通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 折れあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 単行本 – 2012/7/24

5つ星のうち 4.2 331件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,300 ¥ 26

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、
その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本の
インテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生
んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを
破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。

目次
はじめに
序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
第一章 「終戦」から占領へ
第二章 冷戦の始まり
第三章 講和条約と日米安保条約
第四章 保守合同と安保改定
第五章 自民党と経済成長の時代
第六章 冷戦終結と米国の変容
第七章 9・11とイラク戦争後の世界
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 創元社; 初版 (2012/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300512
  • ISBN-13: 978-4422300511
  • 発売日: 2012/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 331件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,017位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
高校生にも理解できる戦後史というだけあって、とてもわかりやすい。
現在、安倍政権が改憲を急ぐのも、アメリカの意向が強く影響しているのでしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
久々に出会えた読み応えある本です。時間を忘れる位夢中で読むところも有りました。本書を読まずに日本の戦後史も現在も語れないのではないでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
まず言えるのは読みやすく、スッキリと頭に入ってくるということです。
おそらくかなり文章を練られたのだと思いました。
対米従属と自主路線という主題に対して、それに対する歴史上の人物の思想、行動がわかりやすく
記載されているよう感じました。
私には戦後史の研究においてこの本がどのような位置づけになるのかよくわかりませんが、
言えるのはわかりやすい、読みやすいということです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者が外務省にいた専門家であるだけに、政治の裏の世界がよく分かる書物である。特に日本が如何に「対米追随」の国家であったか、言葉を変えて言えば、アメリカの圧力が如何に大きなものだったかを実感させられる書物である。それが未だに続いているとすれば、日本は未だ独立国ではないとさえ思えて
くる。こういう事実を知ることによって、国民としての在り方を考えねばならない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
時々、思い出したように拡げては読み進めています。特に印象に残ったのは重光の言葉。
「果たして日本民族は、自分の信念を持たず、支配的な勢力や風潮に迎合して自己保身を図ろうとする性質を持ち、自主独立の気概もなく、強い者にただ追随していくだけの、浮草のような民族なのだろうか。いや、そんなことは信じられない」
信じようと信じまいと、今現在の日本の姿を見れば「そのとおりです!!」としか言えないではないか。。
悲しいかな、日本民族とはその程度の民族性しか持ち合わせていない、、と深く肯きながら読み進めております。
外務省のなかでイヤと言うほどその民族性と格闘してこられたのでは?と推測しながら。。。
今の安倍政権の本質を見るうえで最適な本です。一読の価値あり。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この書を読むと、日本のアメリカからの自立独立がいきおい親中へと傾きかねないという危惧を持たされる。
まっ、一つのご意見としては面白い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
友人に勧められて買いましたん。昭和の日本史の裏側がみえました。現在も裏はわからないね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これ読んでおくと、政治のニュースがおもしろくなります。
アメちゃんの機嫌を損ねた時に絶妙なタイミングで起こるスキャンダル。
内容が内容だけに100%盲信するのもどうかと思うが、読んでおいて損はしないと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
孫崎氏の他の著書も優れた著作が多いですね。
私は第二次大戦の終戦時は小学3年生でしたが、
紛れもなく、大戦後の米国による洗脳教育を受けた世代です。
自分だけでなく、子や孫に至るまで、あの戦争の原因が米国を主とする
当時の国際情勢と、戦争に追い込まれた石油禁輸の現実を正しく
理解しておく必要があると思います。
とても参考になる著作です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本だけを読んだ人は、多分「今まで知らなかったことを教えてくれてありがとう」と、
感謝の気持ちをもって、★5や★4や評価と共に、大いなる賛辞を送るだろう。

しかし、この書籍以外を読んでいると、彼が巧妙に核心を避けながら書いていることがわかる。
ティム・ワイナー氏の「CIA秘録」や、春名幹男氏の「秘密のファイル」を引用に出し、
読んだことがないこと人の信頼度を高めることを装いながら、
これらの書籍の肝心な部分を避けて書いている。

岸信介はCIAエージェントであったことは機密解除文書でわかるのだが、
孫崎氏は「CIAエージェントであったか」という疑問を提示しておきながら、
それに答えることをしないでウヤムヤにしている。

戦後日本を考えるにあたっての基礎となることは、
日本が敗戦国であったということ。
世界を見渡しても敗戦国には、戦勝国の傀儡政権ができる。
では、この傀儡になったのは誰だったのか。
傀儡を作る側は、国民にわからないようにしながら、
意のままに動く人間に権力を与えて操ろうとする。

孫崎氏は、吉田茂や岸信介をこの上記の話から煙に巻いている。

また、田中角栄の
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー