ます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以前、「アンタッチャブル」の階段を見に
シカゴのユニオン駅に行って感激した私。

その基になったオデッサの階段の乳母車、
古い無声映画とは思えない迫力だった。

ウジのわいた肉のスープにあんな上官じゃ、
みんな反乱を起こしたくなると思ったよ。

「一人は皆のために、皆は一人のために」と、
権力に立ち向かってゆく情熱に圧倒された。

生活感ある人々の表情もとてもリアルで、
オデッサの街の老婆が印象に残っている。

死んだ人の目が動いているのはご愛嬌、
力ある映像に引き込まれる映画だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック