戦場のピアニスト 公開10周年記念 スペシャル・コ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦場のピアニスト 公開10周年記念 スペシャル・コレクション [DVD]

5つ星のうち 4.4 234件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,175より 中古品の出品:4¥ 2,250より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 戦場のピアニスト 公開10周年記念 スペシャル・コレクション [DVD]
  • +
  • シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
総額: ¥6,132
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: エイドリアン・ブロディ, トーマス・クレッチマン, エミリア・フォックス, ミハウ・ジェブロフス, エド・ストッパード
  • 監督: ロマン・ポランスキー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2013/03/02
  • 時間: 149 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 234件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00AA4G7O4
  • JAN: 4907953043008
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 40,177位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日本初公開から10周年記念!ロマン・ポランスキー監督の生涯最高傑作とも称される『戦場のピアニスト』(アカデミー賞主要3部
門受賞作)が、初収録となる約55分の貴重な特典映像を新たに加え、永久保存版としてリリース!

★日本公開10周年記念!超貴重な特典映像を初収録して、スペシャル・コレクション仕様で発売!
★全世界が涙した真実に基づく物語!

【ストーリー】1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻したとき、シュピルマンはワルシャワの放送局で演奏するピアニストだった。
ワルシャワ陥落後、ユダヤ人はゲットーに移住させられ、飢えや無差別殺人に脅える日々を強いられる。やがて何十万ものユダヤ人が
強制収容所へ移されるなか、シュピルマンは奇跡的に死を免れ、ワルシャワ蜂起を目撃する。必死に身を隠し、ただ、生き延びることだけを
考えるシュピルマン。だが、ある晩彼は遂にひとりのドイツ人将校に見つかってしまう・・・。

【キャスト】エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、ミハウ・ジェブロフス、エド・ストッパード

【スタッフ】監督: ロマン・ポランスキー/製作: ロベール・ベンムッサ 、ロマン・ポランスキー 、アラン・サルド/共同製作: ジーン・グトウスキー
製作総指揮: ティモシー・バーリル 、ルー・ライウィン 、ヘニング・モルフェンター/原作: ウワディスワフ・シュピルマン/脚本: ロナルド・ハーウッド
撮影: パヴェル・エデルマン/音楽: ヴォイチェフ・キラール

【特典】 ※初回版は生産終了しました。
《特典映像》(約126分)
※☆は初収録特典(約55分)
☆アンジェイ・シュピルマン(息子)のインタビュー
☆ダニエル・シュピルマン(孫)のインタビュー
☆脚本家ロナウド・ハーウッドのインタビュー
---------------------------
・インタビュー集(ポランスキー、ロナウド・ハーウッド、エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン)
・撮影風景
・ストーリー・オブ・サバイバル(『戦場のピアニスト』の舞台裏)
・ウワディスワフ・シュピルマン ピアノ演奏
・予告編集(オリジナルx3+日本版x2、日本版TVスポットx2)
・「シュピルマンをめぐる事件 1939-1945」インデックス(静止画)
・プロダクションノート(静止画)
特典DVD Disc
片面1層/音声:英語/ドルビーデジタル/日本語字幕
《初回限定特典》 ※初回版は生産終了しました。
・特製ブックレット(32P予定)
・オリジナルスリーヴケース

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『テス』『オリバー・ツイスト』の巨匠、ロマン・ポランスキー監督が実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンが綴った回想録を元に映画化。アカデミー賞監督賞ほか3部門受賞をはじめ、各国映画祭で多くの賞に輝いた戦争ドラマの名作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
何年かぶりの二度目の鑑賞でひどく感動しました。
最初の鑑賞時はホロコースト映画のひとつという観点で見ていたのですが、今回は違う印象を受けました。
この映画はホロコーストのひどさや戦争悪を非難するという旨よりも何か違うことを訴えているように感じられたのです。

というのも一番心に残ったのが、宝石商の友人の行為。
汽車に乗車する直前

「シュピルマン!こんなところで何やってるんだ!」

まるでこんなところにいるのが意外だというふうに驚いた声で彼をあっという間に列から外します。

彼にとってシュピルマンは、決して失われてはならない人だったんですね。
著名な音楽家だからうまく立ち回って逃げているのかと思ってたのが強制収容所に行こうとしてるわけだから
びっくりしたんでしょうね。反射的に腕をひきずりつかんじゃう。
あんなことしたら彼自身、身の危険があるかもしれないのに、彼は見知らぬふりしてシュピルマンを収容所に送ることができなかった。
それどころか、そんなことはあってはならないとばかりに怒声を飛ばし「逃げろ」というあの激しさ。

分かりにくく描かれているのですが、シュピルマンはこうした人々の好意の積み重ねで命を長らえていきます
...続きを読む ›
2 コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 sue 投稿日 2017/6/21
形式: DVD Amazonで購入
満足しています。 また機会がありましたら
よろしくお願いいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
 ナチス・ドイツのポーランド侵攻以後、ワルシャワの廃墟の中を生き抜いたユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を映画化。

 2時間半の長尺で淡々とナチスでのユダヤ人迫害が描かれる。面白いのは主人公シュピルマンは一貫してほぼ見てるだけなんだよね。とてつもない戦争の悲劇にただただ翻弄される主人公が、見る人に本当にこんなことがあったという歴史の事実を強く突きつける。
 ドイツ将校のくだりを見て、加害者も被害者もただの弱い人間なんだと気づく。ラストまで見て、誰もがいつかは元の生活に戻ることを夢見ていたのだと思った。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 Doctor T. 投稿日 2016/3/4
形式: Blu-ray
テーマはナチスによるユダヤ人迫害ではある。確かに見ていてあまりの非人道的な迫害にドイツ人を嫌いになるほどの映像が序盤から続く。ユダヤというだけで主人公のピアニストとしての誇りも名声もまったく無視され、ゴミのように扱われる。しかし、この映画はナチス=悪として捉えるのではなく、戦争という一種集団催眠にかかったかのような狂気を描いているのではないか。ナチスの中でもその狂気にまだ汚染されていない将校にであったおかげで主人公は救われるのである。ドイツがソ連の侵攻で敗れたあと、立場が変わって捕虜になったドイツ人を罵った主人公の友人が、後悔するシーンがある。つまりは戦争の狂気が一人一人の人間性まで変えてしまうのだということを痛感させられた映画であった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
実在のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンの体験記を元にした映画。

ロマン・ポランスキーは初期に「天使たちの失墜(Gdy spadaja anioly)」という短編の戦争映画を撮っている。
今回の映画は久々の戦争映画だ。

冒頭は1939年当時のワルシャワの映像を交えて街の様子を映す。

ラジオの放送局らしき場所で静かにピアノを弾く男、そこに突然爆弾が落ちてきて騒ぎになる。男は負けるものかと弾き続けようとしたが、猛烈な爆撃は彼に逃げる選択を与える。
階段から逃げ惑う人々、外に出れば、爆撃機が街を空爆しているのだ。

冒頭から引き込まれる映画だ。

最初は希望を抱く市民たちだが、やがて占領され隔離、虐殺、収容所と次々にエスカレートしていく恐怖。

目の前で人がバタバタと死んでいくのだ。シュピルマンが愛する家族の最期を見ずに済んだのは、幸か不幸か解らない。
収容所での惨状はアラン・レネの「夜と霧」やアルフレッド・ヒッチコックが監修した映像にも記録されているが、本当に酷いもんだよ。何でこんな事が出来るのか信じられねえよ。

この映画もかなりエグい。
車椅子に座った老人を窓から・・・その遺体を車で轢くん
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ジャノメ ミシン

関連商品を探す