Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 700

¥ 56の割引 (7%)

ポイント : 102pt (14%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[クリス・ライアン]の戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 上 (竹書房文庫)
Kindle App Ad

戦場の支配者 SAS部隊シリア特命作戦 上 (竹書房文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 700
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

パリに亡命中のシリア反政府部族の長老ファーハドが暗殺された。シリアでは新政権トップの座を巡り、ファーハドの息子たちが争いを始める。英国政府は次男アシューに政権を取らせようと、長男ソーゲンの学友だったMI6の情報部員バッキンガムをシリアに送り込み、兄弟の和解を目論む。その極秘ミッションのリーダーとなったSASの隊員ダニー・ブラックは、仲間たちと共にバッキンガムの護衛として、激しい戦闘が続くシリアへの潜入を命じられる。 一方、現地で<国境なき医師団>の一員として活動していた医師クララは、政府軍の兵士に襲われ孤立無援となっていた。陰謀と戦火が渦巻く世界最悪の危険地帯で、彼らを待ち受ける壮絶な運命とは……!? 宿命を背負った戦士、ダニー・ブラック登場!

内容(「BOOK」データベースより)

パリに亡命中のシリア反政府部族の長老ファーハドが暗殺された。シリアでは新政権トップの座を巡り、ファーハドの息子たちが争いを始める。英国政府は次男アシューに政権を取らせようと、長男ソーゲンの学友だったMI6の情報部員バッキンガムをシリアに送り込み、兄弟の和解を目論む。その極秘ミッションのリーダーとなったSASの隊員ダニー・ブラックは、仲間たちと共にバッキンガムの護衛として、激しい戦闘が続くシリアへの潜入を命じられる。一方、現地で“国境なき医師団”の一員として活動していた医師クララは、政府軍の兵士に襲われ孤立無援となっていた。陰謀と戦火が渦巻く世界最悪の危険地帯で、彼らを待ち受ける壮絶な運命とは…!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 583 KB
  • 紙の本の長さ: 172 ページ
  • 出版社: 竹書房 (2015/7/16)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B013SKGK20
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,300位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
J・ロリンズ作品を一気読みした後に本書を手に取りました。

スピード感、場面展開の頻度、サイドストーリー、人間関係、状況設定、政治、文化、宗教、
戦闘シーン、武器の造詣 etc 全てにおいて「ちょうどいい感じ」なんですね。

特にお尻が痒くなる恋愛話はないところがいい。
戦争犯罪者の残酷、無慈悲さ加減もリアル。
主人公や敵対勢力の、目的や主義も徹底していてこれもいい。
武器の造詣も執拗で過度ではないところもいい。
主人公が非現実的な超人ではないところもいい。

やっぱり、ぶれていないクリスライアンさんは自分にはとてもフィットします。

荒筋は上の方の解説の通りです。怒涛の展開が予想される下巻へ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作「孤高のSAS戦士(Killing for the Company)」から2作飛ばして邦訳が登場。
再び版元が変更、訳者も変わりましたがサブタイトルに伏見威蕃氏の名残が(笑)

空母には滑走路はないし、連隊の指揮官(CO)は連隊長、中隊の指揮官(OC)は中隊長、バッティングラムは手動だし「改造武装車両(テクニカル)」、「荷物積載用後部扉(テイルゲート)」なんて邦訳はどうかと思うけど、些事と思えば文章そのものは読みやすいです。訳者というより下訳の機械翻訳に問題があるんですかね。

今作では物語の伏線が早々に想像ついた(何故DNAになるもの残すのかと思った)のは惜しかったですが、複数のストーリーを並行さ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
結局、SB文庫は前作1つのみでこのたびは竹書房から上下巻で刊行。現実が小説を追い越してしまっている複雑な世界情勢のなかで、パリでの指導者の暗殺テロを背景に、軍務に忠実なSAS戦士の死闘は、この作者ならではのリアル感とスピード感があり、やはり「特殊部隊敵地潜入モノ」としては第一人者としての安定感すら感じられる。

しかも、今回は生まれた瞬間からテロの洗礼を受けてしまい母親を失い、父と兄には物理的にも心理的にも重い障害が残ってしまった主人公。さらに犯人はいまだに捕まっていない。(ここにたぶん下巻につながる伏線があると思えるが)今回の命令は、MI6の軍事的にはシロウトの情報官をつれて、いまや冒険小説のメッカとなっているシリアに潜入。早々に部下3人を失ってしまい(2人は人質、というところも伏線か?)、決死の作戦を展開、という流れ。上巻読了後、速攻で下巻に移っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
クリス・ライアンはほとんど読んだが、期待を裏切らない。MI6とSASの関係もよくわかる。終わり方を読むと次を期待する。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
はらはらどきどきが好きな読者向き。クリスライアンは長い付き合いですが洗練されてきました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover