通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 単行本 – 2012/7/24

5つ星のうち 4.2 330件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,300 ¥ 23

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、
その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本の
インテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生
んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを
破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。

目次
はじめに
序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
第一章 「終戦」から占領へ
第二章 冷戦の始まり
第三章 講和条約と日米安保条約
第四章 保守合同と安保改定
第五章 自民党と経済成長の時代
第六章 冷戦終結と米国の変容
第七章 9・11とイラク戦争後の世界
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 400ページ
  • 出版社: 創元社; 初版 (2012/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422300512
  • ISBN-13: 978-4422300511
  • 発売日: 2012/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 330件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,155位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
終戦後、現在に至るまでの対米外交について、(対米)自主派と対米追随派がそれぞれどのように行動し、アメリカがどのような態度を取ったのか、明らかにした1冊である。
ここまで書いてよいのかと思うくらい、戦後の長期間にわたる対米外交の裏面が暴露されている。

評者は本書を読んだことで、岸信介、池田勇人、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸といった首相に関する見方が一変した。特にリアルタイムで知っていた三木と鈴木については、これまで抱いていたイメージとは正反対の側面があったことを知らされた。また岸については、国民が一般に抱いているイメージと全く異なる政治行動を取ったことが分かる。
また著者の孫崎氏が明言しるわけではないが、三木が首相になれた理由、福田が党内選挙で大平に敗れた理由、鈴木がなぜ辞任したか等、これまで戦後史に謎とされている点についても示唆されている。

もちろん本書に書いてあることが100%真実であるとは限らない。
だが、本書を読めば、戦後史上の多くの謎が解けたり、解決の手掛かりが与えられたり、重要な事実なのに無視・軽視されていた点が浮かび上がったりする。

元外務省の国際情報局長、イラン大使まで務めた方がよくここまで書いてくれた、と感謝したい。
3 コメント 691人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本だけを読んだ人は、多分「今まで知らなかったことを教えてくれてありがとう」と、
感謝の気持ちをもって、★5や★4や評価と共に、大いなる賛辞を送るだろう。

しかし、この書籍以外を読んでいると、彼が巧妙に核心を避けながら書いていることがわかる。
ティム・ワイナー氏の「CIA秘録」や、春名幹男氏の「秘密のファイル」を引用に出し、
読んだことがないこと人の信頼度を高めることを装いながら、
これらの書籍の肝心な部分を避けて書いている。

岸信介はCIAエージェントであったことは機密解除文書でわかるのだが、
孫崎氏は「CIAエージェントであったか」という疑問を提示しておきながら、
それに答えることをしないでウヤムヤにしている。

戦後日本を考えるにあたっての基礎となることは、
日本が敗戦国であったということ。
世界を見渡しても敗戦国には、戦勝国の傀儡政権ができる。
では、この傀儡になったのは誰だったのか。
傀儡を作る側は、国民にわからないようにしながら、
意のままに動く人間に権力を与えて操ろうとする。

孫崎氏は、吉田茂や岸信介をこの上記の話から煙に巻いている。

また、田中角栄の
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
豊富な外交官経験をベースにして、戦後史の真実を分かり易く物語った本である(高校生にも分かる戦後史が著者の狙いとのこと)。前評判に違わず、これまで断片的にしか論じられることのなかった、日本の戦後史におけるアメリカの強大な影響を、多くのエピソードと共に、厳然たる史実として描いている。他の著者なら「陰謀論」で片づけられ一顧だにされない可能性もあるが、本書の著者に限ってはそうはいかない。著者は、「戦後67年も経ったのに、日本人よ、まだ目が覚めないのか!」と熱く叱責しているようである。

著者は、日本の戦後史を読み説く「補助線」として、「対米従属路線」対「自主独立路線」の対立、という考え方を導入した。これにより、戦後の政党史、外交・軍事・産業政策、政変や疑獄の解釈が極めて容易になり、現在の政治的混乱の背景も実によく理解できるようになった。戦後、何らかの形で自主独立を主張した首相である重光葵、石橋湛山、芦田均、岸信介、鳩山一郎、佐藤栄作、田中角栄、福田赳夫、宮澤喜一、細川護熙、鳩山由紀夫のほとんどが、意図せざる形で退陣させられている。この流れに繋がるのが陸山会事件であることはもちろんである。

本書で意外だったのは、岸信介の位置付けである。対米従属派と見られがちな同氏が実際には安保条約の従属色を改善する改定に取組み、それに反対する全学連などの運動には財界
...続きを読む ›
2 コメント 508人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今、辺野古では新たな米軍基地ができようとしている。それを阻止すべく沖縄県民は基地建設反対の知事を選択した。
その前にはオスプレイの購入があった。危険だと言われ必要もないこのオスプレイを日本政府は一台100億円で購入した。
これらの出来事を見ていて日本の政府は日本国内のことにもかかわらず何故アメリカを拒否できないのかといつも感じていた。
原発にしてもそうだがアメリカに言われるままに日本の政府は原発を作り続けてきたのだ、これは原発の利権だけによるものではないだろう。

湾岸戦争の時、日本政府は自衛隊を初めて海外に派遣した。心の中で「絶対やってはいけないこと」だと思っていたが時の総理大臣、小泉純一郎は派遣を決断してしまった。なぜ拒否ができなかったのか・・・・このような疑問にこの本は答えてくれる本である。

外務省出身の著者、孫崎享氏は冷戦時代のソ連で勤務、そしてイラク・イラン他に勤務をされている。本の内容は戦後の日本の歴代総理がそれぞれにアメリカとどのように接してきたのか、そしてアメリカは日本へどのように接してきたのかを具体的な証拠と氏の経験に基づく理解と鋭い洞察力によって解説し、それが近代日本がどのようにしてできてきたかのかを伝えている。この本を読んで感じるのは孫崎氏が今の日本の姿を憂い、将来の日本を本当に心配してい
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー