中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

戦国自衛隊 (角川文庫) 文庫 – 2005/1

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 296
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

歴史は我々に何をさせようというのか?
最新兵器を携えた自衛隊が戦国時代へタイムスリップ! 1979年に映画化され大ヒットした名作が、読みやすい新装版で登場!

内容(「BOOK」データベースより)

日本海側で大演習を展開していた自衛隊を、突如“時震”が襲った。突風が渦を巻きあげた瞬間、彼らの姿は跡形もなく消えてしまったのだ。伊庭三尉を中心とする一団は、いつの間にか群雄が割拠する戦国時代にタイムスリップし、そこでのちに上杉謙信となる武将とめぐり逢う。“歴史”は、哨戒艇、装甲車、ヘリコプターなどの最新兵器を携えた彼らに、何をさせるつもりなのか。日本SF界に衝撃を与えた傑作が新装版で登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 173ページ
  • 出版社: 角川書店; 新装版 (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041375339
  • ISBN-13: 978-4041375334
  • 発売日: 2005/01
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 568,606位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
BGMが大きすぎて、セリフがかなり聞き辛いです('・ω・`;)
思わず3.1chスピーカー買おうか考えちゃうレベル…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 角川書店の中でも、かなり重要な部分を担っている作品が新装版で再登場!漫画版はアリババコミックスとなって、かなり安く刊行されているので入手には困りません。しかし、小説版になると話は一変して、古書店やら古本屋(小説専門)とかを当たらないとなかなか入手できませんでした。なぜなら絶版になったから。割と最近になって「戦国自衛隊」に興味持った人とか、読みたくてウズウズしてた人には朗報に他ありません。これで内容が昔のままなら良かったんですが、どうやら読みやすく仕立て直しているようなので、そこは減点。
話の詰めとか展開とかに少し甘いところもありますが、なかなか楽しめる内容です。和製SFを全国的知名度にしたと言っても過言ではない作品なので、一度読んでみましょう。そして「続」を読む。漫画版の「続」を知らない人にとっては「マジデ!」な展開があるのでおすすめできる小説です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現代の軍隊と、戦国時代の侍たちが戦ったらどうなるかという興味深い
シュミレーションを行っています。
当然ながら圧倒的な武力を持つ自衛隊ですが、神のような振る舞いを
することもなく、あくまで謙虚なところに好感が持てます。
同作者の「産霊山秘録」や「妖星伝」が好きで手にとってみましたが、
全く違うテイストで芸の広さにも驚きました。
歴史とSFがうまくミックスされた娯楽小説ですが、どちらも好きでなく
とも全く問題ありません。かわぐちかいじの「ジパング」のようなもの
ですが、そこまで深刻な話ではなく、軽い気持ちで楽しめる作品です。
読み手を選ばない優れたエンターテイメント小説です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
きっとこの本を読んで驚かれたことでしょう。
映画化ではあんなに扱っていたのに
いざ本を読んでみるとこのページの少なさ。
でも、それでがっかりしては大損をしますよ。

ページ数が少ないながらも
実に骨のある、濃い作品となっています。
SFだからこそできる無茶のある設定。
だけれどもタイムスリップをして
戦国の世の中に最新鋭の兵器が使われても
全然文章に違和感がないのです。
さすが、と思わせてくれます。

だけれども、きちんと現実を
最後は見させてくれる作品です。
そう、どんなにものすごい文明が未来から来ても
結局は時代を変えることは…と言う事。

そういった批判もよく読めば
わかってくるのです。
そこがまた深い。

短いからといって油断禁物ですよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 戦国時代に現代の重火器、兵力をもった戦闘集団である自衛隊の一部隊をタイムスリップさせるという、ハリウッドなら超大作もののネタを扱ったにしては、あっという間に終わってしまう短編小説。
 なぜ、原作者、半村良氏は皆が期待するであろう、自衛隊員たちの大活躍を描かず、こんなにも短い物語に誂えたのか。原作に込められた、その視点に気づかない限り、どんな映像化も単なるアイデアをパクっただけのものしかなりません。

 戦国時代という中で彼らの持つ火力は一見圧倒的な力に見えながらも、歴史の大きなうねりの中では、そんなものは、実はほんの小さな抵抗力にしか過ぎない。
 しかし、それでも、元居た世界では単なる日陰者、厄介者だった彼らにささやかな光をあてて、納得の行く生涯を全うさせてやる。自分達の存在が世の中の理というものの中で重要な位置を占めていた、ということを最後に悟って、この物語の世界から退場していく登場人物たちの切ないまでの充足感。

 ああ、それなのに・・・映画化作品は角川版では自衛隊員がまるでムショ帰りの下っ端ヤクザの群れか、不良高校生みたいな、粗野で下品な集団にされているし、福井某が改ざんした新作では、俗物官僚と超エリート風の典型的な没個性集団にされてしまい、どっちもやってる事は単なるどんちゃん騒ぎで原作のエッセンスすら伝えられてい
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー