通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書) 新書 – 2002/9/1

5つ星のうち 4.0 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書)
  • +
  • 高校生からのゲーム理論 (ちくまプリマー新書)
  • +
  • ゲーム理論入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自分の利害が、自分の行動だけでなく、他人の行動によってどう左右されるか、という状態が戦略的環境であり、その分析ツールがゲーム理論である。ビジネス交渉はもちろん、バーゲンでの買い物や合コンの席順といったことまで私たちは他人の行動を織りこみつつ戦略を立て実行しているのだ。本書は身近な話題をふんだんに使い、コミットメント、シグナリングなどゲーム理論のキーワードを解説しながら読者の戦略的思考を磨く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

梶井/厚志
1963年、広島県呉市生まれ。1986年、一橋大学経済学部卒業。1991年ハーバード大学大学院卒業。Ph.D.in Economics。ペンシルバニア大学助教授、筑波大学社会工学系助教授を経て、現在、大阪大学教授社会経済研究所。専攻、理論経済学、情報の経済学、一般均衡論、金融市場理論、ゲーム理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 276ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2002/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121016580
  • ISBN-13: 978-4121016584
  • 発売日: 2002/9/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,696位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ゲーム理論のことを全く知らない人が読むには読みやすくてちょうどいい。電車の中でちょっとずつ読んでも熟考しなくてもいいので読み終わったときにちゃんと内容を覚えていられる。

これを面白く感じた人はもう少し難しい入門書を読んでその次に数式が出てくる本を読めばいいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 「数式を使わないゲーム理論への入門書(p.i)」とあるが、「この種の本ではかならず繰りかえし現れる『囚人のジレンマ』という言葉は意図的に避けた(p.273)」という箇所などを見ると「斜に構えた」入門書と言えるかもしれない。
 戦略的思考のための基礎的な概念を紹介する第1部、インセンティブ、コミットメント、ロック・イン、シグナリング、スクリーニングと逆選択、モラル・ハザードという、戦略的経済分析のキーワードごとにトピックを紹介する第2部、戦略的思考をより現実的な問題に適用する第3部に分かれている。
 「戦略的分析においては、何が起こったか、あるいは起こるかという事実関係だけではなくて、ある行動がとられたかどうかの情報、あるいはそれが相手に観察されるかどうかの情報、またどのように理解されるか、信頼されるかという情報の構造が重要な意味をもつ(p.41)」とあるが、この部分に限らず「情報」が本書全体に関するキーになっている。
 「返品を許すことにこのようなすぐれたシグナリングの効果があることを思えば、世の男性は結婚を申し込むそのときに、女性がいつでも離婚をすることができることを明確に保証すべきである(p.158)」「私は現在この原稿をこの本が売れるかどうか大きなリスクを背負いながら執筆中であるが、本が売れなかったときに補填する保健が残念ながら存在しないのも、逆選択の問題が間違いなく原因のひとつである(p.190)」。こういう、皮肉なユーモアに富んだ文章、好きだなぁ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ゲーム理論を齧ってみようと思い本書を購入した。本書はサブタイトルに「ゲーム理論を実践する」と銘打っているが、ゲーム理論を体系的に説明した本ではない。この点、ゲーム理論自体をしっかり学ぼうと思っている人にとっては肩透かしであろう。本書はむしろゲーム理論の考え方の一部を分かりやすく説明した上で、ゲーム理論の考え方をツールとして使うと、身の回りの経済行為をよく理解でき、さらには自分が経済行為をとるときに「戦略的」に正しい行為を選択することができると説いた本である。また、米国留学経験を持つ筆者のユーモアセンスは抜群であり、読んでいて面白い。学者が書く新書では稀有な存在と言ってよい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ゲーム理論の基礎とミクロ経済学(情報の非対称性)の本。タイトルに惑わされないように。
クセのある文体は好みが分かれるかも?こういう話は好きだけどもっととっつきやすいのがいいという人は、
『出社が楽しい経済学』あたりがいいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
学生にやったり、自分で失くしたり、本書を買うのは何冊目だろう。kindle版を手に入れたから、少しは安心?
学生にやるっていうのは、TTCメカニズムの実験用の物々交換用の品で使っています。
TTCメカニズムの商品のラインナップは、本書、スクラッチくじ、嵐のCD、お菓子などです。4月にはまた何冊か手に入れる予定です。

さて、内容ですがもう何年も前になりますが、本書の出版された時の『戦略的環境』の定義に目から鱗でした。「戦略的○○」、「戦略的互恵関係」とか聞くたびにムズムズしていましたので。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
経済学について素人であり、遺伝子学で取り扱われていた「ゲーム理論」に興味が沸いたので読んでみた。
遺伝学、心理学的目線で異なる語り口がある事柄も例として取り上げられている。
筆者はほかの学問の見識が低いようである。
書かれた年代が1900年代だから仕方ないのかもしれないが余分なコメントが多く読みずらい。
知らない学問について憶測で話すのはやめていただきたい。
二回目には分かりやすく読もうと、必要のない文はペンで×をして読んでいったが、
訂正したい箇所が多すぎて買ったのを後悔させる内容であった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
職場の研修の課題図書であったので読みました。全くの素人が読んでもなんとなくわかったような気になるので入門書としては良いのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ゲーム理論が云々というより、マーケティングの本質を掴むことが出来た。

マーケティングは本来、事業戦略と表裏一体の関係(極論すれば同じ。見方や切り口が違うだけ)である。しかし実際は横文字だらけの用語で固められフワフワ感が否めない分野である。

この本はその横文字だらけのマーケティング分野の本質を捉えており、これを読んで初めてマーケティングというものが腹落ちした。

また、著者のウィットに富む文章とシンプルに結論から述べる構成が、この本を読みやすくしてくれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告