この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦後少女マンガ史 (ちくま文庫) 文庫 – 2007/8

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,083
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

約30年にわたってコミックマーケットの代表をつとめ、2006年10月に急逝した著者の、伝説のデビュー作。戦前からの少女文化の流れの簡単な解説も付し、1980年までの戦後少女マンガの全てを概観する唯一の通史。的確でバランスのいい記述は、著者のマンガ全体に関する幅広い知識と深い理解に裏付けされたものである。本書は、『戦後SFマンガ史』『戦後ギャグマンガ史』と続く“マンガ史三部作”の第一作となる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米沢/嘉博
1953年生まれ。漫画評論家。明治大学在学中から漫画批評家集団「迷宮」に参加。「迷宮」の同人として1975年からのコミックマーケット開催に加わり、1980年から2006年夏までコミックマーケット準備会代表を務めた。主な著書に『藤子不二雄論 FとAの方程式』(日本児童文学学会賞受賞)、編著に『別冊太陽 発禁本』(日本出版学会賞受賞)など。2006年10月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 393ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480423583
  • ISBN-13: 978-4480423580
  • 発売日: 2007/08
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 452,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mtblanc 投稿日 2007/8/23
形式: 文庫
現時点で唯一の少女マンガの通史です。元版が1980年発行ですので、扱っている範囲は1970年代まで。
個人の仕事なので「あれもこれもがぬけている」「これにページを費やしすぎている」といった部分はあります。このページ数ですべてをもりこむのはムリな話です。少女マンガをきちんと読んでいる人が書いた文章であるというのが大事で、35年分の少女マンガを全体を見渡しながら読むということを(多少偏りはありつつも)やってのけています。通史を書くためには必要なことですが、これをどれだけの人ができるのか、実際にするのがどんなに大変なことなのかを想像してみると頭がさがります。
ここから興味を持った人がより細部へ行くための概観はこの本で充分とれていると思います。ちょっと知りたい人が読んでも概要はわかるので期待に応える内容だと思います。貸本を含む年表つき。
以下、目次。

第一章 少女マンガ前史
第二章 少女マンガ幼年期の始まり
第三章 密室の構築
第四章 生活の中の少女群像!
第五章 おしゃれとラブの時代
第六章 少女マンガの完成に向けて
第七章 少女マンガ黄金時代
第八章 モブシーンの開幕
第九章 限りなく今
文庫本版へのあとがき 米澤英子
解説 藤本由香里
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「少女マンガ」というカテゴリーの成立とその展開を、絵の文法から、ストーリーの構造から、
出版事情から、多角的にかつ丹念に追いかけた一冊。

 本書の範囲は、少女マンガ成立以前、つまり戦前の少女雑誌時代から原本の出版された
1980年まで、重点的に扱われるのは戦後からの30年程度。しかし、巻末に付された年表を
見てみれば分かる通り、洪水のような資料の中から、通史的に少女マンガをめぐる物語を
紐解こう、というのだから、つくづく途方もない仕事だ。
 そうしたわけで、そのターニング・ポイントとして高橋真琴、水野英子、萩尾望都などの
人物が非常に重要だとは言っても、ひとりの作家、ひとつの作品に割ける紙幅は
どうあがいても限られざるを得ない。
 しかし、単なる固有名詞の羅列に留まることなく、その中にも唸らされるばかりの
優れた洞察が働いているからこそ、その説得力も読み応えも増すというもの。
 個人的に印象に残った観察は『エースをねらえ』。一介のスポ根であることを拒絶し、
「ビルドゥングスロマン」としてひとりの少女の成長を描き切った、と看破した筆致たるや、
まさに我が意を得たり、と膝を打たされた次第。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これを読めば少女マンガが語りやすくなります。作品名が多くでてくるから読みたくなる
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告