通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦略思考で読み解く経営分析入門―12の重要指標をケ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book store 24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


戦略思考で読み解く経営分析入門―12の重要指標をケーススタディで理解する 単行本 – 2009/9/11

5つ星のうち4.2 11個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,520
¥3,520 ¥2,014
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 戦略思考で読み解く経営分析入門―12の重要指標をケーススタディで理解する
  • +
  • 企業価値を創造する会計指標入門
  • +
  • ビジネススクールで身につける ファイナンスと事業数値化力―ポケットMBA〈6〉 (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥8,360
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

企業の実態をつかむロジカル・アカウンティング!
会計指標の算出方法から業界別平均値、分析のフレームワークまで、
決算書を読みこなす技術を有名企業の事例で解説。

[本書で取り上げる12の重要指標とケース企業]
売上高総利益率(任天堂)、売上高販管費率(資生堂)、損益分岐点比率(ソニー)、EBITDAマージン(日本たばこ産業)、総資産回転率(東日本旅客鉄道)、キャッシュ・コンバージョン・サイクル(メディセオ・パルタックホールディングス)、棚卸資産回転期間(キヤノン)、有形固定資産回転率(オリエンタルランド)、固定長期適合率(イオン)、DEレシオ(キリンホールディングス)、インタレスト・カバレッジ・レシオ(新日本製鐵)、フリー・キャッシュフロー成長率(ヤフー)、また各章最後にはアサヒビールの分析を掲載。

たんに会計数値の大小を比べても、企業の実態はつかめない。戦略思考力と会計力を両輪として数値分析を行うことで、初めてその企業の活動や経営戦略を評価できるようになる。本書では、こうした視点から、12の重要指標の読み方や意義を解説するとともに、有名企業のケーススタディをもとに汎用的な分析フレームワークを明らかにする。

著者からのコメント

 本書の目的は経営分析にあります。決算書というパワフルな企業情報の宝庫から、いかにして経営環境を読み取るかに主眼を置いています。対象企業の外部環境、経営戦略、強みと弱み、今後の経営課題を、あくまで決算書から明らかにすることが本書の目的です。執筆に際しては、1.分かりやすさ、2.事例の活用、3.双方向形式、の3つを意識しながら、会計の基本用語を理解している一般のビジネスパーソンがストレスなく読み進められる水準となるように心がけました。よって、企業経営者や財務・経理担当の方々のみならず、営業・マーケティング、製造、技術、研究開発、企画、人事など、あらゆる部署やバックグラウンドの方でも、十分読みこなすことのできる内容と考えています。
 企業には経営戦略が存在しています。そしてこれを実行した結果が決算書の数値となって表れてきます。この順番は決して逆にはなりません。すなわち、経営戦略あっての決算書であり、決算書あっての経営戦略ではないのです。必然的に、企業が目指す経営戦略を常に念頭に置いて、決算書を読み解かなくてはなりません。もしその企業の戦略と決算書が合致しているとすれば、評価すべきは「戦略は正しいのか」「戦略に持続性はあるのか」となります。逆に戦略と決算書が合致していないとすれば、「戦略遂行を妨げたのは外部環境の変化か、それとも経営の失敗か」「戦略の軌道修正は必要なのか、その場合どう修正するのか」が次の問いかけとなるでしょう。つまり経営分析もあくまで目的は経営戦略の評価であり、今後の戦略のあるべき姿を意思決定するためのプロセスです。分析のための分析であってはならず、意思決定のための経営分析です。

本書の構成
 序章では、財務3表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)を読む上での基本アプローチに関する解説からスタートしています。会計の初学者であっても、決算書の基本から読み進めることができる構成です。特に、「PLはマトリクスで読む」「BSを読むための3つの基本法則」「CFは時系列で読む」というそれぞれの視点は、これまで6年間にわたって1万名を超える社会人学生に会計を指導してきた著者が、最も大切と考えるアプローチです。
 第1章から第12章までは、構成を統一しています。章の前半は会計指標に焦点を当て、指標の算出方法、業界別平均値、そして指標の読み方を解説しています。指標の読み方については、会計数値や会計指標を「分解」することを一貫したアプローチとしています。分解することによって、企業の特徴が具体的にどこにあるのか、何が優れていて何が問題なのかが解明できます。
 章の後半では、各指標を用いたケーススタディを行っています。指標の推移、指標の分解を進めた上で、ケース企業の経営戦略と会計指標の融合性に関してまとめています。その企業の経営戦略は何なのか、そして戦略遂行の結果が会計指標にどのように表れていったのかを考察してください。これらのケーススタディは公開情報のみからの分解なので限界はあるものの、ロジカルに考え、できる限り仮説を導くことを念頭に置いて考察を進めました。また、読者がある企業の経営分析を行う際に同じアプローチを活用できるように、可能な限り汎用的なアプローチになることを心がけました。
 なお、第1章から第12章の企業ケースの後には、アサヒビールの考察を一言ずつ加えています。読者が自社、競合、顧客など、特定企業の経営分析を行う際には、アサヒビールのケースを12章通して読むことによって体系的な流れを確認することができるでしょう。
 終章では、第12章までの視点を逆の立場からとらえています。すなわち、企業の経営分析に読者が直面した際、どの会計指標に優先順位を置いて分析を行えば良いのかという視点です。分析のスタート地点としてROE(自己資本利益率)から始まり、ROEを分解するアプローチによって会計指標の優先順位を解説しています。読者が実際にある企業の経営分析を始める際には、この終章を参照しながら指標の優先順位を見きわめてください。
 12の指標は、ROEを収益性、資産効率性、安全性の3つに分解し、それぞれに関してさらに分解を進める上での代表的な指標を選択しています。非常に多くの指標が会計の世界には存在していますが、その多くは12の指標の派生形としてとらえることができます。よって、これら12の指標を必要に応じて使い分けることにより、対象企業の実態を把握できるはずです。また、各章の最後には、著者が有益と考えるケースを用いた簡単なQUIZを用意しています。紙面の制約上、本書には答えを掲載していませんが、理解度を確認するためにも、興味のあるQUIZにチャレンジされることを期待します。
 最後になりますが、激動の時代において、読者が自社の経営戦略を再考する際に不可欠な経営分析の一助となることを願います。

内容(「BOOK」データベースより)

企業の実態をつかむロジカル・アカウンティング。会計指標の算出方法から業界別平均値、分析のフレームワークまで、決算書を読みこなす技術を有名企業の事例で解説。

著者について

大津広一(おおつ・こういち)
株式会社オオツ・インターナショナル代表。米国公認会計士。
1989年、慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。米国ニューヨーク州ロチェスター大学経営学修士(MBA)。富士銀行にて国際資金為替部、バークレイズ・キャピタル証券にて株式アナリスト、およびベンチャーキャピタルにてベンチャー企業への投資・育成業務を経て現職。
企業戦略や会計・財務に関わるコンサルティングに従事。企業内研修での財務・会計分野の講師を多数務める。早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール(MBA)講師、グロービス・マネジメント・スクール講師。
著書に『企業価値を創造する会計指標入門』(ダイヤモンド社)、『ビジネススクー
ルで身につける会計力と戦略思考力』(日経ビジネス人文庫)がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大津/広一
株式会社オオツ・インターナショナル代表。米国公認会計士。1989年、慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。米国ニューヨーク州ロチェスター大学経営学修士(MBA)。富士銀行にて国際資金為替部、バークレイズ・キャピタル証券にて株式アナリスト、およびベンチャーキャピタルにてベンチャー企業への投資・育成業務を経て現職。企業戦略や会計・財務に関わるコンサルティングに従事。企業内研修での財務・会計分野の講師を多数務める。早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール(MBA)講師、グロービス・マネジメント・スクール講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 382ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/9/11)
  • ISBN-10: 447800367X
  • ISBN-13: 978-4478003671
  • 発売日: 2009/9/11
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 56,190位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 11
星5つ
42%
星4つ
40%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

9件のカスタマーレビュー

2013年8月24日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月2日
形式: Kindle版Amazonで購入
2010年11月2日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年2月14日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月11日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年10月26日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年3月29日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年8月3日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告