通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦後日本、中野重治という良心 (平凡社新書) がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
発売元 はりはりや
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【本文に書込み無し】【状態良好】外装若干のスリ跡、軽いヨレ、微細な汚れございますが状態良好なお品です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


戦後日本、中野重治という良心 (平凡社新書) (日本語) 新書 – 2009/10/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥924
¥924 ¥59
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 戦後日本、中野重治という良心 (平凡社新書)
  • +
  • 中野重治 人と文学 (日本の作家100人)
  • +
  • 中野重治と戦後文化運動―デモクラシーのために
総額: ¥7,084
ポイントの合計: 85pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中野重治が亡くなって三十年が過ぎた。「中野が生きていたら、何と言っただろう」さまざまな出来事が起きるたびに、多くの人がそう思う。戦後も六十年以上を経過し、戦後民主主義も反戦平和も大きな変質を余儀なくされている現在、改めて中野の声に耳をかたむけたい。中野重治は戦後の日本をどのように生きたか。その作品をたどることにより、戦後日本を問い直す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

竹内/栄美子
1960年大分県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科単位取得退学。現在、千葉工業大学教授。日本近代文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: 平凡社 (2009/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582854907
  • ISBN-13: 978-4582854909
  • 発売日: 2009/10/1
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー: この商品のレビューはまだありません。レビューを書いてください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 784,125位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません