通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2002/9

5つ星のうち 4.5 115件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 171

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • 経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥2,366
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本企業に欠けているのは戦略を実戦展開できる指導者だ。新しい競争のルールを創り出し、市場シェアの大逆転を起こした36歳の変革リーダーの実話をもとに、改革プロセスを具体的に描く迫真のケースストーリー。ベスト&ロングセラーテキストの文庫化・最新版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三枝/匡
ミスミ社長。1967年一橋大学経済学部卒業。三井石油化学を経てボストン・コンサルティング・グループ勤務。75年スタンフォード大学経営学修士(MBA)。30代から経営の実践に転じ、赤字会社再建やベンチャー投資など三社の代表取締役を歴任。86年(株)三枝匡事務所設立。2002年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 323ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2002/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532191459
  • ISBN-13: 978-4532191450
  • 発売日: 2002/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 115件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 486位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
普通にあるビジネス戦略で新鮮味はモノ足りません。中古で十分。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「戦略」及び「プロフェッショナル」,
いずれも戦後の日本に決定的に不足している。

「戦略」とは何か?
「プロフェッショナル」とは何か?
具体的なケースに基づき,
とてもよく分かる本である。

また,仮説⇒検証⇒仮説修正⇒検証・・・のプロセス
(非常に汎用性の高い考え方の基本)
が現実世界でどのように利用されているか,
よく理解できる。

どのようなプロフェッショナルにも,
戦略的思考は必須のスキルであり,
本書は,どの世界のプロフェッショナルにも役立つ
必読書といえる。

既に1991年に出版されていたとは驚きであり,
自分の不明を恥じるばかりである。
遅くとも15年前には
読んでおくべき本であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
三枝氏三部作の第1作。
内容は、他の方も書かれているとおり☆5です。
文庫版も持っており、10年以上ぶりに読み返しております。
ビジネススクール時代にも読みましたが、経営を実践しながら読み返してみると、現場で状況があまりにも共通していて驚きます。
15年以上たってますが、内容は色あせませんね。同じ人間の営みだからなのでしょう。
ただ問題なのは、私のやっていることや言っていることがあまりにも書籍内容と似ているので、読んだ人から「こいつただの受け売りじゃねーのか」と思われかねないことでしょうか。
それは、本書が、戦略プロのやる一般的な内容を書いてあるものなので、仕方ないことだとは思いますが。
逆に言えば、それだけ内容が一般に共通し、また通用することなのだと思います。

しかーし、言いたいのはKindle版、Kindle Paperwhiteでは図表ページが表示されないということです。
(横表示に変更すると、何とか見ることができます。)
しかし、図表がコンセプトを端的に表した重要なものであるだけに、文章を読みながら参照したい。
そういう点において、購入するなら文庫版でしょう。
ただ、内容が良いので両方重複して(2冊分)買ったとしても、価格は問題にならないでしょ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
三枝さんが謙虚にコメントされているのは少しびっくりしましたが、10年以上も前に出たこの本でも今の多くの会社の課題に当てはまるもの多数あり、
いかに進化しづらいものなのか、ある種、経営とは適正も必要だし、専門知識もあるのではと思わせるものでした。
本書は、物語→解説の流れを繰り返すもので、非常に分かりやすいです。他の学術的な書籍でつまづきがちな方にはおすすめできます。
併せて後続も購入しました。
アンダーラインを引いて、うちの経営者の机の上に置いておこうかと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ストーリー仕立てで読み物としては面白いですが、
26年前の経営本ということで近年取り巻く環境に当てはめてみると
時代錯誤という印象が拭えません。

著者は情より理を優先するタイプの経営者として知られます。
利益至上主義の人を大切にしない経営はいつか破綻します。

最新刊「ザ・会社改造」では、このあたりの経営手法の反省点が
述べられています。本書とあわせて読まれることをおすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
業績が低迷する医薬品検査器具メーカ。

そこにおいてターンアラウンドマネージャの筆者が経験した実例を元に描かれる臨場感溢れるドラマである。

主人公が行ったのは、製品ポートフォリオの見直しを元にした、顧客集中型の営業販売改革だけでしかないが
戦略立案と実行のエッセンスが充分に詰まっている。

だが・・・どうしても、決定的に真実味にかけるのは「なぜジュピターのような競争力のある製品が開発されたのか」である。

基礎科学研究レベルなら、セレンディピティが幸いして新発見につながることもあろうが、
企業において、商品化までこぎつける製品は必ず、開発に際し「誰かが」「何らかのロジックがあって」進めたものである。

偶然にも競争力のある製品があった、などということはあり得ない。

ジュピターの真の売り方に気づいた主人公と営業マン達は、破竹の勢いで売上を伸ばし本の大団円となるが、
それでは、この会社の本質的な問題は解決されていないと思われる。

それは、革新的な製品開発力をもつ開発側と営業販売の意思が繋がっていないということだ。

結局、そのうちまた価値ある新製品を見逃すのではないだろうか。
この本
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー