中古品
¥ 1,534
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦略的収益費用マネジメント―新時間主導型ABCの有効利用 (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) 単行本 – 2008/10/15

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,534
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

-収益力で競争優位に立つ -
TDABCを活用した勝ち残り戦略

これまでのABCの問題点を完全解決し、飛躍的に進歩させたTime-Driven ABC(TDABC)。よりシンプルに、より効率よく費用と収益性を把握し、経営資源を最適化する新しい経営革新アプローチ。
ハーバード・ビジネススクールのトップ教授 ロバート・キャプランと、屈指の世界的経営コンサルタントとして活躍する教え子 スティーブン・アンダーソンが、企業の収益性増大のためのヒントを余すところなく記した最新書!
*本書はTime-Driven Activity-Based Costing (Harvard Business School Press)の日本語版です。

☆TDABCとは☆
従来のABC(アクティビティ・ベース・コスティング=製品やサービスなどの販売に必要な間接コストをその使用比率に応じて配分する原価管理手法)は、費用の集計・処理・保存に多大な労力と時間が必要。TDABCでは、時間方程式を設定することで、時間ベースでコストを賦課する概念を導入し、意思決定の相互関連性を取り込み、容易に正確な費用認識が可能となる。

その他の翻訳担当者: 金 承子 / 勝間 和代 / 西澤 賢治 / 安藤 由実

内容(「BOOK」データベースより)

ハーバード・ビジネススクールのトップ教授ロバート・キャプランと、屈指の世界的経営コンサルタントとして活躍する教え子スティーブン・アンダーソンが、企業の収益性増大のためのヒントを余すところなく記した最新書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 日本出版貿易 (2008/10/15)
  • ISBN-10: 4889962565
  • ISBN-13: 978-4889962567
  • 発売日: 2008/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 427,864位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「戦略的収益費用マネジメント」という名前でドン、とタイトルが据えらえているのですが、本来のタイトル「Time Driven Activity Based Costing」というように、この本はABC管理の新しい手法として時間によるABC管理の解説をしている本です。もっと言うと、時間によるABCの説明、実践方法、そして多くの業界における実践例をあげている「だけ」の本です。アメリカの本によくある構成ですね。

ですので時間によるABC管理を導入したいという思いのある方にはとても役に立ちますが、そうでないかたには最初の説明だけで十分だと思います。こういう本来の主旨を広げて誤解を生むような日本語のタイトルはつけてもらいたくないです。

さて、時間によるABC管理とは何か?従来のABC管理というのは、まずは活動を全部洗いだして、従業員に毎日どれに何分つかったかを書かせるというやり方です。自分も何度かさせられたことがありますし、今でもさせられていますが、「させられた」という思いは誰でも共通で、毎日しないといけないし、そんなことやって何の役にたつのかわからないので非常にめんどくさくて腹立たしいものです。一方、これだけ大変な思いをさせておいて、年に一回分析をやって「会議が多い」「報告が多い」なんて当たり前のことがわかるのが典型的ではないでしょうか?
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック