通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。商品状態の詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご参照ください。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・リーグを背負った球団の8年(野球雲7号) (日本語) 単行本 – 2016/9/21

5つ星のうち4.6 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/21
¥1,320
¥1,320 ¥630
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 戦後の流星 毎日オリオンズ 1950~1957パ・リーグを背負った球団の8年(野球雲7号)
  • +
  • 「鉄道と野球」の旅路 1872~共に駆けぬけた150年史(野球雲8号)
  • +
  • 松竹ロビンス~1936-1952 羽ばたいた駒鳥たち! 個性派球団興亡史~ (野球雲10号)
総額: ¥4,070
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

昭和25(1950)年、セ・パ両リーグ分裂の大きなきっかけとなった毎日新聞社のプロ野球への参画。 読売新聞社のジャイアンツに対抗するべく、毎日オリオンズを中心にパ・リーグが形成された。 荒巻淳、西本幸雄、今久留主淳など別府星野組や都市対抗野球出身者を中心に、阪神タイガースから若林忠志、別当薫、土井垣武、呉昌征が加わり、松竹ロビンスを破り、2リーグ制初の日本一に。 その後も山内和弘、榎本喜八などが加わり、昭和33(1958)年に大映ユニオンズを吸収合併、毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)となるまで、戦後まもないプロ野球に流星のような軌跡を描いて消えた毎日オリオンズの8年間にスポットを当てます。 ●経営に一人の正力も、現場に一人の鶴岡もいなかったことが「強いけれど凡庸な」毎日オリオンズを生んだ。 ●東京日日新聞(毎日新聞前身)が誕生したしたのは野球が日本に伝わったのと同じ1872(明治5)年。学士会館の脇に「野球発祥の碑」が建っている。毎日新聞本社とは、直線距離で200メートルほどである。 ●新聞の「毎日」と映画の「松竹」、1950(昭和25)年の第1回日本シリーズは、戦後を象徴している。 ●別当は猫背で、眼鏡を直すちょっとしたしぐさもかっこよかった。縦縞のユニフォームがあんなに似合う人はいなかった。 ●フランチャイズという要素はまだなかったけれど、「東京のチーム」という感じがあった。 ●千葉は球団史上最も長い期間の本拠地として四半世紀を迎えた。ようやく本当の本拠地を得られたのだ。もうガラガラのスタンドもさまざまなアクシデントも後免である。

出版社からのコメント

毎日オリオンズは戦後プロ野球黎明期に、パ・リーグを盛り上げた名球団です。毎日新聞社が親会社として設立、2リーグ制初の日本一に輝き、その後大映ユニオンズを吸収して毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)、東京オリオンズ、ロッテオリオンズ、そして今の千葉ロッテマリーンズへとその系譜は受け継がれています。 そんなチームの歴史のうち、今回は大映と合併して大毎となる以前の「毎日オリオンズ」時代にスポットを当てます。

著者について

明治初期に野球が入って来て130余年。 日本の野球史には、隠れた伝説や歴史から忘れられた選手がいます。 それら知られざる「野球」の真実にフォーカスするレジェンドマガジンが「野球雲」シリーズです。 (年4回刊行)


登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: 啓文社書房 (2016/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4899920199
  • ISBN-13: 978-4899920199
  • 発売日: 2016/9/21
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 1 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 552,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 3
星5つ
61%
星4つ
39%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2017年6月28日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月3日
Amazonで購入
2017年1月31日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告