戦慄!プルトニウム人間 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦慄!プルトニウム人間 [DVD]

5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,543 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,203より 中古品の出品:3¥ 1,192より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 戦慄!プルトニウム人間 [DVD]
  • +
  • 巨人獣 ~プルトニウム人間の逆襲~ [DVD]
  • +
  • モノリスの怪物 ~宇宙からの脅威~[DVD]
総額: ¥4,629
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: グレン・ランガン, キャシー・ダウンズ, ウィリアム・ハドソン, ジェームズ・シーイ, ラス・ベンダー
  • 監督: バート・I・ゴードン
  • 形式: Black & White, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ランコーポレーション
  • 発売日 2012/01/25
  • 時間: 79 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006TQKS06
  • EAN: 4560117073282
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 52,600位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

傑作SF映画選
戦慄!プルトニウム人間

原題: The Amazing Colossal Man(1957年)

☆仕様
片面一層/79分/モノクロ/モノラル
日本語字幕/スタンダードサイズ

☆製作者
バート・I・ゴードン

☆監督
バート・I・ゴードン

☆出演
グレン・ランガン/キャシー・ダウンズ/ウィリアム・ハドソン/ジェームズ・シーイ/ラス・ベンダー/ジャド・ホールディン

☆脚本
バート・I・ゴードン/マーク・ハンナ

☆撮影
ジョセフ・バイロック

☆解説
1957年のSF映画。監督は「巨大生物の島」など巨大生物ものを多数制作したバート・I・ゴードン。
本作は彼の監督デビュー作でもあり、その後、放射能による巨大化をテーマに特撮映画を撮り続けた。
プルトニウム爆弾の実験で放射能を浴びたマニング大佐(グレン・ランガン)が巨人化し、半狂乱のまま町を破壊していく。本国で公開時に話題となり、翌年「巨人獣 プルトニウム人間の逆襲」が続編として公開されたヒット作である。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
主人公は、他人の命を救おうとして、自らの体を核爆発の熱線に曝してしまいます。猛烈な爆風の中で衣服と皮膚が焼けただれますが、手術後、全身の大火傷を覆っていた包帯をはぎ取ると、何の傷痕もない綺麗な皮膚に・・・。このあたりの描写は後年、『スペース1999』第1シーズンの「宇宙冷凍人間の正体」と「宇宙の細胞再生人間」にインスピレーションを与えたのではないかと想像させるほどのショッキングさです。彼が巨大化を続けたあとも婚約者の女性は献身的な愛情を注ぎ続けますが、精神に変調をきたし始めた彼は軍の施設から脱走・・・。この展開は東宝映画の『フランケンシュタイン対地底怪獣』を連想させます。脚本も演出も、出演者たちの演技も、おふざけに陥ることなく、終始、真面目に進行していくのは好感が持てるのですが、いかんせん、実景の中に登場する巨人の姿はどうしても半透明にしか見えず、迫力不足の感は否めませんでした。銃撃を受けてダムから落下するラストシーンも、ずいぶん端折った映像なので、正直、肩透かしを食らったようでした。この時代の低予算映画としては力作なのでしょうが、評者は既に『ウルトラQ』の「変身」や『ウルトラマン』の「大爆発5秒前」の見事な合成シーンが頭に焼き付いているために、どうしても辛口の印象になってしまいました。本作品を愛する人たち、ごめんなさい。なお、この映画には続編があるそうなので、そちらを鑑賞しましたら、またコメントを寄せます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nody トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/13
核実験の影響で巨大化した兵士の悲劇を描き、本作以降氾作される安直な巨大化ものとは一線を企している。
公開当時、問題視されたアトミックソルジャー(核実験従事の影響で手が肥大化した兵士がいたという)の実話をベースに、怪獣映画的なスペクタクルと、巨大化に伴い徐々に理性を失っていく兵士の苦悩と、その妻の葛藤を描いた心理描写が両立されている。必然ともいえる悲劇的な結末に感動を覚える、決してキワモノにあらずの傑作。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんか、レビューが荒れてますが、私が見た限りでは普通に面白かったですよ!
むしろ、こんな映画をドンドン出して欲しいですね。

こういうメーカーを苛めて出してもらえなくなったら、損するのは私達ですからね。
大手がこの手の変な映画を安価で出さない以上、やはり神です。

巨大になった軍人がテントで横たわってるシーンは合成とは思えない程、リアルでした。
『へんげ』とか巨大ものの元祖なんですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
続編のポスターの方を知っていたので、こちらの映画があることは知らなかった。徐々に精神が不安定になる主人公の怖さが伝わってくる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昔に観た作品でたいへん懐かしい!
続編も是非観て見たいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック