通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1) がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1) 単行本 – 2012/7/24

5つ星のうち 4.2 346件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,620
¥ 1,380 ¥ 1

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
総額: ¥3,823
ポイントの合計: 37pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

元外務省・国際情報局長が
最大のタブー「米国からの圧力」を軸に戦後70年を読み解く!


日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。
元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、
「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、
これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。


◎目次
序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
日本の戦後史は、「米国からの圧力」を前提に考察しなければ、
その本質が見えてきません

第一章 「終戦」から占領へ
敗戦直後の一〇年は、吉田茂の「対米追随」路線と、
重光葵の「自主」路線が激しく対立した時代でした

第二章 冷戦の始まり
米国の世界戦略が変化し、占領政策も急転換します。
日本はソ連との戦争の防波堤と位置づけられることになりました

第三章 講和条約と日米安保条約
独立と対米追随路線がセットでスタートし、日本の進む道が決まりました

第四章 保守合同と安保改定
岸信介が保守勢力をまとめ、安保改定にものりだしますが、
本質的な部分には手をつけられずに終わります

第五章 自民党と経済成長の時代
安保騒動のあと、一九六〇年代に日米関係は黄金期をむかえます。高度経済成長も始まり、安全保障の問題は棚上げされることになりました

第六章 冷戦終結と米国の変容
冷戦が終わり、日米関係は四〇年ぶりに一八〇度変化します。
米国にとって日本は、ふたたび「最大の脅威」と位置づけられるようになりました

第七章 9・11とイラク戦争後の世界
唯一の超大国となったことで、米国の暴走が始まります。
米国は国連を軽視して世界中に軍事力を行使するようになり、
日本にその協力を求めるようになりました


◎はじめに より
いま、あなたが手にとってくださったこの本は、かなり変わった本かもしれません。
というのも本書は、これまでほとんど語られることのなかった
「米国からの圧力」を軸に、日本の戦後史を読み解いたものだからです。
こういう視点から書かれた本は、いままでありませんでしたし、
おそらくこれからもないでしょう。
「米国の意向」について論じることは、日本の言論界ではタブーだからです。

内容(「BOOK」データベースより)

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 創元社; 初版 (2012/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300512
  • ISBN-13: 978-4422300511
  • 発売日: 2012/7/24
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 346件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア


346件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年9月22日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月22日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月10日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月10日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月29日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年3月14日
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月28日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月3日
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告