中古品
¥ 573
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦略キャンプ―2泊3日で最強の戦略と実行チームをつくる 単行本 – 2009/3/13

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 190
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 戦略キャンプ―2泊3日で最強の戦略と実行チームをつくる
  • +
  • たった一晩で「最強チーム」に変わる奇跡の合宿 ― 悩めるリーダー必読!
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「戦略キャンプ」とは――組織の変革に関わるキーマン全員がオフサイトの合宿で徹底的に議論し、腹に落ちる合意に至ることによって、困難な課題を解決に導く手法である。相互理解と信頼に基づく実践的ファシリテーションと論理思考の果てに最適解は必ずある。

内容(「BOOK」データベースより)

実践的ファシリテーションで困難な合意を実現させる積極果断なコンセンサスの築き方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 241ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478007292
  • ISBN-13: 978-4478007297
  • 発売日: 2009/3/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,608位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書のテーマは、合宿である。
全社的な重要課題を、キーパーソンが泊まりで集まり、結論が出るまで議論することである。

現在、経営の中枢にいる人やこれからそこを目指す人にとっては、特に興味深く読める本だと思う。

本書のハイライトとして、読み応えのあるところは、
議論は煮詰まったあとに必ずブレークスルーがあること、また逆に、ブレークスルーを得るためには妥協なく煮詰める必要があるという当たり前のことがストーリー形式によって実に腹落ちできる構成になっていること。また、リアルタイム議事録の例が紹介されていたが、議事録の作り方が議論の流れに重要な影響を与えることをうまく活写しているところ、である。

逆に改善したほうが良いところは、
本の中で紹介されている事例が事実に基づいたものか、単なる作り話か判然としないことであり、端的にいえば、「世の中そんなにうまくいくかね」という疑問を禁じえなかったことである。

とはいえ、そのことは本書の評価を決定的に下げるものではなく、全体として、よく出来た本であると評価できる。会社の外に出ると、気分が変わり、質の高い議論ができそうな気がしている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ある会社の戦略立案会議の様子を三枝匡風に物語仕立てで綴ったもの。緊迫した様子、立場・役割から生じる人間模様、参加者の個性などがきめ細かく描写されていて、なかなか読ませる内容に仕上がっている。よほど会社組織の事情に通じた人でないと、ここまでは書けない。コンサルタント数名の共著になっているが、センスのある人がいるのだろう。

基本的な学習ポイントは「場や状況に応じた討議運営の仕方」で、リアルタイム議事録のようなツールは確かに重要だと思う。ただし、合意形成が目的とはいえ、あまりにも定性的な議論に終始している様子で、現実にはバックデータの提示やフレームに基づいた議論が必要だろう。今の仕上がりレベルだと、読み物として共感する程度。定性・定量あわせた戦略会議の流れ全般にまで踏み込んでくれれば、倍の値段でも価値がある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「計画におけるグレシャムの法則(※)」ではないが、
多くの日本企業で起きている事は、そういう事だとおもう。

※経営者が定型的意思決定に忙殺され、
 本来しなければならない非定型的意思決定を放棄してしまう事

2,3日真面目に議論すれば解決できる事も
目の前の仕事を追うばかりで、先延ばしにし、ますます仕事を多くし、かつ苦しくしてる。

しかし、私見ですが、そもそも日本人は苦しむ事が好きなのだと思う。
おかげで、残業時間を目いっぱい積み上げながら、
先進国の中でこんなにも生産性が低いと揶揄されてしまう・・・。
一旦、後ろに引いて大局を見る事が必要なのではないか。
何よりも、日本企業に向けて、ソレを示唆しているように思う。

一方で、日本人は根が真面目だから、
歯車が動き出せば、ちゃんとその方向に回るわけでうまく転がす事が何より求められている。
「世の中そんなにうまくいくかね?」と感じられたとレビューされている方もいらっしゃいましたが
私は、そう読みました。

【個人的な学びメモ】
IBMの考える戦略キャンプで、大事なのは、
・最初のフリクションを取り除く事。(キャンプ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まず、途中に出てくる戦略キャンプの実践例の話が結構面白い。
エリヤフ・ゴールドラット博士の「ザ・ゴール」の手法です。
理解を促すために、小説チックに書くというやつです。
電車の中でもその部分はスムースに読み進みました。

この本では要らないとされているが、読んでみての感想としては、
「これは強力なファシリテーション力が必要だなぁ」
と思いました。ただ、実践したいとは強く思いました。

自分が所属しているNPO法人やコンサル先の若手メンバーとともに、
そして家族でやったらどうなるかな、などとも。

さらに考えたのは、コンサル先の中小企業でやるにはどういう課題が
あるだろうかということです。

まず、人選に限りがありそうです。ファシリテーション力の
ある人がいるかどうかも課題となりそうです。
また、お金の問題もあるでしょう。
中小企業の場合は、全員でやることになり、3日間会社を休まなければ
ならないかもしれません。

また、オーナー社長がワンマンだときつそうです。でも、その場合には
まずこうした戦略キャンプ自体をしないかもしれませんね。

これは大企業向けの合意形成手法だろうという感じがしました。
しかし、示唆に富んでいる部分はあるので、参考になります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告