中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦場のピアニスト (新潮文庫) 文庫 – 2003/1

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1939年ナチス・ドイツ脅威下のワルシャワで、戦火のなか、ひたすら演奏を続けるユダヤ人ピアニストがいた。家族と離れ、死の収容所行きを辛うじて免れた彼は、飢えと恐怖に耐え、奇跡的に生き延びる。自らの原体験に回帰したポランスキー監督が、ホロコーストから生還した実在の天才ピアニストを描く感動作。魂を揺さぶる真実の物語。カンヌほか数々の映画賞受賞。写真多数収録。


登録情報

  • 文庫: 265ページ
  • 出版社: 新潮社 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102243119
  • ISBN-13: 978-4102243114
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 506,275位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
映画「戦場のピアニスト」の脚本を本にしたもの。いわゆるノヴェライゼーションとは趣が異なる。
原作、つまりシュピルマン自身が書いた回想録は読んだが、映画は機会がなくて観ていない。原作はとても良い話だがこれを映画にするのはさぞ難しかっただろうな…と思った。そういう観点の興味から本書を手に取った。なるほど、なかなかうまい脚本であり、アカデミー脚色賞をもらったのもうなずける。およそ映画には向きそうもない作を、映画向きにデフォルメする一方で、原作の内容や雰囲気をかなり忠実に再現している。
だが、ホーゼンフェルト大尉との触れ合いは、もっと原作を尊重すべきだったと思う。たとえば原作には、シュピルマンが「あなたはドイツ人か?」と尋ねると、ホーゼンフェルトは怒ったように「そうだ、恥ずかしい事だが」と答える面がある。このセリフは、ホーゼンフェルトがそもそも良心的な人物だった事を示唆する重要なものだけに、本でカットされてしまったのは実に残念。映画がこの本の通りなら、映画だけを観た人は、ホーゼンフェルトは最初はシュピルマンを殺すつもりだったが、ピアノの名演奏にほだされて目こぼしをする気になった…と誤解するかもしれない。
なお余談だが、シュピルマンがホーゼンフェルトの前で弾いた曲は、原作では”ノクタ-ン嬰ハ短調”だったのに、映画では”バラード第一番ト短調”に変わっている事を、本
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もう映画はご覧になりましたか?この本は映画を見る前の方も見終わった方もどちらにもお勧めしたいです。戦場のピアニストの本は、原作を含め色々ありますが、これは小説と違い戯曲形式で書かれています。1/3はカラーの映画の写真やプレス用の資料が含まれていて、軽い映画パンフレットのような感じです。戯曲も勿論映画に忠実で、映画を見られた方は、読んでいるとあの映像や空気感、役者たちの演技などががじわじわと蘇ってきます!これから見ようか迷っていらっしゃる方も、これを読むととても映像が見たくなるでしょう。「戦場のピアニストを活字で追ってみたいけど本をゆっくり読んでる時間はないよ」という方におすすめです。あっという間に読み終えました。もう一度映画を見たくなります。「読!んでおくべき映画」だと感じます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まげ店長 トップ500レビュアー 投稿日 2005/8/14
形式: 文庫
「戦場のピアニスト」の脚本。
原作ではありません... 
それでも、凄く面白い。
原書を読んで思いましたが、真実を見てきた人はなぜこうも冷静に
物事を語れるのであろうか?、と。
ゲットーやワルシャワ蜂起など、歴史的背景を押さえていないと
少々理解に難しいかもしれないな...
(逆に、知っているともっと奥深く味わうことができます)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画を見たらわかると思いますが、本で見るのとは一味違ったと思います。ある一人のピアニストの壮絶で過酷な体験が描かれてます
最後にはハッピーエンドで終わってるので、ほっとします。シュピルマンの生き様が描かれてて映画よりも早いかもしれないです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック