この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

戦場にかける橋 [DVD]

5つ星のうち 4.0 82件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 500より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィリアム・ホールデン.アレック・ギネス.ジャック・ホーキンス
  • 監督: デビッド・リーン
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2007/07/25
  • 時間: 162 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 82件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000R8XA5C
  • EAN: 4547462042842
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 157,819位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

人間の名誉と誇りを賭け、男たちは闘いの火花を散らす!

【ストーリー】
1943年第二次世界大戦下のビルマ。日本軍の斉藤大佐を長とする捕虜収容所に、ニコルソン大佐率いる英軍捕虜が送られてきた。鉄橋建設を急ぐ斉藤大佐は、米軍のシアーズとともに建設現場で働くことを彼らに命令。工事は進み着々と橋は完成に近づくが、丁度その頃、同じ英軍の手によって橋の爆破工作が進められていた…。戦下における人間の尊厳や誇りを見事に描き、戦争のむごさを強く訴えた問題作。

特典
■ミュージック・スコア
■DVD-ROM—軍事戦略の真実、オリジナル・スクリーンセーバー、破壊工作ゲーム
■ドキュメンタリー:名作誕生秘話(約53分)
■タレント・ファイル
■ジャングルでの撮影風景
■USC製作による記録映像(案内役:W・ホールデン)
■J・ミリアスから寄せられた賛辞
■フォト・ギャラリー
■オリジナル劇場予告編集

【スタッフ&キャスト】
《製作》サム・スピーゲル
《監督》デビッド・リーン
《脚本》
《出演》ウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス、ジャック・ホーキンス

【CopyRight】(C)1957,RENEWED 1985 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES INC, ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典ならびに初回限定封入特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

第2次世界大戦下のビルマを舞台に、日本軍のクワイ川架橋建設をめぐる男たちの闘いを描いた、アカデミー賞7部門に輝いた名作戦争映画。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
先に発売されはコレクターズエディションからソフト本体のみの廉価版での発売です。
コレクターズエディションは現在でも購入可能ですから、ブックレットやスリーブケースをご希望の方はそちらを購入すると良いと思います。(個人的なお薦めとしてはコレクターズだと思います。)

原作者は「猿の惑星」で知られるフランス人ピエール・ブール。
本作は戦争映画とうよりも人間ドラマの傑作だと思いますが、興味深いのは原作者と製作者達の作品に対する思惑の違いだと思います。

第二次世界大戦、ビルマのイギリス人捕虜収容所での泰緬鉄道建設にまつわるストーリーを イギリスの巨匠デビット・リーンが東西の有力俳優を起用して作り上げた壮大な人間ドラマです。

日本軍人役を早川雪洲が演じていますが、彼は日本映画作品よりもハリウッド作品で有名だった方で、全盛期にはアメリカでは、ハリウッドトップ俳優よりも人気があった方です。
正に東西の名優たちによる競演といったところでしょう。

見終わった後に「建設と破壊」を繰り返す戦争について…「戦争って何?」との思いがよぎり何日も余韻が残る作品です。

本作はフィクションであり、実際のクワイ河にかかる橋である泰緬鉄道は、日本人よる設計です。
...続きを読む ›
2 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
第二次世界大戦、ビルマのイギリス人捕虜収容所での泰緬鉄道建設にまつわる反戦映画。
イギリスの巨匠デビット・リーンが東西の有力俳優を起用して作り上げた誇り高き男たちの物語!

見終わった後に「建設と破壊」を繰り返す戦争について…「戦争って何?」との思いがよぎり何日も余韻が残る作品です。

本作はフィクションであり、実際のクワイ河にかかる橋である泰緬鉄道は木造ではなく鉄橋で、イギリス人の設計ではなく、れっきとしたとした日本人の手による設計で、戦後66年を経た現在も現役で使われています。
橋の建設にイギリス人捕虜は肌が太陽に弱いとの理由から朝夕しか使われませんでした。
本作は完全なフィクションです。

駄目な日本人に代わって、捕虜のイギリス人が立派な橋を造った!という物語は、原作者のフランス人作家ピエール・ブールによるものですが、彼は実際に日本軍の捕虜となった経験があり、捕虜になった時の屈辱感が払拭できず、日本人嫌いで有名でした。本作の「ろくに橋も作れない日本人」と「知的で誇り高きイギリス人」はピエールの捕虜時代の復讐でした。
ピエールは本作の原作によって日本人に恥をかかせようとしたのですが、実際の映画はリーン監督をはじめとするスタッフ達によって、そうした部分は微塵もなく消されてしまったの
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
特典はなくなるし、ジャケットはリバーシブル…こんな購買欲が失せるような商品をよく出すなぁ。
値段が特別安いわけでもないし。
他社は同値段で特典がちゃんと入った商品を出してるわけですからね。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ500レビュアー 投稿日 2015/7/22
形式: Blu-ray Amazonで購入
ブルーレイによって甦ったシネマスコープの鮮烈な映像。ジャングルの緑がこれほど生々しい美しさで描かれた映画は見たことがない。シネマスコープの画面に設計された端正な構図と色彩の美しさには驚くばかりだ。この画面の中で、戦争の狂気と不条理が徹底的に描かれる。戦争の不毛と、それを引き起こす人間の愚かさとを真正面から見据えるデヴィッド・リーンの透徹した眼差しは文字通り映像作家の巨匠にふさわしい。ひたすら戦闘シーンのリアルさばかりを強調する最近の戦争映画とはなんという違いだろう。

映画の前半の舞台は第二次大戦下のビルマにおける日本軍の捕虜収容所。収容所長の日本人指揮官である斉藤大佐(早川雪洲)とニコルスン大佐(アレック・ギネス)が捕虜の扱いを巡って対立する。ニコルスン大佐は捕虜として収容されていても誇りと規律を捨てぬイギリス軍人だ。日本人指揮官もまた日本軍のやり方を誇示し一歩も譲らない。日本側はクワイ河に橋を建設するために捕虜を使おうとし、英国側もこれに同意するが、双方の思惑はまるで違う。日本側にとっては軍事作戦であり、英国軍捕虜たちにとっては軍人としての規律とプライドの証のために。収容所ではウィリアム・ホールデン扮するアメリカ人のシアーズ中佐も加わるのだが、彼は日英の思惑や利害とは関係ないオプティミストで、生きて脱出すること以外頭にない。だが皮肉なことに、不本意ながら橋爆
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック